【チャイルドシートの洗濯】洗い方やカビ・汚れ・お漏らしなどの掃除方法


スポンサーリンク

 

安全を守ってくれるチャイルドシートやジュニアシートは、お子さんがいる家庭では必需品とも言えますね。

 

子供が座るシートは汗やよだれ、食べ・飲みこぼし、吐き戻しなどが原因となって、知らぬ間に汚れてしまっています。

 

そんな状態で放置していては、お子さんへの影響も大変心配ですね。

 

本記事では、チャイルドシートの掃除方法について紹介しています。

 

汚れの種類

 

チャイルドシートについた汚れはどんな種類があるでしょうか?

 

まずは汚れの種類を見ていきましょう。

 

◆ホコリや毛

赤ちゃんや子供の毛は細くて柔らかいので、シートの繊維の間に入り込んでいる場合があります。

 

また、外からの空気が入りホコリがつくのも避けられません。

 

シートの繊維にはまり込んだ毛はピンセットで、ホコリや汚れは掃除機や粘着シートで綺麗に取り除けます。

 

◆食べこぼしや飲みこぼし、オシッコ汚れ

ジュースなどの果汁やヨダレ、オシッコは水溶性の汚れになります。

 

お湯で汚れを洗った後に、通常の衣類用洗剤もしくは漂白剤を使って洗濯する方法で十分に汚れが落とせます。

 

ミルクや食事の食べ・飲みこぼしは非水溶性の汚れになるため、中性洗剤などの油に強い洗剤が適しているでしょう。

 

雑菌が繁殖すると臭いも発生してしまうので、汚れを早めに取り除く必要があります。

 

◆皮脂汚れや汗による汚れ

皮脂汚れや汗による汚れは、基本的に衣類用洗剤を使えば同じ要領で取り除けます。

 

◆カビ

色々な汚れが付着し、雑菌の繁殖が始まるとカビが発生してしまうこともあります。

 

特にシートベルトは一度ついた水分が放出しくにいのでカビやすい箇所です。

 

◆土、砂汚れ

お子さんが大きくなって外で遊ぶようになると、土や砂汚れが目立つようになりますね。

 

土や砂がチャイルドシートの間に入り込み、泥汚れの場合は時間が経過すると取りづらくなってしまうでしょう。

 

乾燥させて土や砂を取り除き、固形石鹸で部分洗いが効果的です。

 


スポンサーリンク

 

チャイルドシートの洗い方

 

チャイルドシートはメーカーや品番によっても洗い方は異なります。

 

まずは取扱説明書でお手入れ方法を確認し、内容に従った方法で実施しましょう。

 

ご家庭での洗濯が難しい場合は、専門のクリーニング業者に頼むようにして下さいね。

 

ご家庭で実施する場合は、手洗いによる方法と洗濯機で丸洗いする方法があります。

 

チャイルドシートは取り外し場所や備品が多いですね。

 

洗濯後に元の状態に戻すのには手間がかかる場合があります。

 

そんな場合は洗濯前の状態を写真に残しておくと分かりやすいです。

 

手洗い、洗濯機による洗い方をご説明する前に、まずは下準備について説明していきます。

 

下準備

①チャイルドシートにゴミが付着している場合は、掃除機や粘着テープで取り除きます。

 

嘔吐物がある場合はアルコールティッシュなどで拭き取っておきます。

 

 

②チャイルドシート本体からシートやスポンジ、シートベルトなど取り外せるものは全て外しておきましょう。

 

ウレタン製のスポンジは水洗いすることで、劣化を早めたりスポンジが崩れる危険性があります。

 

水洗い以外の方法については、後でご説明しますね。

 

 

③ウンチ漏れや嘔吐物の汚れが酷い場合は、洗剤を直付けして歯ブラシなどで擦っておくと良いでしょう。

 

プラスチック部分の清掃方法

付属品を取り外したプラスチック本体部分は、シートをすり抜けてこぼれた細かいゴミが溜まっています。

 

掃除機を使っておおまかなゴミは取り除き、固く絞った雑巾で綺麗に拭き上げましょう。

 

間に入り込んで取りづらい場合は、綿棒や輪ゴムを巻き付けた割り箸で細かい部分を拭いて下さい。

 

最後は除菌スプレーを噴射した後に、乾拭きしましょう。

 

シートやスポンジの洗い方

シートやスポンジなどは、取り外して水洗いできる物が多いです。

 

まずはこちらの洗い方から説明していきます。

 

〇手洗いでの洗い方

手洗いすることで、生地を傷めずに気になる箇所を重点的に洗うことができますよ。

 

必要な物

・ぬるま湯

 

・大きめの容器やバケツ

 

・食器用中性洗剤や洗濯洗剤

 

・洗濯ネット

 

手順

①大きめの容器に、40℃前後のぬるま湯と洗剤を入れて溶かしておきます。

 

 

②シートとスポンジを浸します。

 

 

③手でしっかり洗います。

 

汚れが目立つ箇所は食器用中性洗剤や洗濯洗剤を直付けしたり、指でつまみ洗いしましょう。

 

 

④洗い終えたら、容器にお湯を入れ替え、よくすすぎます。

 

洗剤が残らないようにお湯の入れ替えを3回は行い、しっかりすすぎましょう。

 

 

⑤すすぎを終えたら洗濯ネットに入れ、洗濯機で3~5分間脱水します。

 

 

⑥直射日光が当たると変色の原因になりますので、日陰干しで乾燥させましょう。

 

〇洗濯機による洗い方

洗濯機だと一気に洗えて、負担も少ないですね。

 

洗濯方法を見ていきましょう。

 

必要な物

・洗濯用液体洗剤

 

・洗濯ネット

 

手順

①汚れが目立つ箇所は、オキシクリーンなどの洗剤を直付けして手や歯ブラシで擦り洗いしておきましょう。

 

クレンジングオイルを使っても良いでしょう。

 

 

②シートやスポンジなどの付属品をそれぞれ洗濯ネットに入れます。

 

③洗濯表示に従った方法で洗濯をしましょう。

 

使用する洗剤は、粉残りが気になる粉洗剤よりも液体洗剤がオススメです。

 

オシャレ着洗剤や衣類用中性洗剤を使えば、生地を傷めずにすみます。

 

 

④脱水が終わったら、直射日光の当たらない場所で日陰干しして乾燥させましょう。

 

 

ベルトの掃除方法

ベルトは取り外しできない物も多いので、取り外しできない場合はつけた状態で掃除することになります。

 

取り外し可能な場合

①洗面器などに40℃前後のぬるま湯と中性洗剤を入れて、ベルトをつけこみます。

 

擦り洗いしながら、汚れが目立つ箇所は歯ブラシを使って擦り落とします。

 

 

②洗い終えたら新しいお湯を入れて、しっかりすすぎ洗いします。

 

 

③すすぎ終わったらタオルで水気を取り、日陰干ししましょう。

 

ベルトの金属部分は濡れた状態が続くとサビてしまいます。

 

洗い終えたらすぐに水気を拭き取りましょう。

 

最後にアルコールスプレーを噴射しておくとカビ防止になります。

 

 

取り外し不可の場合

①水で薄めた洗剤や重曹を染み込ませたキッチンペーパーやタオルで擦り拭きします。

 

スプレーボトルに入れて吹き付ける方法も、洗剤や重曹が均等に染み渡るのでオススメです。

 

 

②新しく水で濡らして固く絞った雑巾で、汚れと洗剤をしっかりと拭き取ります。

 

 

③最後に乾いた雑巾で水気が残らないように拭き上げましょう。

 

 

④風通しを良くして乾燥させます。

 

スポンジ(水洗い不可)の掃除方法

スポンジがウレタン製の場合、水洗いすることで劣化を早めたり、裂けてくる可能性があります。

 

その場合は水に浸して洗うのはNGです。

 

その場合は、掃除機で表面の細かいゴミを取り除き、洗剤を溶かした水や重曹水に浸した雑巾で拭き取りましょう。

 

乾燥させた後は、除菌スプレーや消臭スプレーを吹きかけおくとより除菌効果が高められます。

 

カビの落とし方

免疫力が低い乳幼児がカビ菌を体内に取り込んでしまうと、アレルギーを発症するケースもあります。

 

見つけた場合は速やかに取り除いてあげましょう。

 

取り外せる場合

取り外し可能な付属品の場合は、衣類用の酸素系漂白剤につけこんで、カビを落としていきます。

 

①50℃前後のお湯に酸素系漂白剤を加え、カビの部分を1時間浸します。

 

 

②時間が経ったら、カビが取れているのを確認します。取れていなければ、歯ブラシでこすり落としましょう。

 

 

③洗濯ネットに入れ、洗濯機で通常通り洗います。

 

取り外せない場合

取り外せない付属品の場合は、取り付けた状態で消毒用のアルコールスプレーを使います。

色落ちが気になる場合は、見えにくい部分で色落ちチェックをしてから使用するようにしましょう。

 

①消毒用のアルコールをタオルやキチンペーパーに浸みこませ、カビの部分を叩くように優しく拭き取ります。

 

 

②カビを落とし終えたら、風通しを良くして乾燥させましょう。

 


スポンサーリンク

 

日頃のお手入れ方法

 

チャイルドシートの掃除は手間がかかりますし、しっかり行うとなれば難しいですよね。

 

そんな時は、日頃できる簡単な方法でお手入れしましょう。

 

定期的にゴミを取り除く

掃除機や粘着テープを使って表面のゴミを取ったり、取り外し可能な部分は取り外してゴミを叩き落としましょう。

 

汚れた箇所は水拭きする

汚れた箇所は早めに汚れを取り除くのが鉄則です。

 

固く絞ったタオルで汚れた箇所を拭き取りましょう。

 

除菌スプレー+天日干しする

ゴミやホコリを取り除いた後は、除菌スプレーを噴射して短時間の天日干しも効果的です。

 

夏であればチャイルドシートを車内に取り付けたままでも、十分な直射日光と熱気で滅菌できるでしょう。

 

チャイルドシートのクリーニングを利用する

専門業者にクリーニングを任せるという方法もあります。

 

汚れが気になるチャイルドシートにお子様を乗せるのは抵抗がある、という方は思い切って利用してみても良いかもしれませんね。

 

PINTORE チャイルドシートのクリーニング

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク