【ビスコース素材の洗濯方法】洗い方やしわ・縮み対策、素材の特徴など【アイロンの掛け方】



 

本記事では、ビスコース素材の洗濯方法やしわ・縮みの対策方法を紹介しています。

 

洗濯する際の注意点

洗濯表示の確認

まずは、ビスコース素材の洗濯表示を確認しましょう。家庭で洗濯できるビスコース素材は、手洗いマークか洗濯機マークが付いているものです。それ以外の表示がされたものは、家庭で洗うには、非常にリスクが高いです。

 

ドライマークの場合

他の繊維素材では、ドライマーク表示がされていても、こっそりと家庭で水洗いすることはあるかと思います。しかし、ビスコース素材については、ドライマークの家庭洗いは厳禁。極端なケースを挙げると、ビスコース素材では、大人用のドレスが子どもサイズぐらいに縮んでしまうことがあります。とにかく縮みやすいので、洗濯表示に従って洗うのが無難です。

 

手早く洗う

◆水に浸す時間を短く!

洗濯時間は、とにかく短く仕上げること! 水に浸す時間が長くなるほど、ビスコースはどんどん縮んでしまいます。サクッと汚れを落とし、手早くすすぎと脱水を行うのが、ビスコースをうまく洗うコツです。

 

◆段取りをスムーズに!

洗濯時間を短くするには、洗う時間を短縮するほかに、段取りをスムーズにしておくことも秘訣です。洗う前には、使う道具や洗剤をしっかりと揃え、洗う手順をイメージしておきましょう。たとえば、手洗いで洗う場合は、洗面器などに水を貯める時間すら、時間の浪費になることも。洗面器やバケツなどを利用して、洗う用の洗剤水と、すすぎ用の水との2つを、あらかじめ貯めておくといいです。

 

◆脱水も短く!

脱水も短く仕上げましょう。ビスコース素材は、水切れがいいため、長く脱水する必要はありません。洗濯機で脱水する場合は、1分程度に設定すれば充分です。

 

使う洗剤

◆ドライ専用の洗剤がベスト

ビスコース素材を洗うときには、ドライ専用の洗剤を使うのがお薦めです。というのも、通常の衣類用洗剤ではダメージが強くて、生地が縮みやすくなるからです。そして、ドライ用洗剤は、短時間で洗浄することができ、洗剤切れも速やか。手早く洗いたいビスコース素材にピッタリです。

 

ドライマーク衣類専用の洗濯洗剤です。浸け置きや、洗濯機で洗うときに使用できます。ドラッグストアやホームセンターなどで売っており、家庭で洗えるドライ専用洗剤として、手に入りやすいです。

 

 

◆おしゃれ着洗い洗剤も可

ドライ専用の洗剤が手元にないときには、エマールなどのおしゃれ着洗い洗剤を使いましょう。こちらも、浸すだけでも汚れが落とせるほど、洗浄力があり、さっとすすぐだけで洗剤が落とせます。生地へのダメージも、比較的少ないです。

 

 

プロ・ウォッシュは、プロのクリーニング店がおしゃれ着衣類を水洗いするためにと、特別に開発された洗剤です。業務用洗剤に近い仕様となっており、衣類にダメージを与えることなく、汚れを落とすことができます。生地の縮みを防いでくれ、ふんわりとした風合いを保てるのが特徴。ビスコースなどのデリケートな素材を洗うときに、ピッタリです。

 

 

洗濯方法

手洗い

家庭でビスコースを水洗いする場合は、手洗いで行うのが基本です。洗ってから水を切るまでの工程を、2~3分で終わらせるのが理想です。

 

①ビスコース素材の衣類は、裏返してから、軽く畳んでおきます。スカーフなどは、洗面器などの中に収まるよう、何回かに折っておきます。