【パンツ(下着)の洗濯】黄ばみの落とし方を紹介!重曹で尿汚れなどをキレイに

スポンサーリンク

 

 

清潔感のある下着を身に付けると気持ちもシャキッとしますよね。

淡色のパンツも、ほっこり優しい気持ちになります。

 

でも使い続けていくうちになんだか黄ばみが…

洗濯をしても落ちない…

 

今回は、なかなか落ちない下着の黄ばみの落とし方についてご紹介します!

 

下着の黄ばみの正体

 

下着の黄ばみの原因は、大きく分けて二種類あります。

まずは、お子さんや男性の場合、付着した皮脂や尿が酸化したもの

それから、女性の場合おりものの付着による汚れ

 

どちらもタンパク質の汚れで、すぐに対処すると比較的落ちやすい汚れです。

 

それから、汗に含まれる「リポフスチン」という色素が付着した場合。

ワキにある「アポクリン汗腺」という汗腺から出る汗にはその色素が含まれています。

 

陰部にも「アポクリン汗腺」は存在し、その動きが活発な方は

白いTシャツのワキが黄ばむように、白い下着も黄ばんでしまうことがあります。

 

こちらは色素がへばりついてしまっているので、普通の漂白剤では落としにくい汚れです。

 

それでは、それぞれの黄ばみ・汚れの落とし方を見ていきましょう。

 

タンパク質による黄ばみの落とし方

 

 

皮脂や尿、おりものが原因の汚れは、できるだけ早く対処しましょう。

タンパク質の汚れは、熱が加わり固まってしまうと取りにくくなります。

 

ぬるま湯に浸して、固形石鹸でこすり洗いする

水よりお湯の方が固形石鹸の洗浄作用が高まります

熱湯を使うと汚れが固まってしまいます。

必ずぬるま湯を使いましょう。

 

対処が早ければ固形石鹸で大体の汚れは落ちますが

まだ気になる場合は漂白剤でつけ置きします。

塩素系漂白剤は生地やゴムを傷めるおそれがありますので、酸素系漂白剤がおすすめです。

 

パンツの黄ばみは酸素系漂白剤で落とす

①洗面器に40℃〜50℃のお湯洗濯洗剤酸素系漂白剤を入れ、つけ置きします。

 

洗剤の量は、パッケージの表示を参考にしてください。

汚れがひどいようなら漂白剤を多めに入れます。

 

また、真っ白の下着ならいいのですが

柄が入っていたり淡色の下着の場合は色落ちすることがあります。

その場合、つけ置き時間は最大で2時間にしましょう。

色落ちしていないかこまめにチェックしてください。

 

②その後、洗浄液ごと洗濯機に入れ回します。

 

すぐ洗濯機で回さない場合、水やぬるま湯でよくすすいで干します。

そして、その次の洗濯時に洗ってください。

 

セスキ炭酸ソーダで落とす

KC キッチンクラブ セスキ炭酸ソーダ 1kg

 

 

タンパク質の汚れにはセスキ炭酸ソーダが効果的です。

 

①下着がつかる大きさの容器に水やぬるま湯を入れます。

 

②①にセスキ炭酸ソーダを加え、下着を3時間つけ置きします。

セスキ炭酸ソーダの量はパッケージの量を参考にしましょう。

 

③つけ置きが終わったら、通常通り洗濯します。

 

【ブラジャーの洗い方】汚れ・黄ばみ・黒ずみ・カビの落とし方

 

スポンサーリンク

 

色素が付着した黄ばみの落とし方

 

少し厄介な色素沈着による黄ばみには、重曹を使います。

 

重曹+水でペーストを作り、黄ばみ部分をこすり洗いする

少量の水で重曹を溶き、手や古歯ブラシでこすります。

 

500mlの水に大さじ1の重曹を溶き、つけ置きする

 

このふたつの方法で大体の黄ばみは落ちるのですが

それでも残るしつこい黄ばみには最終手段です。

 

重曹+酸素系漂白剤を塗布し、しばらく置いたあと洗濯機に入れる

重曹と漂白剤の割合は1:1です。

 

そのまま置いておいても効果はありますが

ドライヤーなどで塗布部分を50℃に熱するとさらに効果が上がります。

 

「最初から強い方でやれば確実に落ちるよね」

と思われるかもしれませんが

 

こちらの方法は色落ちや柄の脱色につながる可能性があります。

ですので、まずは重曹だけで試してみてください。

 

【生理中のパンツの洗い方】経血の落とし方や洗濯方法を紹介

 

クエン酸で尿の臭いがスッキリ

 

特にアンモニア臭が気になる場合はクエン酸水につけ置きしてみましょう。

暮らしのクエン酸 330g

 

 

①容器に水1Lにクエン酸を大さじ2杯加えます。

 

②クエン酸水に下着を1時間浸けます。

 

③つけ置き後、通常通り洗濯して完了です。

 

スポンサーリンク

 

 

下着が綺麗だと気持ちもなんだか前向きになりますよね。

 

キレイに汚れをお洗濯して、気持ちいい毎日をお送りください!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク