【コンクリートの掃除方法】汚れ・黒ずみ・カビの落とし方や道具(重曹、ハイターなど)



 

本記事では、コンクリートについた様々な汚れの落とし方を紹介しています。

 

様々な汚れの落とし方

 

泥汚れ

 

◆軽微な泥汚れ

台風が過ぎた後、玄関や駐車場、庭の塀などが泥まみれになっていたことありませんか。

 

土や泥などの軽微な汚れでは、コンクリートを水洗いするのが基本です。

 

汚れた部分に向けて、バケツにたっぷりの水を何回も撒きましょう。

 

ホースが届く場所ならば、ホースで流水を掛けて洗い流します。

 

◆こびり付いた泥汚れ

泥が乾いてこびり付いている場合には、デッキブラシなどを使って汚れをかき落とします。

 

デッキブラシは、塩ビやナイロン製などの柔らかい素材のものを使ってください。

 

泥などの汚れならば、流水を掛けながら軽くブラッシングするだけで簡単に洗い落とすことができます。

 

 

◆広範囲の泥汚れ

広範囲に頑固な泥汚れがある場合は、高圧洗浄機を使うのがお薦めです。

 

勢いよく吹き付けられる水が、頑固にこびり付いた汚れをみるみるうちに落としてくれます。

 

力を入れてブラッシングしたり、何度も水を撒くという面倒な作業が要らないので便利です。

 

 

 

鳥のフン

◆鳥のフンが付いたら

玄関やベランダに付着した鳥のフンは、放っておくと落としにくくなるので厄介です。

 

たとえば、電柱の近くの家やマンションのベランダなどでは、いつのまにかコンクリートが鳥のフンまみれになっていることもありますよね。

 

太陽でフンがカラカラに乾いてしまうとコンクリートにしっかりとへばり付いてしまい、落とすのが困難になります。

 

気付いたときにこまめに洗浄するのがフン落としの基本ですが、へばり付いてしまったフンはふやかすと落としやすくなります。

 

◆掃除方法

・準備

鳥のフンは、バイ菌がいっぱいです。

 

洗浄作業の前に、マスクビニール手袋を着用しておきましょう。

 

・フンをふやかす

鳥のフンをふやかして柔らかくします。

 

キッチンペーパーや雑巾にぬるま湯を含ませてから、フンの上に被せてしばらく放置します。

 

被せたキッチンペーパーや雑巾をフンから取り外すときには、すぐにゴミ袋に入れて縛ってから捨ててください。

 

・重曹を掛けてこする

フンの上に、重曹をたっぷりと振りかけてから、ブラシでこすり落としてください。

 

ブラシは使い古しの歯ブラシや食器用のタワシなどでOKです。

 

塀や地面など、少々の傷が付いても構わない場所のコンクリートなら、亀の子タワシでゴシゴシとこすると汚れが手早く落ちます。

 

 

・水で流す

フン汚れが浮いてきたら、水を掛けて流します。

 

まだ汚れが残っていたら重曹を足してブラシでこすり落とし、水で流すことを繰り返します。

 

水の代わりにお湯を掛けてこすると、フンが柔らかくなり汚れを掻き出しやすくなります。

 

油汚れ

◆油汚れの掃除

コンクリートに付いた油汚れは、なかなか落ちないものです。

 

これは、コンクリート表面の凹みの中に油が染み込んでしまっているからです。

 

コンクリートの油汚れは、汚れを浮き出させてからブラシで掻き出して落とす作業となります。

 

◆重曹を使った掃除方法

・重曹で油を浮かす

油汚れを浮かせるには、重曹を使うのが便利です。

 

重曹は、油汚れが見えなくなるぐらいたっぷりと振りかけてください。

 

その上に水を少し垂らして、ペースト状にしてしばらく置いておきます。

 

・ブラシでこする

ブラシなどでこすって、汚れを落とします。

 

頑固な油汚れは、重曹を付けて少しこすった後そのまま半日程度放置します。

 

その後、ブラシでこすり直すと汚れが落としやすくなります。

 

◆洗剤を使った掃除方法

・アルカリ性の洗剤を使う

重曹の代わりにアルカリ性の洗剤を使うこともできます。

 

たとえば、キッチン用マジックリンのような頑固な油汚れを浮かせて分解できる作用のあるものを使ってください。

 

油汚れの上に少し水と洗剤を掛け、数分置いておきます。

 

 

・ブラシでこする

ブラシなどを使って油汚れを掻き落とします。

 

こする方向を変えながら、小刻みにブラッシングすると効果的です。

 

その後、水やぬるま湯で洗い流して終了です。

 

黒ずみ

◆コンクリートの黒ずみ

古くなったコンクリートは、少しずつ黒ずみが出てきます。

 

黒ずみは雨や空気中の汚れなどを原因として生じるものであり、避けることはできません。

 

コンクリートならではの自然の風合いとして諦めるしかないのですが、どうしても気になる場合は漂白して黒ずみを落とす方法があります。

 

◆掃除方法

・準備

漂白剤を扱うため、ビニール手袋やマスク、眼鏡などで装備してください。

 

室内の場合は換気を行いながら作業しましょう。