【革製品の洗濯方法】自宅での洗い方!洗濯してしまったときの対処方法も紹介!



 

本記事では、革製品の洗い方やうっかり洗濯してしまった時の対処方法を紹介しています。

 

洗濯方法

革小物の洗い方

◆小銭入れやキーホルダーに

まずは、ちょっと手荒に洗う方法からご紹介を。小銭入れやキーホルダーなど、安くて気軽な小物を、さっと洗うときにお試しください。

 

用意するもの

・オイル(馬脂など)

・シャンプー(弱酸性など、地肌に優しいものが好ましい)

・洗面器

 

洗い方

①レザー製品に、オイルを塗り込みます。オイルを塗っておくと、レザーが水分を、必要以上に吸い込むことを防げます。指の腹などを使って、ゴシゴシと擦り込むようにして、オイルを塗り広げましょう。

 

②洗面器に水を張ってから、シャンプーを溶かします。シャンプーの量は、いつも髪を洗うときに使う量ぐらいでOK。

 

シャンプーを水に入れたら、手でジャブジャブと水をかき混ぜて、よく泡立てましょう。

 

③レザー製品に、流水を掛けます。水道水から直接、ジャーと水を掛ければOKです。

 

④②の洗面器に、レザー製品を浸します。指の腹を使って、レザー表面を軽くこすって、汚れを落としてください。

 

この作業では、長居は禁物。長々と水に浸けていると、レザーが水を吸ってしまいます。数十秒から1分以内を目安に、切上げましょう。

 

⑤流水を掛けて、洗剤を洗い流します。その後、型崩れがしないように気を付けて、干して乾かします。

 

⑥レザーが乾いたら、オイルを塗り込みます。

 

ちなみに、レザーが乾き切る前、まだ水気が残るうちにオイルを塗ったほうが、レザーの質感が柔らかくなります。

 

革ジャンの洗い方

革ジャンでは、普通の衣服と同じように洗えるものがあります。ただし、一般的には、ドライクリーニングに出すほうが安心。縮みや伸び、型崩れなどが生じるリスクはあることを、肝に銘じておいてください。

 

用意するもの

・おしゃれ着洗い洗剤(エマールなど)

・大きめのたらいか桶

・バスタオル

 

洗い方

①たらいに水を張ってから、おしゃれ着洗い洗剤を溶かします。

 

②革ジャンは、たらいに収まるように、軽く畳んでおきます。革ジャンを、①の中に浸してください。

 

③手のひらを使って、優しく押し洗いをします。

 

④1分程度で切上げて、すすぎ洗いをします。たらいの水を2~3回張り替えて、洗剤をきれいに落としてください。

 

⑤水から出して脱水します。バスタオルを広げて、濡れたまま革ジャンを包み込みます。

 

手のひらでポンポンと叩いて、水気を吸い取らせてください。

 

また、バスタオルで包んだまま、洗濯機で脱水に掛ける方法もあります。

 

この場合は、数十秒で取り出してください。

 

⑥平干しネットなどを使い、型崩れがしないようにして乾かします。

 

乾いたら、レザー用のオイルやトリートメントなどを塗り込んでおきましょう。

 

革靴の洗い方

革靴やブーツなどは、レザーシャンプーを使って洗うのが安全です。レザーの水洗い用に開発されたシャンプーなので、皮革を優しく洗うことができ、劣化しにくいです。もちろん、ベルトや鞄などのレザー製品を洗うときにも活用できます。

 

用意するもの

・レザーシャンプー

・スポンジ

 

洗い方

①革靴などは、紐などの付属品を取ってから、水に濡らしておきます。

 

②スポンジに水を含ませてから、レザーシャンプーを適量付けて、揉み込みます。スポンジが泡立ったら、革靴などに付けて、優しくこすり洗いしてください。

 

③汚れが落ちたら、流水で洗剤を流してください。

 

④乾いた布で、水気をよく拭き取ってから、陰干しで乾かします。

 

乾いたら、レザークリームなどを塗っておきましょう。

 

 

誤って洗濯した場合の対処法

 

レザーパンツや手袋などは、うっかりと洗濯してしまうことがあるかもしれません。

 

レザーによっては、合成繊維などと見分けがつきにくいものがあり、間違って洗ってしまうことはありがちです。そ

 

して、もし間違って洗濯してしまったときには、すごく焦ると思います。

 

ですが、きちんと対処しておけば、レザーが受けるダメージを最小限に抑えることができますよ。

 

焦らずに、次のとおり対処しましょう。

 

対処方法

①バスタオルを何枚か用意して、濡らしてしまったレザー製品の水気を拭き取ります。

 

衣服や帽子などは、バスタオルの中に包み込み、手で押さえながら水気を吸い取らせるようなかたちで。

 

小物やベルトなどでは、細かい隙間などに水気が残りやすいです。

 

レザー製品を何度も振って、水気をよく落としながら、タオルで脱水しましょう。

 

 

②水気が取れたら、陰干しで乾かします。

 

日の当たる場所は、変色やひび割れに繋がるため、絶対にNG。必ず、風通しのいい日陰で乾かしてください。

 

③レザー用クリームやトリートメントを塗り込みます。クリームなどで栄養補給をしておくと、水に濡れたことによる劣化をくい止めることができます。

 

 

 

レザーは洗えるの?

こんなにあるレザー製品

レザーとは、動物の皮革でできた素材のこと。レザーはいろいろなものに利用されて、レザー製品として売られています。たとえば、レザー製品といえば、鞄や財布、手帳などの小物がよく思い付くでしょうか。ベルトや手袋、帽子など、身に付けるグッズにも、レザー製のものは多いです。

 

そして、レザー製といえば、革ジャンやスタジャン。スタイリッシュな洋服が好きな人は、レザー製のパンツやスカートなどを持っていることもあるでしょう。

 

また、誰もが持っているものと言えば、革靴です。一般的な革靴のほかに、パンプスやスニーカーなども、レザー製であるものが多いです。

 

レザーは水洗いしないもの?

◆洗う=汚れを落とす

レザーを洗う、と一言で言っても、実際にジャブジャブと洗う人は少ないのではないでしょうか。そう、一般的には、レザーは洗いません。レザーを洗うと言うとき、水洗いを指しているというより、汚れを落とすという意味合いで使っていることが多いです。

 

◆から拭きが基本

レザーには、レザーに適した汚れの落とし方があります。基本的には、レザークリーナーなどを使って、から拭きで汚れを落とすこととなります。レザークリーナーとは、クリーム状やジェル状となっており、これらを塗ってこすることで、ほとんどの汚れは落とすことができます。

 

◆普通は水洗いしないけど・・・

レザーは、普通は水洗いしません。それどころか、水洗いは絶対に禁止!という考え方が一般的です。ですが、レザーは本当に、水洗いはできないのでしょうか? 実は、レザーと水は、決して相性がいいとは言えませんが、絶対に受け付けない関係というわけではないのです。言ってしまえば、お薦めはできないが、細心の注意を払えば、水洗いできないことはないです。

 

◆水に浸しても大丈夫

レザーを水洗いしてもいいなんて、ちょっと意外に感じるかもしれません。ですが、レザークラフトをやったことがある人ならば、思い当たる節はありませんか。実は、レザーは、レザー製品に加工するまでの過程で、何度も水に浸しているのです。レザーを染色したり、レザーに型押しするという作業には、水に浸すことは欠かせません。ですので、水に浸したとたんに、レザーが使い物にならなくなるわけではないのです。

 

◆「水洗いできない」と言われる理由

レザーが水洗いできないとされる理由に、皮革が劣化してしまうことがあります。具体的には、レザーの表面が、ゴツゴツと手触りが悪くなったり、ガサガサしてひび割れが起きてしまいます。そして、皮革は、水に浸けることで柔らかくなり、伸びたり、形が歪んだりします。靴や鞄のように、レザーに独特のシェイプを付けて作られているものでは、型を保てず、ぺしゃんこに潰れてしまうことがあります。

 

どうしても水洗いしたい場合

◆水洗いしたくなるケース

それでも、どうしてもレザーを水洗いしたいと思ったこと在りませんか? たとえば、レザー製の小物に、タバコの臭いが染み付いてしまったとき。手袋や鞄を、泥水の中に落としてしまったとき。レザークリーナーを使っても、レザーに染み込んだ臭いや汚れは、なかなか落とせないことがあります。また、子どもがいる家庭でありがちなのが、ランドセルを用水や下水溝に落としてしまったというケース。頑固な汚れと悪臭が付き、から拭きぐらいでは落とし切れません。

 

◆水洗いしやすいレザー製品

レザー製品をもし、家庭で洗濯するとしたら、財布などの小物は比較的洗いやすいです。ほかには、革ジャンやレザーパンツなど、衣服に加工されているもの。手袋や帽子などの身に付けるものも、洗いやすいでしょう。一方、鞄や靴などは、型崩れしやすいため、水洗いするときには注意が必要です。