【モップの洗い方】手入れ・洗濯方法【ハンディ・糸・マイクロファイバー・化学など】



家中を雑巾掛けしようと思うと本当に大変ですよね。

 

そんな時にモップを使えば、立ったままスイスイと掃除ができて足腰にも負担がかからずお手軽です。

 

モップはホコリ、ゴミや髪の毛などを吸着しているため、いざ洗おうとするとなかなか綺麗に落ちてくれません。

 

手入れを間違うと、繊維同士が絡まって千切れてしまうことも…

 

本記事では、様々なモップの洗い方や手入れの方法について紹介しています。

 

モップの種類と特徴

 

一見似たように見えるモップですが、実はいくつか種類があり、特徴や掃除に適した場所も違っています。

 

まずは、モップの種類と特徴を理解しておきましょう!

 

フラットモップ

使い捨てシートを装着して使うモップです。

 

クイックルワイパーを大きくした様なI型をしています。

 

特殊な凹凸繊維でゴミやホコリを絡め取り、使い捨てなので衛生的ですね。

 

ドライタイプとウェットタイプがあるので、使い分けできるのも便利な点です。

 

水で濡らすモップは水気の切り方が悪いと水はけが悪く、滑ってしまう場合がありますね。

 

付属のシートを使えば水切り不要ですぐに使える上に、ウェット感で適度なのもポイントです。

 

化学モップ

化学モップは特殊繊維が使われており、耐久性もあり長持ちすると言われています。

 

着塵剤・吸着剤が塗布されているため、触れるだけでもゴミやホコリが取れ、ツヤ出し効果もあります。

 

化学モップは使用できる床材が決まっているので、しっかり確認してから作業しましょう。

 

油分の薬剤が含まれているので、それに反発する水気がある場所には不向きです。

 

一般的には、ツヤ出し効果が期待できるのでフローリング材には向いており、化学モップに含まれる着塵剤を吸い込みやすい畳には不向きとされています。

 

マイクロファイバーモップ

マイクロファイバーの生地を使ったモップです。

 

ナイロンやポリエステルが主な原料とされています。

 

髪の毛の100分の1ともいわれる極細の化学繊維で汚れを取り除きます。

 

また、静電気を発生させてホコリを絡め取ってくれる効果もあります。

 

カラフルで、ハンディタイプ、スリッパや手袋タイプも市販されていますね。

 

細かい溝の汚れや手の届きにくい照明、テレビやパソコンなどホコリ取りに最適な掃除用品でしょう。

 

水拭きモップ

専用クロスを水で濡らして使うタイプや、専用の水切り機で水切りして使うタイプがあります。

 

学校の体育館や廊下の清掃でもよく利用されていますね。

 

化学モップなどの様に特殊加工がされていないため、使う頻度が多くても洗って繰り返し使えるので経済的です。

 

皮脂汚れや油汚れ、砂のついた床などを磨くのに適しているので、お店やオフィスで使われることも多いようです。

 

最近ではご家庭で使う雑巾をそのまま取り付けることができるモップや、乾拭き・水拭き両方を利用できるモップなども販売されていますよ。

 

 

モップの洗い方

 

 

続いて、モップの種類別に洗い方を見ていきましょう。

 

化学モップ

化学モップは油性の着塵剤によってたくさんのホコリが絡みついているので、ゴミを取り除いた後に水洗いを行うと良いでしょう。

 

ゴミが付着したままで水洗いすると繊維に絡みこんでゴミが取れづらくなる上に、せっかくの着塵効果が下がってしまう可能性があります。

 

モップが黒ずんだ、または着塵剤の効果が薄れてきたら、お手入れの目安と考えましょう。

 

また、化学モップは水洗いすると塗布された着塵剤が取れてしまいます。

 

洗った後に専用の再生スプレーを塗布しなければなりません。

 

再生スプレーを使用しないと、モップとしての機能が落ちてしまいます。

 

お掃除の効率を上げるためにも、ホームセンターのモップ売り場などで購入して用意して下さいね。

 

◆必要な物

・掃除機

 

・バケツ

 

・水

 

・中性洗剤

 

・新聞紙

 

・再生スプレー

 

 

手順

①モップに絡みついたホコリを上下左右に振って床に叩き落す、または掃除機で吸い取りましょう。

 

②バケツに水をはり、中性洗剤を入れ、モップ糸を手で揉み洗いします。

 

ベタツキが気になる場合はゴム手袋を着用して下さい。水が汚れたらその都度交換しましょう。

 

 

③しっかりと汚れをすすぎ洗いします。

 

 

④風通しの良いところに干し、しっかり乾かします。

 

 

⑤乾いたら、新聞紙を広げてその上にモップを置きます。

 

20cmほど離れた位置から再生スプレーを全体に噴霧します。

 

噴射しすぎると、掃除をした際にツルツルしてしまうので、掛け過ぎないように注意しましょう。

 

 

⑥噴霧し終えたら、そのまま敷いていた新聞紙で包み、数時間おいて染み込ませます。

 

マイクロファイバーモップ

商品によって手洗いのみ、手洗いも洗濯も可能な場合に分かれます。

 

詳しい方法は洗濯表示に従って下さいね。

 

洗い方の手順としては、化学モップと同様にまず乾いた状態でゴミやホコリを取り除いてから、水洗いすると良いでしょう。

 

マイクロファイバーは化学繊維で耐熱温度が低いため、洗濯後の乾燥機の使用は避けましょう。

 

基本的に柔軟剤や漂白剤は使用しない方が良いです。

 

生地が起毛したり、繊維が膨らんだりと変質し吸水性が低下するなど本来の機能を損なう恐れがあります。

 

注意

マイクロファイバーは微細構造が特徴的である一方で、そこに雑菌が溜まりやすい傾向にあります。

 

汚れたままにしたり生乾きの状態では、臭いを発生しやすくなります。

 

洗った後はしっかり乾燥させるようにしましょう。

 

〇手洗いによる洗い方

洗濯不可の場合や部分的な汚れが目立つ場合は手洗いすると良いでしょう。

 

必要な物

・バケツ

 

・ぬるま湯

 

・衣類用洗剤

 

手順

①バケツにぬるま湯(40~50℃前後)を入れて、衣類用洗剤を溶かしましょう。