【靴の泥の落とし方】スニーカーの泥汚れを落とす方法


スポンサーリンク

 

お気に入りの靴が泥だらけになってガックリしたことありませんか?

 

もうこれはどうしようもないか…

と諦めてませんか?

 

実は、とても身近な「固形石鹸」がとっても靴の泥汚れに有効なんです。

今回は、スニーカーの泥汚れの落とし方をご紹介します

 

靴の泥汚れの落とし方

スポンサーリンク

 

■用意するもの

  • 固形石鹸
  • 靴用ブラシ(たわしでも代用可)
  • 古歯ブラシ
  • バケツや洗面器
  • タオル

 

洗うものが靴なので、すべて汚れてもいいものをご用意ください。

 

 ■洗い方

泥を乾かします

湿った泥はこべりついてなかなか落ちませんが、乾くとポロポロと落ちます。

「すぐなんとかしなきゃ!」と焦りますが、一呼吸おいて乾燥させましょう。

 

②乾いた泥を落とします

左右の手に片方ずつ持ち、靴底を合わせるように叩き泥を落とします。

靴紐が付いていたりインソールが入っている場合はこのとき取り外しましょう。

 

40度程度のぬるま湯をバケツや洗面器に用意し、そっと靴を浸します

全体が湿るくらいにお湯が浸透したら上げてください。

 

靴ブラシを濡らし石鹸を付けたら擦ります

底などのゴム部分はガシガシと、布地やキャンバス地の部分は傷つけないよう優しく擦りましょう。

 

このとき取り外しておいた靴紐も洗いましょう

 

【靴ひものお洗濯】靴紐の汚れの落とす洗い方を紹介

 

細かい部分は、同じように石鹸をつけた古歯ブラシで磨くといいです。

メッシュ素材の部分がある場合は、傷ませないようナイロンスポンジを使いましょう。

 

⑤ぬるま湯で石鹸を綺麗に洗い流します

 

⑥水気を切ったあと、タオルなどで水気を吸い取ります

形が崩れないようそっと包んであげてください。

 

⑦靴を持ち上げても雫が垂れない程度に水気が取れたら、靴の中に新聞紙を詰め日陰で乾かします

2〜3時間後くらいに一度新聞紙を取り替えましょう。

 

なぜ固形石鹸でキレイに落ちるの?

スポンサーリンク

 

靴用の洗剤を使ってもなかなか落ちなかったのに、どうして?

と不思議に思われる方もいると思います。

 

実は、汚れは三種類に分けられます。

  • 汗や塩分などの「水溶性汚れ」皮脂
  • 植物油、鉱物油などの「油溶性汚れ」
  • 泥汚れや煤煙、ほこりなどの「不溶性汚れ」

 

洗剤で落とせるのは「水溶性汚れ」「油溶性汚れ」の二種類だけで

「不溶性汚れ」には効果がないのです!

 

ところが、固形石鹸には「不溶性汚れ」を水に溶かし出すはたらきがあるのです。

 

さらにぬるま湯を使うことによって、そのはたらきを活性化させ、その上でブラシで擦ってトドメをさすというわけです。

しつこい泥汚れにノックアウトですね!

 

 

お気に入りの靴だけではなく、お子さんの靴の泥汚れも大変ですよね。

でも固形石鹸を使えば汚れはキレイに落とせます。

 

ぜひ上記の内容を参考に、靴の泥汚れを落としてみてはいかがでしょうか。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク