【墨汁の落とし方】服の洗濯方法や床・壁の染み抜きを紹介


スポンサーリンク

墨汁のシミ

 

松などの木や植物油を燃やして、ススにしたものをニカワで固めたものが固形の墨です。

これをすって水に溶かしたものが墨汁です。

 

墨汁は文字通り液体ですが、シミ抜きを考える場合は液体というよりも、どちらかというと個体に近いものとして考えます。

 

シミ抜きの注意点

スポンサーリンク

 

■とにかく早い対処を

墨汁がついてしまったときには、とにかく早く対処することが重要です。

時間が経って染み込んでしまうと、どんどん落とせなくなってしまいます。

なるべく乾く前に対処できるようにしておきましょう。

 

■水で洗うのは時と場合による

墨汁がついてしまった時にすぐに対処できる環境であれば、水を使ったシミ抜き方法も可能です。

 

しかし学校で授業中に服に墨汁がついてしまった場合

お子さんがシミを水道で洗おうとするとシミが広がってしまう可能性があります。

 

お子さんの場合は、墨汁がついても何もせずそのまま持って帰り、家で対処するようにしましょう。

 

衣類のシミ抜き方法

 

■固形石けんと歯みがき粉

①手を洗う固形石けんと、研磨剤入りの歯みがき粉を混ぜます

 

②シミの裏側に汚れても良いタオルなどを敷いておきます

 

③①の石けんを歯ブラシつけて、シミにチョンチョンと付け、少量の水をつけてゴシゴシこすります

 

④水ですすいで衣類に合った方法で洗濯します

 

■マジックリンと固形石けん

マジックリンを水で2倍から3倍に薄めておきます

 

②薄めたマジックリンをシミにかけ、手を洗う固形石けんをこすりつけて揉み洗いします

 

シミが広がる前に水で洗い流します

 

④落ちない場合は②と③の手順を繰り返し、シミが落ちたらすすいで洗濯します

 

マジックリンは強力なアルカリ性で洗浄力が強いですが、その分衣類へのダメージも大きいです。

 

■ごはん

適量の温かいご飯をこねてのりのような状態にします

 

シミ部分にすり込むようにつけていくと、ご飯と墨が馴染みます

 

③ご飯に墨が移ったらご飯をゆっくり取り除き、取れるまで繰り返します

 

ご飯に含まれるデンプンによる効果です。

水のりやデンプンのりでも代用できます。

 

落ちにくい場合は、研磨剤入りの歯みがき粉を混ぜてみましょう。

 

床のシミ抜き方法

スポンサーリンク

 

〈木材の床〉

■メラミンスポンジ

水で濡らして、滴らない程度に絞ったメラミンスポンジでこすります

 

■オキシドール

シミの部分にオキシドールを塗り、硬く絞った雑巾で拭き取ります

 

■歯みがき粉

研磨剤入りの歯みがき粉をつけた歯ブラシでこすり落とします

 

■サンドペーパー

木材に染み込んでしまったものは完全に落とせないため

サンドペーパーでシミごと削り取ります

 

壁、クロスのシミ抜き方法

 

クロスに墨汁がついた場合、まずはスポンジやタオルで墨汁を吸い取ります。

 

それから、中性洗剤か塩素系の漂白剤を薄めたものをつけてこすります。

広がらないように気を付けましょう。

 

最後にきれいな布で拭き取ります。

 

汚れる覚悟を

 

墨汁を扱うときは、思いもよらない場所に散ってしまうのはよくあることですよね。

子供はその範囲や可能性が多いものです。

 

基本的に墨汁がついてしまったら、完全に落とすのは難しいです。

それでもできるだけシミを最小限に収めるには、早めの対処が必要です。

 

そのために、墨汁を取り扱うときにはシミ抜き用のスポンジやタオルを用意しておくと良いですね。

シミ抜きの知識があれば、準備万端です。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク