【トリアセテートの洗濯方法】しわ取り、縮ませない手洗い(洗濯機)、アイロン掛け、染み抜きなど【素材の特徴(メリット、デメリット)】



 

本記事では、トリアセテートの洗濯方法に関する情報を紹介しています。

 

トリアセテートを洗ってみよう!

洗濯表示の確認

トリアセテート素材や混紡素材を洗うときには、まず、洗濯表示を確認しましょう。ですが、実際は、洗濯機OK、手洗いOKと表示されているトリアセテートは多くないです。衣服に使われている場合のほとんどは、ドライクリーニングで洗うように表示されているのではないでしょうか。しかし、もしドライ表示であっても、ガッカリしないでください。ドライ表示の衣服は、ガチガチにドライクリーニングに出さなければならないわけでなく、手洗いで洗っても大丈夫なものがほとんどです。また、最近では、洗濯できることを売りにしているトリアセテートも増えてきています。

 

おしゃれ着洗い洗剤を用意する

たとえポリエステルなどとの混紡素材であっても、普通の衣類用洗剤を使うことはお薦めしません。衣類用洗剤の多くは、アルカリ性であるため、トリアセテートの風合いを著しく落としてしまう可能性があるからです。つるんと柔らかい質感を見ても、アタックなどでゴシゴシ洗う系ではないな、と感じてもらえるのではないでしょうか。ですので、トリアセテートを洗うときには、エマールやアクロンなどの、おしゃれ着洗い洗剤を使うのが適しています。

 

 

脱水は短く切上げる

洗い上がりのことを考えると、脱水は短めに行うのがポイント。長く丁寧に脱水をしていると、トリアセテートにシワが付きやすくなります。と言って、脱水を全くしないとなると、水気がなかなか切れず、型崩れなどの原因となることがあります。ですので、トリアセテートの脱水は、一瞬で終わらせるのがコツ。長くても1分、個人的には、10数えたら取り出すぐらいで充分だと思います。

 

手洗いでの洗い方

①洗面器などにぬるま湯を張り、おしゃれ着洗い洗剤を溶かします。

 

②洗面器の中に、洗うトリアセテートを入れて、お湯に浸します。

 

③衣服に洗剤水がよく染み込んだら、優しく押し洗いをします。手のひらを使って、衣服を軽く押し、浮かせたり沈めたりを繰り返してください。

 

④フレアスカートなど、薄手で軽い生地では、振り洗いをするといいです。

 

洗剤水の中で、衣服をゆらゆらと振り、泳がせるようにして洗います。押し洗いよりも摩擦が少ないので、生地を傷めにくいです。

 

⑤汚れが落ちたら、洗面器の中のぬるま湯を張り替えて、すすぎ洗いを行います。

 

2~3回は水を入れ替えて、洗剤残りがないよう、きちんとすすぎましょう。

 

⑥衣服を取り出して、脱水します。洗濯機の脱水にかけて、1分以内にすぐ取り出してください。

 

手で絞る場合は、お団子状に丸めて、軽く絞った後に、バスタオルなどに包んで水気を切るといいです。

 

 

トリアセテートのアイロン掛け

洗濯ジワをなくすには

洗濯するときには、次の点に注意すれば、シワが付きにくくなります。