【ナイロンバッグの洗濯方法】洗い方や黒ずみ・白い汚れの落とし方【ナイロン鞄をクリーニング】



 

本記事では、ナイロンバッグの洗濯方法や様々な汚れの落とし方を紹介しています。

 

ナイロン素材の特徴

 

ナイロンバッグを洗う前に・・・、ナイロン素材の特徴を知っておきましょう

 

・濡れても、水をほとんど吸わないため、乾きも早い

・生地に弾力があり、シワになりにくい

・熱に弱く、伸縮や硬化などのリスクがあるため、乾燥機で乾かすのはNG

 

 

汚れ・カビの簡単な落とし方

 

小さな汚れやカビを、サクッと落とす方法を紹介します。

 

消しゴム

消しゴムで、汚れをこすり落とす方法です。埃や煤汚れなどの黒ずみ、鉛筆やボールペンの引っかき傷などの着色汚れに効果的です。壁やコンクリ床にこすれたときの、白い汚れなどもキレイに落とせます。

 

メラミンスポンジ

 

消しゴムでは落ちなかった汚れは、メラミンスポンジで落とせることも。水を含ませてから、軽く絞ったメラミンスポンジで、ゴシゴシとこすってみましょう。ただし、メラミンスポンジはあくまでも部分使いで! バッグの表面加工が剥がれてしまうリスクがあるため、全体を洗うときにはお薦めしません。

 

部分洗い

◆部分洗いをするとき

汚れた場所だけを、部分洗いする方法があります。たとえば、ワインの飲みこぼしや、インク汚れなど、一部分だけが集中的に汚れている場合にお薦めです。

 

◆用意するもの

・水かぬるま湯

・洗面器

・エマールなどのおしゃれ着洗い洗剤、または重曹

・タオル、または使い古しの歯ブラシ

 

 

 

◆洗い方

①洗面器に水かぬるま湯を張り、おしゃれ着洗い洗剤(または重曹)を溶かします。

②その中にタオルを浸してから、固く絞ります。

③絞ったタオルで、ナイロンバッグの汚れた部分を拭き取ります。少し力を入れて、パンパンと叩くようにして、汚れを落としてください。

④頑固な汚れには、歯ブラシを使いましょう。繊維の中から汚れを掻き出すようにして、小刻みにブラッシングしてください。ナイロンの編み目(線)に沿って、こするのがポイントです。

⑤きれいな水に浸してから絞ったタオルで、洗剤をよく拭き取ります。次に、乾いたタオルで、水分をよく吸い取ります。仕上げに、陰干しで乾かしてください。

 

消毒用エタノール

ナイロンバッグにカビが生えたときには、消毒用エタノールで拭き取りましょう。

 

◆用意するもの

・消毒用エタノール

・コットン、またはティッシュ

・タオル

 

 

◆落とし方

①消毒用エタノールをコットンなどに含ませてから、ナイロンバッグの汚れた部分に軽く押し当てて、すぐに離します。コットンがないときは、小さく丸めたティッシュで代用できます。

②タオルは水道水で濡らして、軽く絞っておきます。濡れタオルで、消毒用エタノールを付けた部分を拭きます。カビが落ちるように、少し力を入れて、こするように拭き取ってください。

③洗い直した濡れタオルで何度か拭き取って、消毒用エタノールをよく落とします。水洗いすると、なお安心です。その後、干して乾かします。

 

 

ご家庭での洗濯方法

お洗濯の前に

◆洗濯前の準備

①ナイロンバッグの付属品で、取り外しできるものは、すべて取り外します。なお、ベルト部分や持ち手などは、取り外した状態で、一緒に洗います。

②ファスナーを開けて、中身が残っていないかを確認しましょう。また、ファスナーを全開にした状態で、バッグを逆さにして振り、中に残っている砂などのゴミを落としてください。

③手洗いの際には、ゴム手袋をはめておくと安心です。

 

◆洗濯時の注意点

・色移りに注意

ナイロンバッグは、単品で洗うのが原則。複数のバッグを一緒に洗うときは、同系色のバッグでまとめてください。とくに、黒や赤などの濃い色のバッグは、色落ちや色移りがしやすいので注意しましょう。

 

・熱湯はNG

ナイロンバッグを熱湯で洗うのはNGです。お湯で洗うときには、人肌程度の温度(35度~40度)であれば、ナイロン素材を傷めるリスクがありません。

 

・強くこすらない

手洗いでは、バッグの表面を強くこすることはNGです。ナイロンバッグでは、特殊加工などで、表面をコーティングしていることがあります。強くこすると、コーティングが剥がれてしまい、バッグが劣化しやすくなってしまいます。

 

・漂白剤はNG

変色や変質のリスクがあるため、漂白剤を使うのは避けましょう。衣類用の酸素系漂白剤ならば、変色するリスクは少ないですが、微妙な風合いに影響が出ることはあります。あくまでも漂白剤は、最終手段に使いましょう。

 

手洗い方法

◆用意するもの

・バッグが入るサイズの洗面器やバケツ

・水かぬるま湯

・エマールなどのおしゃれ着洗い洗剤

・スポンジ、使い古しの歯ブラシ

・バスタオル

 

 

◆洗い方

①洗面器に水かぬるま湯を張り、おしゃれ着洗い洗剤を溶かします。

②洗面器の中に、ナイロンバッグを浸します。洗面器の底まで押して、バッグ全体によく洗剤水を染み込ませてください。

③両手を使って、押し洗いをします。バッグを水面に沈ませたり、浮かせたりしながら、ざぶんざぶんと洗ってください。

④とくに汚れた部分は、スポンジや歯ブラシを使って、優しくこすり洗いをします。なお、ベルト部分などは、スポンジでさっと撫でるようにして洗ってください。バッグの内側の生地も、忘れずに洗いましょう。

⑤洗面器の中身を、きれいな水に入れ替えます。ナイロンバッグを再び浸し、もみ洗いをして、しっかりと洗剤を落とします。

⑥すすぎ終わったナイロンバッグを、水から取り出してから、バスタオルで包みます。バスタオルに水分が吸い取られることで、脱水の代わりとなります。バッグの内側にもタオルを入れて、よく吸水させましょう。

 

洗濯機での洗い方

◆注意点

バッグを洗濯機で丸洗いすることは、基本的にお薦めしません。洗濯機洗いでは、縫製がほつれやすく、わずかながらも伸縮が生じることもあります。バッグがダメージを受けることも踏まえて、もし傷んでも惜しくないものだけを洗うほうがいいです。たとえば、ナイロン製のショッピングバッグなど、シンプルで手ごろなものならば、洗っても大丈夫だと思います。また、脱水まで行うのは厳禁です。脱水前に必ず、洗濯機から取り出しましょう。

 

◆用意するもの

・洗濯ネット

・おしゃれ着洗い洗剤

・バスタオル

 

 

◆洗い方

①ナイロンバッグをひっくり返してから、洗濯ネットに入れます。

②洗濯機は、手洗いモードかドライモードにして、「脱水なし」に設定します。脱水をキャンセルできない場合は、脱水前に停止させて、洗濯機から取り出しましょう。

③おしゃれ著洗い洗剤を入れて、洗濯をスタートします。洗濯が終わったら、ナイロンバッグをバスタオルに包んで、吸水させます。バッグの内側も、タオルでしっかりと水気を取りましょう。その後、陰干しで乾かします。

干し方

◆陰干し

洗ったナイロンバッグは、風通しのいい場所で、陰干しで乾かしましょう。直射日光の当たる場所は、ナイロンの変色などに繋がるため避けましょう。

 

◆形を整える

ボストンバッグやリュックなど、丸みがある形のバッグでは、ぺしゃんこにならないように形を整えましょう。バッグの中に、筒状に丸めたタオルや古着を詰めて、中身を膨らませながら干すといいです。

 

◆平置きや吊るし干し

干し方としては、平置きや吊るし干しなどがあります。ボストンバッグなど、どっしりとした形のバッグでは、平置きにして乾かすのがいいです。一方、リュックやトートバッグなどは、ファスナーを開けたまま、吊るし干しにするのがお薦め。ピンチハンガーを使って、立体的に形を整えながら、洗濯バサミに留めて吊しましょう。

 

防水スプレー

洗った後のナイロンバッグには、防水スプレーを吹き付けておくと、次の汚れが付きにくくなります。バッグが乾いた後、使用する前のきれいな状態で、スプレーしましょう。

 

 

クリーニングに出す場合

 

ナイロン素材は、特別に洗濯が難しい素材ではないので、ほとんどのクリーニング店で受け付けてくれます。チェーン店などの大手クリーニング店であれば、ほぼOKです。ブランド品のナイロンバッグや、長く愛用したいバッグなどは、自分で洗濯するというリスクを侵さずに、クリーニングに出すのが無難です。染みやカビができたバッグについても、クリーニングに出せば、キレイに落とすことができます。

 

価格は、クリーニング店によって千差万別。また同じお店であっても、ナイロンバッグの大きさや形状、ブランドであるかどうかなどで、価格が変わってくることがあります。バッグのクリーニング料金については、あらかじめお店で問い合わせてから、依頼するのがいいでしょう。参考までに、経験上では、千円から数千円ほどが相場です。