【デニムのカビ・臭い】ジーンズなどのカビや臭いの落とし方


スポンサーリンク

 

ファッションの定番、ジーンズやデニムジャケット、デニムシャツ。

 

久しぶりに着ようと取り出したら、カビがぽつぽつ…

洗っても洗っても嫌な臭いが落ちない…

 

ということはありませんか?

 

今回はデニムのカビや臭いの落とし方をご紹介します。

 

デニムのカビ、臭いの原因

スポンサーリンク

 

知らない間についたカビの胞子や臭いの元になる雑菌が、ジーンズの中で増殖することでカビが生えたり、嫌な臭いを放ちます。

 

デニム生地は色落ちが気になり、あまり洗濯しないという方も多いでしょう。

そのため、付着した汗や皮脂がどんどん溜まっていき、カビや雑菌のエサの宝庫になります。

 

また、生地が厚いため乾きにくいという理由もあります。

通常の洗濯で落としきれなかった雑菌が、水分を得て増殖を始めます。

 

なので、生乾き状態のときが特に臭いやすいといえます。

では、それぞれ落とし方をみていきましょう。

 

ジーンズのカビの落とし方

 

カビにも色々ありますが、ここでは白カビ・青カビの落とし方をご紹介します。

付着したカビの胞子を完全に殺すことが重要です。

軽いカビの場合

用意するもの

  • 洋服用のブラシ
  • 消毒用エタノール
  • タオル

 

①洋服用のブラシでブラッシングし、表面についたカビを落とす。

家の中に胞子を撒き散らかさないよう、できれば屋外でおこないましょう。

 

②エタノールをタオルにつけ、叩くように拭き取る。

 

③カビが落ちたら外に干します。

 

しつこいカビの場合

エタノールで落ちない場合は、以下の方法を試してみてください。

 

用意するもの

  • 酸素系漂白剤(粉末)
  • 40℃〜50℃のお湯
  • 洗面器などつけ置き用の容器

 

①洗面器に、お湯と漂白剤を溶かす。

割合はお湯1リットルに対し、漂白剤10gです。

 

②①の中にジーンズを浸し、お湯が冷めるまで置いておく。

 

③お湯が冷めたら、手で揉み洗いする。

手荒れ防止のためゴム手袋をしておこなうのがいいでしょう。

 

この①〜③を、カビが落ちるまで繰り返し、落ちたら洗濯機で洗い、干します。

 

ご注意

同じ漂白剤でも、塩素系漂白剤は絶対使用しないようにしましょう。

色落ちの原因になります。

 

また、酸素系漂白剤はステンレス以外の金属に使用するとサビの原因になります。

ファスナーやボタンの素材をしっかりと確認の上おこなってください。

 

さて、次は臭いの落とし方をみていきます。

 

ジーンズの臭いの落とし方

スポンサーリンク

 

臭いを落とすときは、ジーンズ全体を殺菌することが重要です。

できるだけ色落ちを防ぎながらおこなうには、以下の方法がおすすめです。

 

熱湯を使う

洗面器などに60度以上の熱湯を注ぎ、10分以上つけ置きし、熱で菌を殺します。

 

重曹+熱湯を使う

お湯だけは落ちきらない臭いには、重曹を使い殺菌・消臭機能を高めます。

 

用意するもの

  • 沸騰したお湯
  • 重曹
  • 洗面器などのつけ置き用容器

 

①容器に重曹と熱湯を入れ、溶かす。

 

②①の中にジーンズを浸し1〜2時間つけ置きする。

 

③よくすすいで干す。

 

デニムのカビ・臭いを防ぐには

 

さて、対処法はあるものの、できることなら最初からカビも臭いも付けたくないですよね。

最後はカビ・臭いの予防方法です。

 

湿気の多いところで折りたたんで片付けない

風通しの良い日陰に吊るしておくのが最良です。

クローゼットや押入れに片付けなければならないときは、竹炭防湿剤を入れておき、こまめに換気するようにしましょう。

 

洗濯の際に酢を入れる

すすぎ2回目のときに、大さじ1〜2の酢を入れます。

酢の殺菌作用を利用した方法で、色落ち防止にも効果があります。

 

使うたびに除菌消臭スプレーをかける

かけたあとはしっかり湿気を飛ばすよう風通しの良いところで干しましょう。

 

部屋干し時には扇風機などで風を当て、なるべく早く乾かす

湿気が残った場合アイロンをかけてしっかり乾燥させましょう。

 

【デニムの洗濯】手洗い方法や汚れの落とし方・干し方を紹介

 

使えば使うほど味が出てくるデニム生地。

こまめにお手入れし、長く使いたいですね!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク