【ビスコース生地の洗濯方法】洗い方やしわの取り方を紹介


スポンサーリンク

ビスコース生地の特徴

 

 

ビスコースは、レーヨン素材の一種で、自然素材の合成繊維の中で最も古いです。

 

光沢や質感がとても良く、昔からシルクの代わりとしても使用されてきました。

 

繊維が細くて、なめらかなサラっとした肌触りで、柔らかくて体によくフィットします。

 

メリット

■吸湿性や伸縮性が良く、生地の強度もあります

 

■染色性が良く発色が良いです

 

■日に焼けにくく、色落ちもしにくいです

 

デメリット

■水に弱く、濡れると生地の強度が落ちてしまいます

 

■しわになりやすく、縮みやすいです

 

■洗濯をするときには注意が必要です

 

ビスコース生地の洗濯方法

 

スポンサーリンク

 

洗濯するときの注意点

ビスコース生地は水に弱いため、洗濯で水に浸かる時間をできるだけ短時間で済ませる必要があります。

 

水洗い不可の洗濯表示がある場合はクリーニング専門店に任せましょう。

 

家庭での洗濯方法としては、基本的に手洗いがオススメですが、洗濯機を使う場合は洗濯ネットに入れて「手洗いコース」で洗濯するようにしましょう。

 

手洗い方法

ビスコース生地は水に濡れると縮んでしまいます。

 

手洗いを行うときは、縮む前に洗濯が済むように、手早く行うのがポイントです。

 

水に浸けてから干す工程までを1~2分で済ますようにしましょう。

 

①洗い桶に水をはって、おしゃれ着用洗剤などの洗濯表示に従った洗剤を規定量入れて溶かします。

※水の温度が高いと縮みやすくなるので、30℃以下の水を使いましょう。

 

②洗濯水に洗濯するものを入れ、30回ほど押し洗いか、振り洗い(洗濯液の中で振るようにして洗う)をします。

※この洗う工程は一分以内に済ませましょう。

 

③手で軽く絞り、手早く二回すすぎます

※硬く絞らないようにしましょう。手で押さえて水を切ってもよいです。

 

④脱水機にはかけず、バスタオルなどに挟んで水気を吸い取ります。

 

⑤ハンガーなどにかけて風通しの良い場所で陰干しをします。

 

洗い桶とは別にすすぎ桶を用意して水をはっておくなど、洗濯時間が短く済むように工夫しても良いでしょう。

 

とにかく水に触れている時間を短くしましょう。

 

柔軟剤を使用する場合

ビスコースを使っている衣類によっては、柔軟剤を使用することで肌触りがなめらかになる場合があります。

 

洗剤をすすぎ終わったら、柔軟剤を溶かした水に30秒ほど浸けましょう。

 

そのあと柔軟剤を軽くすすいで、手で押して余分な水分を流します。

このとき、絞らないようにしましょう。

 

あとはタオルで水分を吸い取ってから、日陰に干します。

 

アイロンでのしわの取り方

 

スポンサーリンク

 

ビスコース生地の適切なアイロンの温度は140~160℃の中温です。

熱すぎると溶けてしまうので、高くても160℃を限度としましょう。

 

当て布を使い、裏側からアイロンを当てることによって、温度が高くなりすぎず、衣類への負担も軽くなります。

 

アイロンをかけたあとだけでなく、普段のビスコースを使った衣類の保管は、ハンガーなどを使って吊るしておくようにしましょう。

 

さいごに

 

 

ビスコース生地は、肌触りが良いだけでなく、生地自体の強度が高く伸縮性もあり優れた生地です。

水に弱いという面もありますが、正しく取り扱うことができれば問題ありません。

 

正しく取り扱って、きれいに長持ちさせましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク