【鞄・バッグの臭い取り】重曹などを使った消臭方法を紹介【ナイロンバッグなどの臭い消し】



 

本記事では、鞄やバッグの臭い取り方法を紹介しています

 

手軽にできる消臭方法

陰干し

買ったばかりの鞄の臭いなど、ちょっとした臭いならば、陰干しで消すことができます。

 

陰干しは、風通しが良く、屋根がある日陰で行うのがいいです。たとえば、ベランダや軒下、窓を開け放した縁側などがお薦めです。直射日光の当たる場所はNGです。

 

①ファスナーやボタンを開けて、鞄の口を大きく開きます。

 

②布製などの軽い鞄は、ピンチハンガーやズボンハンガーなどに吊します。革製などの重たい鞄は、ビニールシートを敷いた上などに置きます。

 

③臭いが消えるまで、何日か干しておきます。干しっぱなしにせず、毎晩、家の中に仕舞い、翌朝干し直すことを繰り返してください。

 

水拭き

食べ物がこぼれたことによる臭いは、水拭きでさっと消すことができます。水拭きでは、固く絞ったタオルで、鞄の中を軽く拭き取ってください。ここで、鞄に水気が残ったまま、物を入れてしまうと、生乾きの嫌な臭いが発生しやすくなります。水拭きの後は、鞄の中をよく乾かしてから、使うようにしましょう。

 

ウェットティッシュ

お手ふきシートなどのウェットティッシュで、鞄を拭き取るのもOKです。ウェットティッシュは、除菌作用のあるアルコールタイプのものがお薦め。臭いを消し去る効果が高く、拭き取った後の乾きも早いです。

 

 

消毒用アルコール

消毒用アルコールで拭き取ると、さらに消臭効果が高まります。ただし、鞄の素材によっては、アルコールの成分が強く当たり、変色や変質に繋がることがあるので注意しましょう。手指の消毒用に売っている、アルコールジェルなどを利用するのもOKです。

 

 

出がらしで消臭サシェ

コーヒーやお茶の出がらしで、消臭サシェを作ることができます。

 

①コーヒーやお茶を煎れた後の出がらしは、新聞紙の上などに広げて、天日干しで乾かします。オーブントースターで乾かすと時短できます。

 

②出がらしがカラカラに乾いたら、袋に詰めてサシェにします。袋の代わりに、お茶パックや、排水口のゴミ取りネットなどを利用してもOKです。

 

消臭効果が高い炭は、鞄の臭い消しにも活躍します。炭は軽いので、日頃から鞄に入れておくにも手ごろです。消臭用の炭では、細かく割ったものや、かわいい袋に詰めたものなどが売っています。

 

 

消臭スプレー

ファブリーズなどの消臭スプレーは、鞄の臭いにも効果的。鞄にさっと吹き掛けるだけで、すぐに臭いが消えるので便利です。消臭スプレーは、カーテンやソファーに使用できるので、布製やビニール製のバッグならば問題なく使えます。

 

 

重曹を使って臭いを取る!

消臭作用のある重曹を使って、鞄の臭い消しができます。