【チャイルドシートの洗い方】洗濯方法やカビの掃除方法


スポンサーリンク

部分ごとの洗い方と掃除方法

 

 

お掃除の前に、チャイルドシートの汚れを確認してみましょう。

 

食べ物や飲み物の染み、砂、ホコリなど様々な汚れがたくさん付いています。

 

見えている部分だけではなく、見えていない部分にもホコリやゴミ、食べカスなどが溜まっていることもあります。

 

また、パーツを取り外し、取り付けする場合には、取扱説明書を見ながら行うことをオススメします。

 

本体

本体の溝や設置している座面との隙間に汚れがたまりやすいです。

 

お掃除前に、全ての部品を取り外しておきましょう。

 

①掃除機を使ってゴミを吸い取ります。

細かい部分は、綿棒を使ってこすりましょう。

 

②水で濡らし固く絞った布で汚れを拭き取り、乾いた布で乾拭きをします。

 

チャイルドシートを設置していたシートも、掃除機をかけておきましょう

 

シートカバー・インナークッション

お子さんに直接触れ合う部分なので、汚れをしっかり確認しましょう。

 

①ホコリや砂を掃除機で吸い取ります。

 

②洗濯前に、目立つ汚れや染みを落としておきます。

汚れの種類に合わせて染み抜きを行うことで、効果的に汚れを落とすことができます。

 

【染み抜き・汚れの落とし方のまとめ】

 

③洗濯機を使用または手洗いで、洗濯します。

 

ポリウレタンが使用されている場合は、水洗いを避けましょう。

水によって劣化が早くなってしまいます。

 

■洗濯機を使用

①シートカバーやインナークッションを洗濯ネットに入れ、通常通りの洗濯方法で洗います。

 

【洗濯ネットの使い方】

 

洗剤は液体の中性洗剤を使用しましょう。

 

粉洗剤は洗濯が終わった後も記事の中に残ってしまうことがあるので控えましょう。

 

また中性の洗剤を使用することで、記事への負担を抑えることができます。

 

②脱水が終わったら、直射日光の当たらないところで陰干しします。

 

【陰干し・天日干しとは?】

 

■手洗い

①大きめの容器にぬるま湯(40℃程度)と中性洗剤を入れます。

 

②シートカバーやインナークッションをお湯の中に沈めて、優しく押し洗いします。

 

③洗い終えたら、容器にお湯を入れ替え、よくすすぎます。

お湯の入れ替えとすすぎは、3回行いましょう。

 

④すすぎを終えたら洗濯ネットに入れ、洗濯機で3~5分間脱水します。

 

【洗濯物の脱水方法】

 

⑤脱水後は、風通しの良い日陰で干します。

 

スポンジ

本体とシートカバーの間にスポンジのあるチャイルドシートがあります。

 

ホコリが溜まっていたり、汚れが染み込んでいる場合は洗ってみましょう。

 

①掃除機を使用して、ホコリを吸い取ります。

 

②洗濯洗剤または食器用洗剤と水を使用し、優しく揉むように洗います。

 

③泡が出なくなるまで、水でよくすすぎます。

 

④優しく絞り水分を落とし、陰干ししてしっかりと乾かします。

スポンジも直射日光を当てると劣化が早くなってしまうので、日陰で干しましょう。

 

ベルト

ベルトもお子さんと接する部分なので、汚れやすい部分になります。

 

ベルトを取り外しができないチャイルドシートもあるので、その場合は本体につけたままお掃除します。

 

〇取り外せるもの

①ぬるま湯に中性洗剤を加え、ベルトをつけます。

 

②しつこい汚れは、歯ブラシを使ってこすり落としましょう。

 

③洗い終えたら、お湯を入れ替えすすぎます。

 

④すすぎが終わったら、水気をタオルで拭き取り、陰干しします。

金属部分は濡れた状態が続くとサビてしまうので、洗い終えたらすぐに水気を拭き取りましょう。

 

〇取り外せないもの

①水で薄めた洗剤を浸み込ませたタオルやキッチンペーパー、歯ブラシで汚れをこすり落とします。

 

②水で濡らし固く絞った布で、汚れと洗剤をしっかりと拭き取ります。

 

③最後に、乾いた布で拭いて完成です。

 


スポンサーリンク

 

カビの落とし方

 

取り外せる部分

衣類用の酸素系漂白剤を使用して、カビを落としていきます。

 

①お湯(50℃以上)に酸素系漂白剤を加え、カビている部分を1時間浸します。

 

②時間が経ったら、カビが取れているのを確認します。

取れていなければ、歯ブラシでこすり落としましょう。

 

③洗濯ネットに入れ、洗濯機で通常通り洗います。

 

取り外せない部分

消毒用のアルコールスプレーを使います。

 

色落ちが気になる場合は、見えにくい部分で色落ちチェックをしておきましょう。

 

①消毒用のアルコールをタオルやキチンペーパーに浸みこませ、カビの部分を叩くように優しく拭きます。

 

②カビを落とし終えたら、風通しの良い場所で良く乾かします。

 

簡単なお掃除方法

 

 

しっかりとお掃除する時間が取れないとき、簡単な方法でホコリや汚れを落としましょう。

 

はたく

取り外せるカバーやクッションは、車外ではたいて、ホコリやごみをたたき落としましょう。

 

拭く

①水で薄めた洗剤をタオルやキッチンペーパーに浸みこませ、優しく汚れを拭き取ります。

 

②拭き終えたら、水で濡らして固く絞った布で拭きし、乾拭きをしておきましょう。

 

吸い取る

コードレスハンディクリーナーがあると、車のシートにチャイルドシートを取り付けたまま、ホコリやゴミを効率的にお掃除することができます。

 


スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

 

チャイルドシートの掃除は、なんとなく手がかかりそうで後回しにしがちですよね。

 

それでも、子供が使用するものなので清潔な状態が好ましいです。

 

週一でしっかり掃除するというのは大変なので、気付いた時には簡単に掃除、月一でしっかり洗うというようにしてみてはいかがでしょうか?

 

ぜひ掃除・洗濯の際は、上記の内容をご参考ください。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク