【野球グローブのカビ・臭い】取り方や匂い対策、消臭方法、内側の手入れ



 

野球用の革製グローブは、練習の砂や泥、汗、雨などの過酷な環境を耐え抜いています。

 

手入れを怠ると、カビ臭が発生することや型崩れやひび割れを発生させることもあるでしょう。

 

革製のグローブは頻繁に買い替えられる値段ではありませんし、できるだけ綺麗に長持ちさせて使いたいものです。

 

お子様が日々頑張って使っている物ともなると、汚れを落としてあげたいと思ってしまいますね。

 

本記事では、野球グローブの汚れや臭いの取り方、日々のお手入れ方法について紹介しています!

 

基本的なお手入れ方法

 

革製グローブは手の安全を守るために頑丈に作られています。

 

そのため、通気性が悪く、雑菌の繁殖源になりやすいでしょう。

 

しかし、革製なので衣類のように簡単に水洗いして汚れを落とせません。

 

使用後のこまめなお手入れが重要になってくると言えるでしょう。

 

お手入れ方法(外側)

外側は泥や砂が付着して黒ずみやすい場所です。

 

また、内側の手汗が滲んで汚れが発生する場合もあります。

 

プロ野球選手の中には10年以上、1つのグローブを使い続けている方もいらっしゃいます。

 

汚れをこまめに取り除いておけば、長持ちさせることができるということですね。

 

◆必要な物

・柔らかめの布やブラシ

 

・スポンジ

 

・専用オイルやクリーム

 

・ツヤ出しクリーム(※必要に応じ)

 

手順

①野球グローブについた汚れを柔らかい布やブラシで拭き取ります。

 

 

②スポンジや布を使ってグローブ全体に専用オイルやクリームを塗りましょう。

 

傷んだ部分や潤いがなくなった箇所は念入りに塗るようにします。

 

塗りすぎるとグローブを重くし、寿命を縮める原因になるので注意しましょう。

 

 

③ツヤ出しクリームをスポンジに少量つけて薄くのばします。

 

毎日行う必要はなく、週に1回程度で大丈夫です。

 

 

④日陰干しでしっかり乾燥させましょう。

 

 

お手入れ方法(内側)

野球グローブの内側は手汗が溜まって汗臭く、湿気や皮脂汚れによって雑菌が繁殖しやすいですね。

 

下記の方法を試して、お手入れしましょう。

 

マイクロファイバー製品で水拭きする

水に濡らして固く絞ったマイクロファイバー製の手袋をグローブの下にはめれば、内側の汚れを綺麗に取り除けます。

 

手袋タイプがあれば簡単で便利ですがない場合はマイクロファイバーのタオルを細くねじり、指先や手の甲に当てながら拭いても大丈夫です。

 

拭き終わった後は風通しが良い日陰干しで乾燥させましょう。

 

 

グローブ内側専用のお手入れ用品を利用する

スポーツメーカーから発売されている、内側専用のお手入れ用品を利用しても良いでしょう。

 

 

お手入れ方法(外側+内側)

内側も外側も汚れが気になるので水洗いしたい…という場合は、最終手段として革製品専用洗濯洗剤で手洗いしてみましょう。

 

ただし、革製品を水洗いすると型崩れや縮みを起こす可能性や、乾燥までに時間がかかるためカビてしまう可能性があります。

 

洗った後は、しっかり内部まで乾かすことが重要になるでしょう。

 

洗った後は水気をタオルでしっかり拭き取り、指の間に新聞紙を詰めるなどして早く乾燥させる努力をしましょう。

 

詳しい洗い方は洗剤の表示項目を熟読した上で、自己責任で行って下さいね。

 

注意
手洗いよりも強い力で洗浄する洗濯機は革を傷め、ひび割れや型崩れを招きかねません。

 

洗濯機や乾燥機は使用しないようにしましょう。

 

 

 

カビの落とし方

 

革製品に起こりがちなのがカビの発生です。

 

皮脂や手汗を吸収した野球グローブは衣類などに比べてもカビが繁殖しやすいといっても過言ではないでしょう。

 

しばらく放置していたら、出した時に白カビがびっしりついていた…ということにもなりかねません。

 

カビを発見した場合は、繁殖が進まないように早めに対処しましょう。

 

表面にカビが発生している場合

表面のカビが内部へ浸透しないよう、カビ菌の根を早めに取り除いておきましょう。