【水着の洗濯方法】カビやシミの落とし方や洗い方を紹介!


スポンサーリンク

水着の洗濯方法

 

 

その場ですぐに水洗い

まずは、着替えたらすぐに水で洗いましょう。

プールの水や海水を含んだままにしておくと、変色や生地の痛みにつながります。

 

海の場合はできるだけ砂も落としておきましょう。

裏返しにして洗うと落ちやすいです。

 

また、ビニール袋に入れて持ち帰ると、中で蒸れて色移りの原因になることがあります。

ぎゅっと絞ると型崩れの原因にもなるので、乾いたタオルで水分をとり、そのまま包んで持ち帰りましょう。

 

おしゃれ着用洗剤で洗う

洗濯機で洗う場合は、ネットに入れ、ドライコースを選択します。

このときも裏返しにしておくと、水着の装飾部を傷めずに洗うことができるのでおすすめです。

 

手洗いの場合は以下の手順で洗濯をおこなってください。

 

■用意するもの

  • おしゃれ着洗剤
  • 大きめの洗面器など
  • 洗濯ネット

 

■手順

①洗面器に水と洗剤を合わせます。

目安としては水4Lに対し洗剤10mlです。

 

②①に水着を入れ、浮かせたり沈めたりするようにして優しく押し洗いしましょう。

 

③洗い終えたら洗剤液を捨て、ゆすいだあと水を張り、②の要領ですすぎます。

 

④洗濯ネットに水着を入れ、15〜30秒ほど洗濯機で脱水します。

 

どちらの方法も、洗い終えたら風通しのよい日陰で干します。

日光がどうしても当たる場合は、周囲をタオルで囲み直射日光を遮るようにするとよいでしょう。

 

また、縫い目などに砂が残っていた場合は、乾燥後、生地を伸ばしながら払うと簡単に落ちます。

 


スポンサーリンク

 

水着のカビの落とし方

 

 

こすっても取れない場合、それは汚れではなく黒カビです。

衣類にカビがはえてしまうと、そう簡単に取り除くことはできません。

 

完全に落とすことは難しいですが、ご紹介する方法で、色を薄くすることができるかもしれません。

 

日光殺菌

天気が良い日に、カビがはえてしまった部分を日光に長時間あてます。

その後熱湯で流し、洗剤を使って洗います。

 

これを繰り返してみましょう。

 

漂白剤を使う

白い水着の場合は、漂白剤でつけ置きをしてみましょう。

この時は必ず「酸素系漂白剤」を使ってください。

 

また、漂白剤を使うと生地がとても傷みやすいので、落ち具合を見て、薄くなったらすぐに取り出しましょう。

その後しっかりとすすぎます。

 

浴室用のカビ取剤を使う

カビがはえている部分にカビ取剤をつけます。

生地が傷みますので、長時間は放置しないでください。

 

薄くなったらしっかりとすすぎましょう。

 

専門店に出す

ホームクリーニングではどうにもならない場合は、クリーニング店に相談してみましょう。

 

いずれにしても、水着にはえてしまったカビを薄くするには荒治療をするしかありません。

生地がとても傷みますので、それをふまえた上で行ってみてくださいね。

 

水着のカビの防止方法

 

水着にカビがはえると後が大変です。

その前に、カビがはえないように対策してみましょう。

 

ビニール袋に入れない

持ち帰る時に水着を直接ビニール袋に入れる方が多いと思いますが、これはやめましょう。

乾いたバスタオルに包んで持ち帰るようにすれば、少しでも濡れている時間を減らすことができます。

 

高音になる場所に置かない

車で持ち帰るときは、トランクなどの熱がこもる場所は避けましょう。

 

ハイターを使う

水着を洗濯するときに、色物にも使えるハイターを毎回使うことで、除菌や消臭効果が期待されます。

 

除菌スプレーを使う

洗濯後乾いてから、防カビ効果のある除菌スプレーを吹きかけます。

 

干す前のひと手間

水着が濡れている時間を少なくすることで、カビが生えるのを防ぐことができます。

 

しかし洗濯する際に、しっかりと脱水で回してしまうと、水着の形が崩れて生地も傷んでしまいます。

洗ったらバスタオルなどに挟んで水分を吸い取ってから干すと良いでしょう。

 

以上のような、日頃のお手入れやひと手間でカビを防ぐことができます。

 

水着のシミの落とし方

 

 

紫外線対策としてに日焼け止めオイルなどを塗る方も多いと思いますが、オイルが直接水着の生地に触れるとシミになってしまうことがあります。

 

その場合は、おしゃれ着用の洗剤の原液をシミに付け、軽く叩いて落とします。

その後、上記の洗濯方法で洗いましょう。

 

水着に乾燥機やアイロンの使用は絶対にNGです。

早く乾燥させたい場合は扇風機を使いましょう。

 

また、片付ける際も防虫剤は使用しないようにしましょう。

化学変化で変色することがあります。

 


スポンサーリンク

 

水着はとってもデリケート

実は水着はとてもデリケートなのです。

生地が傷んで劣化してしまうと、伸縮性がなくなり、生地が薄くなってしまいます。

 

水着の生地に含まれるポリウレタンは、プールの消毒液である「塩素」や海水の「塩分」に弱いという特徴があります。

脱いだらすぐ、しっかりと水洗いをするようにしましょう。

 

カビやシミ以外に、生地の劣化にも気を付けなければいけません。

きちんとお手入れをして、お気に入りの水着で楽しい時間を過ごしましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク