【カナブンの駆除・対策】寄せ付けない方法や退治・撃退法など【洗濯物・家(部屋)の中・ベランダ】



 

本記事では、カナブンの駆除方法や寄せ付けない方法などを紹介しています。

 

カナブンを駆除・退治する方法

放置でもOK

◆知らんぷりで飛んでいく

カナブンには害がないため、もし見つけても、絶対に駆除しなければならないわけではありません。自分たちに直接の被害がなければ、知らんぷりをして放置しておけばOKです。近くに寄ってきたカナブンも、その場所に魅力がなければ、プイと離れて飛んでいってしまうでしょう。

 

◆駆除するときは生かしたままで

駆除する必要がないとはいえ、極度の虫嫌いの人にとっては、そばにカナブンがいるだけで気持ちが悪いかもしれません。部屋にカナブンが入ってきたときには、ブンブンと飛ぶ音が気になって眠れなくなることもあるでしょうし、ベランダを飛び交うカナブンが、洗濯物に留まったまま畳まれてしまうことだってあります。このようなときには、できるだけカナブンを虐めない方法で、そっと駆除しましょう。基本的には、カナブンを生かしたまま、外へ逃がす方法をお薦めします。

 

窓を開けて放置

部屋に入ってきたカナブンを駆除するときには、窓を開けて放置するのが、手っ取り早いです。真っ昼間では、とくに何もしなくても、開け放たれた窓から、外へと逃げて行ってくれることが多いです。風や光、匂いなどで、外界がある方向を感じ取っているのでしょう。

 

ティッシュでつまんで外に出す

カナブンがなかなか出て行かないときには、ティッシュでつまんで、外に出してあげましょう。壁に留まっているタイミングを狙って、背後からそっと近づき、ティッシュで優しく包みます。そのまま、窓の外に手を出して、ティッシュをブンと振れば、カナブンが飛んでいきます。

 

新聞紙ではらってビニール袋の中へ

ティッシュで包むのは、カナブンの感触がして気持ち悪い!という人は、ビニール袋の中に入れて捕まえてください。新聞紙や本を使って、壁に留まったカナブンを、ビニール袋の中に払い落とします。カナブンを入れたビニール袋は、口を開けたまま、外に放置しておけばOK。いつの間にか、カナブンが逃げて行きます。

 

光で誘導して逃がす

◆夜のカナブンに効果的

夜のカナブンには、光で誘導するのが効果的です。夜間に、部屋やベランダに入ってきたカナブンや、アウトドアで集まってきたカナブンに試してみてください。

 

◆逃がし方

いちど部屋の電灯を消して真っ暗にしてから、カナブンを導きたいほうへと電気を付けていきます。たとえば、窓から逃がす場合には、窓側にある照明を付けて、窓の近くへとカナブンを誘ってください。照明を分けて付けられないときには、懐中電灯やペンライトがあると便利。道しるべのように懐中電灯を照らしながら、窓側へとカナブンを誘導して、外へ逃がしてあげましょう。

 

蚊取り線香

蚊取り線香を焚いておくと、カナブンが近寄りにくくなるようです。蚊取り線香の煙には、虫が嫌がる臭いや成分が含まれています。一般的には、蚊を寄せ付けないための蚊取り線香ですが、蚊以外の虫にも、それなりの効果はあると言われています。カナブンがやってくるのは夏場が多いため、蚊除けのために蚊取り線香を焚いておけば、カナブン対策にもなるかもしれません。

 

コバエがホイホイ

虫駆除用として販売されているトラップで、カナブンをおびき寄せる方法があります。市販のトラップには色々なものがありますが、その中でも利用しやすいのが、コバエがホイホイなどの小バエ用トラップです。コバエがホイホイは、数百円と値段が安く、小ぶりなので置いておいても邪魔にならないです。ただし、小バエ用のトラップなので、落とし穴が小さく、トラップ内にカナブンを捕えるのは難しいです。コバエがホイホイにおびき寄せられたカナブンは、ティッシュで包んで、外に逃がしてあげましょう。

 

 

 はえ取り紙

ブンブンと飛び交うカナブンがうるさいときには、はえ取り紙を使ってみましょう。はえ取り紙とは、リボン状の長い紙に、粘着剤が付いたものです。天井や鴨居から吊しておくと、ハエなどの虫が、自ら粘着剤にぶつかってきて、捕えることができます。はえ取り紙の粘着は強いので、カナブンにも効果てきめん。いちど留まると、逃れることは難しいです。ただし、はえ取り紙で捕まえたカナブンは、外へ逃がしてあげることはできません。殺生するつもりで使ってください。

 

 

手作りトラップ

カナブン用のトラップを、手作りする方法を紹介します。

 

◆用意するもの

・空のペットボトル

・果汁ジュース

・砂糖(大さじ1~2杯)

・お酢(大さじ1~2杯)

・焼酎(大さじ2杯)

 

◆作り方

①ペットボトルの上部に、カッターを使って、大きめの穴を開けます。ここが、カナブンが入ってくる入り口となります。

②果汁ジュースに、砂糖、お酢、焼酎を混ぜ合わせます。