【ホットプレートの洗い方(非着脱式対応)】洗い方を紹介!


スポンサーリンク

 

焼き肉やお好み焼きといったホームパーティに欠かせないホットプレート

 

簡易的なものだとプレートが取り外しできないものがあり、後片付けが面倒ですよね。

 

今回はそんなホットプレートの洗い方をご紹介します。

 

基本的な洗い方

スポンサーリンク

 

ホットプレートはお酢などの酸調味料の塩分が残っていると、少しづつプレートのフッ素加工が腐食してしまうのでしっかりと洗いましょう。

 

プレートを外せるタイプ(着脱式)の洗い方

本体からプレートを外して、そのまま中性洗剤とスポンジで丸洗いしましょう。

 

使用直後にキッチンペーパーで大まかな汚れを拭き取ってしまうと洗う時に楽です。

使用後のプレートは熱いので火傷にご注意ください。

 

油汚れや焼き肉のたれが上手く取れない場合は、ぬるま湯に洗剤を溶かして、しばらく浸け置きします。

そうすることで汚れが浮いて洗いやすくなります。

 

洗い終わったら、布でプレートの水分をしっかり拭きとりましょう。

 

ホットプレートはテフロン加工されているものがほとんどです。

テフロン加工が剥がれてしまうのでたわしやクレンザーは使わないでください。

 

プレートを外せないタイプ(非着脱式)の洗い方

プレートを外せないタイプのホットプレートは、機械部分に水が入ってしまうので丸洗いできません。

ですので、プレートに水を注いで洗います。

 

①まず始めに、キッチンペーパーで汚れを拭き取ります。

 

②その後、少量の水をプレートの上に注ぎます。

この時、プレートの電源は入れたままにしましょう。

 

③注いだ水が沸騰したら、キッチンペーパーで水ごと汚れを拭き取ります。

これを数回繰り返しましょう。

 

水だけだと不安な場合は、中性洗剤を染み込ませたスポンジでプレートを拭きます。

プレート以外に洗剤がつかないように気を付けましょう。

 

④拭いた後はもう一度水を沸騰させて、キッチンペーパーで洗剤ごと拭き取りましょう。

 

焦げや臭いを取る方法と使用中の工夫

スポンサーリンク

 

浸け置きをしても中々焦げが取れない

擦らないで簡単に汚れを取りたい

 

そんなときに便利な方法後片付けを楽にする工夫をご紹介します。

 

氷を使う

電源を入れたホットプレートの焦げに氷を置いて溶かします。

 

焦げが浮いてきたらキッチンペーパーで拭き取ります。

先端の柔らかい樹脂製のヘラで優しく擦っても良いです。

 

水を使っても良いのですが、部分的な汚れには氷がオススメです。

 

重曹を使う

汚れが酷い時は、重曹を溶かした水を注いで、ホットプレートの電源を入れて沸騰させます。

沸騰したお湯に直接重曹を入れるのは危険なので、あらかじめ重曹を溶かした水を沸騰させます。

 

油汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹が中和してくれます。

また、重曹の発泡作用でプレートについた焦げを浮かせることができます。

 

汚れが浮いてきたら拭き取ります。

重曹の使用後は必ず水洗いしましょう。

 

 

お茶殻を使う

ホットプレート使用後、冷めないうちにお茶殻をプレートの上に撒いてしばらく置きます。

 

お茶殻が油汚れを吸収してくれます。

さらにお茶殻には消臭効果があるので、焼き肉の嫌な臭いなどを取ってくれます。

 

しばらく置いた後は、お茶殻を取り除いてホットプレートの種類別に洗いましょう。

 

アルミホイル・クッキングシートを使う

あらかじめプレートの上にアルミホイルやクッキングシートを敷いて料理するとプレートを汚さずに済みます。

 

特にフライパン用ホイルが使いやすいです。

ただし、アルミホイルやキッチンペーパーは破けたり焦げたりするのでこまめに取り替えましょう。

 

油汚れはこまめに拭き取る

使用中の油はキッチンペーパーでこまめに拭きとりましょう。

 

使用後の後片付けが楽になるだけでなく、テーブルに飛び散る油を減らすことができます。

テーブルに飛び散った油汚れも中々頑固なので、飛び散る油を減らすことで掃除がかなり楽になります。

 

さいごに

 

面倒な後片付けもちょっとした工夫で負担を軽減できます。

お食事中だけでなく使用後の後片付けも楽しめると良いですね。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク