【中敷き(インソール)の洗い方】中敷きの洗濯方法!靴(スニーカー)の中をキレイに!

スポンサーリンク

 

靴を洗濯するときに以外の見落としがちなのが中敷き(インソール)です。

 

本記事では、インソールを洗濯するときに知っておきたいこと洗濯機での洗い方手洗い方法を紹介しています。

 

中敷きの洗濯

洗濯できる?

中敷きは洗濯可能です。

 

ただし、クッション性の高い中敷きには、水に弱いポリウレタンが使用されている可能性もあるので注意しましょう。

 

ポリウレタンが含まれている場合は、以下の点に注意しましょう。

 

・常温の水(25℃程度)を使用する

 

・中性洗剤を使用する

 

・脱水時間を短めにする

 

中敷きの素材にかかわらず、多少の生地へのダメージは覚悟した上で洗濯しましょう。

 

洗濯するメリット

中敷きは、体温と汗により高温多湿になりやすく、雑菌が繁殖しやすい環境です。

 

足裏から出た汗や皮脂がエサになるので、放っておくとニオイの原因菌が増殖し悪臭の元になります。

 

中敷きを洗濯することにより衛生的な状態にできるので、靴の中や足の臭い対策となります。

 

中敷きを洗ってキレイにして、衛生的で臭いの気にならない環境を作りましょう。

 

臭い対策

臭いが気になる場合は、粉末の酸素系漂白剤を使用しましょう。

 

汗や皮脂汚れはタンパク質(酸性)なので、粉末酸素系漂白剤(アルカリ性)が効果的です。

 

ちなみに、液体の酸素系漂白剤は粉末のものと異なり酸性となります。

 

重曹でも代用できるので、ご自宅に重曹がある場合は重曹水で浸け置いてから洗うとよいでしょう。

 

塩素系漂白剤はアルカリ性ですが、生地への負担が大きいのであまりオススメできません。

 

 

使用する洗剤

生地へのダメージを最小限に抑えたい場合は、中性洗剤(オシャレ着用洗剤)がオススメです。

 

 

中敷きには汗や皮脂だけでなく、砂や泥が付着している場合もあります。

 

砂や泥は不溶性汚れに分類され、繊維の中に入り込んでしまうと落としにくい特徴があります。

 

そんな不溶性の汚れに効果を発揮するのが固形石鹸です。

 

固形石鹸を表面に塗ってこすることで、厄介な不溶性の汚れを掻き出すことが可能になります。

 

固形石鹸よりも楽に不溶性の汚れを落とせるのが、泥専用洗剤です。

 

洗濯機で洗う前に水やぬるま湯に洗剤を溶かして、その中に洗濯物を1時間浸け置き、あとは通常通り洗うだけです。

 

酷い泥汚れや黒ずみでもしっかりと落ちるので、困っている方には特にオススメしたい洗剤です。

 

 

【靴紐の洗い方】靴ひもの汚れの落とし方や洗濯方法を紹介!

 

スポンサーリンク

 

中敷きの洗い方

洗濯機での洗い方

楽に洗濯したい方は、洗濯機で洗ってみましょう。

 

◆用意するもの

・洗濯洗剤

 

・洗濯ネット×2

 

・粉末酸素系漂白剤(臭いが気になる場合)

 

洗濯ネットは2つ用意し、片方ずつに分けて洗濯すると、洗濯中に生地同士がこすれてしまうのを防ぐことができます。

 

生地へのダメージを気にしない場合は、一緒に1つの洗濯ネットに入れてもよいでしょう。

 

◆手順

①中敷きを左右で分けて、洗濯ネットに入れます。

 

 

②洗濯機に①をセットして、水を溜めます。

 

酸素系漂白剤を使用する場合は、このタイミングで適量加え、しっかりと溶かします。

 

浸け置きは30分以上行いましょう。

 

 

③通常通りの方法で洗濯し、短時間(30秒~1分)で脱水します。

 

 

④風通しがよく、直射日光の当たらない場所でしっかりと乾かします。

 

洗濯ばさみで挟んで干すと跡が残ってしまうので、どこかに置いて乾かすことをオススメします。

 

手洗い方法

生地に負担をかけたくない場合は、手洗いで優しく洗いましょう。

 

◆用意するもの

・中性洗剤

 

・ぬるま湯(または水)

 

・中敷きを洗うときに使用する容器(洗面器など)

 

・大き目のタオル

 

◆手順

①容器にぬるま湯(または水)を張り、中性洗剤を適量加えて混ぜます。

 

 

②①に中敷きを浸け、揉んだり振るようにして洗います。

 

 

③ぬるま湯を入れ替えながら、泡が出なくなるまですすぎます。

 

 

④すすぎ終えたら持ち上げて水を切り、タオルで挟んで水分を吸い取ります。

 

洗濯ネットに入れ、洗濯機で(30秒~1分)脱水してもよいでしょう。

 

 

⑤風通しの良い場所で陰干しして乾かします。

 

【靴紐の洗い方】靴ひもの汚れの落とし方や洗濯方法を紹介!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆中敷きは洗濯可能(ポリウレタンが使用されている場合は注意する)

 

◆靴の中は雑菌が活発になりやすいので、洗濯して衛生的にするのがよい

 

◆粉末酸素系漂白剤を使用すると、臭い対策として効果的

 

◆生地へのダメージを最小限に抑えたい場合はオシャレ着用洗剤がオススメ

 

◆砂や泥汚れが酷い場合は泥専用洗剤がオススメ

 

◆洗濯機での洗い方

①洗濯ネットに入れて洗濯機にセットする

②通常通り洗い、短時間で脱水する

③風通しの良い場所で陰干しする

 

◆手洗い方法

①容器にぬるま湯を張り、中性洗剤を加えて混ぜる

②中敷きを浸け、優しく洗う

③ぬるま湯を入れ替えながらすすぐ

④容器から取り出し、タオルで挟んでドライする

⑤風通しの良い場所で陰干しする

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク