【革製品の洗濯方法】自宅での洗い方!洗濯してしまったときの対処方法も紹介!



 

本記事では、革製品の洗い方やうっかり洗濯してしまった時の対処方法を紹介しています。

 

洗濯方法

革小物の洗い方

◆小銭入れやキーホルダーに

まずは、ちょっと手荒に洗う方法からご紹介を。小銭入れやキーホルダーなど、安くて気軽な小物を、さっと洗うときにお試しください。

 

用意するもの

・オイル(馬脂など)

・シャンプー(弱酸性など、地肌に優しいものが好ましい)

・洗面器

 

洗い方

①レザー製品に、オイルを塗り込みます。オイルを塗っておくと、レザーが水分を、必要以上に吸い込むことを防げます。指の腹などを使って、ゴシゴシと擦り込むようにして、オイルを塗り広げましょう。

 

②洗面器に水を張ってから、シャンプーを溶かします。シャンプーの量は、いつも髪を洗うときに使う量ぐらいでOK。

 

シャンプーを水に入れたら、手でジャブジャブと水をかき混ぜて、よく泡立てましょう。

 

③レザー製品に、流水を掛けます。水道水から直接、ジャーと水を掛ければOKです。

 

④②の洗面器に、レザー製品を浸します。指の腹を使って、レザー表面を軽くこすって、汚れを落としてください。

 

この作業では、長居は禁物。長々と水に浸けていると、レザーが水を吸ってしまいます。数十秒から1分以内を目安に、切上げましょう。

 

⑤流水を掛けて、洗剤を洗い流します。その後、型崩れがしないように気を付けて、干して乾かします。

 

⑥レザーが乾いたら、オイルを塗り込みます。

 

ちなみに、レザーが乾き切る前、まだ水気が残るうちにオイルを塗ったほうが、レザーの質感が柔らかくなります。

 

革ジャンの洗い方

革ジャンでは、普通の衣服と同じように洗えるものがあります。ただし、一般的には、ドライクリーニングに出すほうが安心。縮みや伸び、型崩れなどが生じるリスクはあることを、肝に銘じておいてください。

 

用意するもの

・おしゃれ着洗い洗剤(エマールなど)

・大きめのたらいか桶

・バスタオル

 

洗い方

①たらいに水を張ってから、おしゃれ着洗い洗剤を溶かします。

 

②革ジャンは、たらいに収まるように、軽く畳んでおきます。革ジャンを、①の中に浸してください。

 

③手のひらを使って、優しく押し洗いをします。

 

④1分程度で切上げて、すすぎ洗いをします。たらいの水を2~3回張り替えて、洗剤をきれいに落としてください。

 

⑤水から出して脱水します。バスタオルを広げて、濡れたまま革ジャンを包み込みます。

 

手のひらでポンポンと叩いて、水気を吸い取らせてください。

 

また、バスタオルで包んだまま、洗濯機で脱水に掛ける方法もあります。

 

この場合は、数十秒で取り出してください。

 

⑥平干しネットなどを使い、型崩れがしないようにして乾かします。

 

乾いたら、レザー用のオイルやトリートメントなどを塗り込んでおきましょう。

 

革靴の洗い方

革靴やブーツなどは、レザーシャンプーを使って洗うのが安全です。レザーの水洗い用に開発されたシャンプーなので、皮革を優しく洗うことができ、劣化しにくいです。もちろん、ベルトや鞄などのレザー製品を洗うときにも活用できます。

 

用意するもの

・レザーシャンプー