【トビムシの駆除・対策方法】家の中(風呂場、水槽、観葉植物など)で大量発生!?【ぴょんぴょん飛ぶ虫(黒・白)】


スポンサーリンク

 

本記事では、トビムシの駆除・対策方法を紹介しています。

 

トビムシ

トビムシとは跳ぶ虫

トビムシとは、一年中、日本全国の至るどころに分布している、小さな虫です。トビムシと聞いてピンとこなくても、田舎や古い一軒家などで、ピョンピョンと跳ねている小さな虫に心当たりがある人もいるでしょう。そう、トビムシのトビは、飛ぶではなく、跳ぶなのです。

 

特徴や生態

トビムシの大きさは、1~2㎜がほとんど。大きくても3㎜以下です。色は、透明がかった白色や、赤褐色、黒色をしたものがよく見られます。主に、外の土壌で生活しており、田畑や池の周りなど、湿った場所を好むとされています。また、トビムシのエサとなるものは、落ち葉や朽ち木などです。土の中に潜むバクテリアや、カビなどの菌類も、トビムシの好物です。

 

害虫ではない

トビムシには毒がなく、人を噛むことがありません。そして、生きている草木やお花を食べないので、作物を荒らすこともありません。ですので、害虫とはされておらず、駆除しなくてもとくに問題のない虫です。というよりも、土の中のバクテリアを食べるトビムシは、植物にとって好ましい存在です。トビムシは土壌の分解を促し、土地を良い状態に整えてくれるという働きを担っているからです。

 

不快害虫と呼ばれることも

もしトビムシを駆除する必要があるとすれば、それは、お部屋にいると気持ち悪いということでしょうか。小さな虫がピョンピョンと、部屋を飛び交う姿は気持ちが悪く、不快です。そのため、不快害虫と呼び、駆除することを薦める業者もいます。

 

大量発生しやすい

トビムシが嫌われる理由に、大量発生しやすいことがあります。湿気の高い環境は、トビムシのお気に入りの場所。このようなジメジメした環境を見つけると、トビムシが集まってきては卵を産み付けて、一気に数が増えてしまうことがあります。そして、お家のどこかでトビムシが大量発生すると、ピョンピョンと飛び跳ねて、部屋じゅうを行き来しているうちに、家全体がトビムシだらけになってしまう恐れがあります。

 

生息場所

トビムシが発生する場所は、土がある所や、湿気がある所です。家の中だと、観葉植物などの植木鉢の中は、発生しやすいです。台所や風呂場などの水回りなども、湿気があるため、トビムシが住み着いてしまうことがあります。また、金魚や亀などの水槽があるときには、水槽の中でトビムシが発生することもあります。

 


スポンサーリンク

 

トビムシの駆除・対策方法

植木鉢に発生したトビムシ

◆屋外の植木鉢を、すぐに室内に入れるのはNG

屋外に置いてあった植木鉢を、なにげなく室内に入れていませんか。屋外に長く放置していた植木鉢には、いろいろな虫の卵が産み付けられていることがあり、トビムシも例外ではありません。気が付いたときには、成虫となったトビムシが、植木鉢から飛び出し、室内を跋扈する恐れがあります。そのため、外に置いてあった植木鉢を、すぐに部屋には置くのはNG。しばらく玄関などに置いてから、室内に入れるのがいいです。

 

◆駆除方法

・土を乾燥させる

植木鉢にトビムシを発見したときに、すぐに行いたいのが、土を乾燥させることです。わざわざ土を取り出さなくてもOK。植木鉢ごと、日の当たる場所に置いて、土がカラカラになるまで乾かしてください。湿気が好きなトビムシは、乾燥した土には興味がないので、どこかに逃げて行ってしまいます。

 

・土を入れ替える

土の奥深くまで、トビムシが侵食しているときには、土を入れ替えるのがスムーズです。植物が生えている植木鉢では、新しい土を入れた植木鉢へ、植物を植え替えることとなります。なお、入れ替える土は、ガーデニングや園芸用として売っているものを使うのがお薦めです。とくに、室内に置く植木鉢では、室内用などと表示された土を使ったほうが、清潔です。

 

 


スポンサーリンク

 

水槽に発生したトビムシ

◆水面や水槽の壁に発見!

まさかと思うでしょうが、水槽の中にもトビムシは発生します。出現するのは、水面ギリギリの水際のあたり。水槽の壁に身に寄せるようにして、ゆ~らゆ~らと漂っているものがあったら、トビムシの可能性があります。

 

◆水面で捕まえるのは困難・・・

水槽にいるトビムシは、捕まえようとすると、水面をピョンピョンと跳んで逃げ回ります。ですので、指でつまみ出したり、お茶碗ですくい取ろうとしても、捕まえるのは困難です。

 

◆ティッシュを使った駆除方法

①水槽内の水流を少なくするため、エアレーションなどは止めておきます。

②水槽の水面に、ティッシュを浮かべます。

③水槽の壁にいるトビムシを、浮かべたティッシュの上に誘導させてください。水槽を叩いたり、ティッシュでこそがしたりすると、驚いてティッシュの上に移動します。

④トビムシの上から、もう一枚、ティッシュを重ねてください。サンドイッチのように挟んだ状態で、ティッシュをさっと水面から引き上げます。

⑤ティッシュはビニール袋に入れてから、口を固く絞って捨ててください。

 

◆ヌメリを掃除する

水槽にトビムシが発生したときには、とにかく掃除することが大切です。水槽に、水垢などのヌメリが残っているかぎり、どこかからトビムシがやってきて、住み着いてしまう可能性があるからです。スポンジなどで水槽の壁をこすり、ヌメリをきれいに取ってから、水を入れ替えておくといいでしょう。

 

部屋に発生したトビムシ

◆指やティッシュで摘まみ出す

数匹程度のトビムシならば、指で摘まみ取るのが手っ取り早いです。直接触れることに抵抗がある人は、ティッシュで軽く摘まんでから、外に放り出すといいでしょう。

 

◆掃除機

・掃除機で一網打尽

お部屋の中でトビムシを発見したとき、とっさに対応できるのが、掃除機で吸い込む方法です。トビムシの逃げ足は速いですが、掃除機でビュンと吸い込めば、一網打尽!あっという間に退治できます。

 

・サイクロン式掃除機の注意点

サイクロン式の掃除機では、ゴミを取り出すときに、注意が必要です。まず、トビムシの死骸がたくさん入っているゴミは、少々グロテスクです。そして、ゴミを捨てようとカートリッジを開けたときに、まだ生きているトビムシが跳び出してくることがあります。一方、紙パック式の掃除機では、中身が見えず、吸い込み口からゴミが逆流しにくいため、トビムシを吸い込んでも安心です。

 

光で誘因

お家の中でトビムシが発生しており、夜になるとカサカサ動く音がする・・・というときには、常夜灯で誘引するのがお薦めです。ナイトライトなどを、ベッドから遠いコンセントに差しておくと、就寝中、トビムシに悩まされにくくなります。トビムシには、光に集まってくる習性があるので、ナイトライトの周りで一晩遊んでくれるでしょう。

 

 

◆蚊取り線香

蚊取り線香は、蚊以外の虫にも、少なからず効果があります。そのため、縁側や窓辺に、蚊取り線香を焚いておくと、お庭などからトビムシが侵入するのを防げることがあります。

 

◆ごきぶりホイホイ

トビムシが住み着きやすい台所や洗面所には、ごきぶりホイホイを置いておくのもいいでしょう。粘着シートの上に乗ったトビムシは、二度と離れることはできません。トビムシが大量発生したときには、面白いほどザクザクとトビムシを捕獲することができます。

 

 

殺虫剤

トビムシを一気に駆除したいときには、殺虫剤を使う手もあります。トビムシ相手にそこまで・・・という気もしますが、大量発生したときの気持ち悪さから逃れるためには、殺虫剤を使うのもやむを得ないでしょう。キンチョールなどの、スプレータイプの殺虫剤が使いやすいです。

 

バルサン

家中にトビムシが蔓延して、もう我慢ならないときには、バルサンを使ってみるといいでしょう。バルサンとは、煙で屋内の虫を退治する殺虫剤です。お出掛け前にバルサンを発煙させ、部屋を締め切っておくだけで、隅々まで煙が行き渡り、虫を駆除してくれます。トビムシの駆除には、バルサン・いや~な虫・不快害虫用がお薦め。また、煙が気になる人には、煙が少ない水タイプのバルサンも販売されています。

 

 

台所に発生したトビムシ

◆止水フタで侵入を防ぐ

トビムシが発生しやすい水回りのひとつ、台所。その中でも、シンクの排水口は、トビムシの侵入口となりやすい場所です。排水口からトビムシが侵入するのを防ぐには、フタをしておくのがお薦め。止水フタと呼ばれる、シリコン製のカバーが使いやすいです。シンクを使わないときには、止水フタを閉めておくだけで、トビムシの侵入を抑えることができます。

 

 

◆洗剤を塗っておく

排水口の周りに、洗剤を塗っておくと、トビムシが入ってこなくなります。シンクを使った後には、排水口の周りの水気を軽く拭き取り、食器洗い洗剤をぐるりと垂らしておくといいでしょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク