【革製品の洗濯方法】自宅での洗い方!洗濯してしまったときの対処方法も紹介!


スポンサーリンク

 

「革製品をうっかり洗濯してしまった!」

 

「汚れてきたけど洗濯していいの?」

 

など、革製品の洗濯に関することでお困りではないですか?

 

本記事では、革製品を洗濯してしまった時の対処法革製品の洗濯方法・お手入れの仕方を紹介しています。

 

洗濯してしまったときの対処方法

 

革靴や革ジャン、革財布、革ベルトの時計など、日常的に革製品を所持する機会はたくさんあり、誤って洗濯してしまうことも珍しくありません。

 

洗濯してしまうと、ゴワついたり、見た目や手触りが悪くなったり、水に触れた部分がしみになることもあります。

 

洗濯してしまったら、すぐに対処しましょう。

 

◆必要なもの

・タオル2~3枚

 

・革製品専用クリーム

 

 

◆手順
注意
使用するクリームによっては革製品との相性がよくない場合もあるので、目立たない部分に塗って色落ちしないか確認しておきましょう。

 

①濡れた革製品タオルで包み、水分を吸い取ります。

 

 

②直射日光の当たらない風通しのよい場所で自然乾燥をさせます。

 

ドライヤーや乾燥機を使うと生地に負担がかかってしまうので控えましょう。

 

 

③革製品用のクリームを付け、タオルで優しく塗りこんで完了です。

 

スポンサーリンク

 

洗濯方法

自宅で洗える?

革製品は「水洗いができない」とされています。

 

水を使って洗濯することで、しみや変色、色落、型崩れ、劣化などのリスクがあるためです。

 

ただし、革製品にあった洗剤を使用することで、上記のリスクにも配慮した生地に優しい洗濯を行えます。

 

洗剤

●エマール・アクロン

おしゃれ着洗剤として知られるエマールアクロンは、革製品に使用しても傷みにくいのが特徴です。

 

オシャレ着用洗剤を用い、手洗いでダメージを最小限にして洗いましょう。

 

●シャンプー

革製品用の洗剤として、レザーシャンプーが販売されています。

 

スポンジとシャンプーがセットになった、革製品の洗濯には欠かせない商品です。

 

 

●レザーウォッシュ

革製品を水洗いするために生まれたのがレザーウォッシュです。

 

革部分の保護しながら、水洗いによるダメージを減らすことで、自宅での水洗いを可能にしました。

 

皮革洗剤と柔軟仕上げ剤のセットとなります。

 

 

洗濯機

手軽に洗濯したいという方には、洗濯機での洗濯をオススメします。

 

手洗いよりも生地に負担がかかてしまうデメリットもありますが、効率的にしっかり汚れを落とせるのがグッドポイントです。

 

◆必要なもの

・レザーウォッシュ

 

・大きめのタオル(ドライ用)

 

・洗濯ネット

 

 

◆手順

①革製品の付属品(取り外せるもの)を取り外します。

 

 

②洗濯物のサイズに合った洗濯ネットに入れ、洗濯機にセットします。

 

 

③手洗いコースなどに設定し洗剤を入れて洗い、柔軟剤仕上げ剤を入れて仕上げます。

 

 

④洗濯機で30秒間脱水するか、脱水前に取り出してタオルで挟んでドライします。

 

 

⑤直射日光の当たらない風通しの良い場所で、形を整えて干します。

 

手洗い

◆必要なもの

・洗うための容器(バケツ、洗面器など)

 

・レザーシャンプー

 

・スポンジ(商品の付属品)

 

・ゴムまたはビニール手袋(手荒れが心配な方)

 

・大きめのタオル(ドライ用)

 

 

◆手順

①革製品の付属品(取り外せるもの)を取り外します。

 

 

②容器に水を張り、洗濯物を浸けます。

 

 

③スポンジに水を含ませ洗剤を付け、揉んで泡立てます。

 

 

④③で洗濯物を優しくこすり、洗っていきます。

 

 

⑤容器の水を入れ替え、泡が出なくなるまでよくすすぎます。

 

 

⑥すすぎ終えたら、容器から持ち上げて水を切り、タオルで挟んでドライします。

 

 

⑦風通しがよく直射日光の当たらない場所で干して乾かします。

 

シワや型崩れを防止するため、形を整えて干しましょう。

 

お手入れ

洗濯や手洗いといった水洗いをしない手入れも革製品のケアには大切です。

 

市販の専用のクリーナーを使用して、革の状態を整えてあげましょう。

 

◆必要なもの

・柔らかい布 2枚

 

・革製品用クリーナー

 

 

◆手順
注意

クリーナーを使用する前に、目立たない部分で色落ちテストを行ってください。

 

革用のクリーナーであっても、色落ちするなど相性が悪いケースもあります。

 

①布にクリーナーを付けます。

 

 

クリーナーは直接 革製品に付けるのではなく、布に付けてから塗ります。

 

直接吹きかけると、色ムラができやすくなってしまいます。

 

 

②全体を拭き残しがないように優しく拭いていきます。

 

ムラができると見た目が悪くなってしまうので、丁寧に優しく拭きましょう。

 

 

③仕上げにもう一つのタオルで拭いて完成です。

 

 

まとめ

 

◆誤って洗濯したときの対処法

水分をタオルで吸い取り、自然乾燥させてから革専用クリームで保湿する

 

◆洗濯に使用できる洗剤

・オシャレ着用洗剤(エマール・アクロンなど)

・レザーシャンプー

・レザーウォッシュ

 

◆洗濯機での洗い方

洗濯ネットに入れ、レザーウォッシュを使って洗濯機で洗う

 

◆手洗い方法

水を含ませたスポンジでレザーシャンプーを泡立て、洗濯物を優しく拭き、水でしっかりとすすぐ

 

◆お手入れ方法

革製品用のクリーナーを柔らかい布に付け、ムラがないように全体を優しく拭く。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク