【トビムシ対策】トビムシの駆除方法を紹介

スポンサーリンク

トビムシとは

 

1mmから3mmくらいのピョンピョン跳ねる小さい虫を家の中で見かけたことはありませんか?

それはきっとトビムシです。

 

白や黒、赤、褐色のものがおり、主に土の中や水湿地、海岸などに生息しています。

そんなトビムシが、なぜ家の中や家の周りにいるのでしょうか。

 

トビムシは主に枯れ木や枯葉を食べています。

庭の樹木カビの中のバクテリア室内の観葉植物なども食べるため、家の外にも中にもトビムシの好む環境はあるのです。

 

トビムシは湿気が多い場所を好みます。

そのため湿気の多い梅雨時期には大量に発生する場合もあります。

 

トビムシは土壌を分解、促進して土をきれいにしてくれるというメリットがあり、人や動物には何の影響もありません。

しかし大量にいたり頻繁に現れたりすると不快な思いをするので、不快害虫と言われています。

 

トビムシの駆除方法

スポンサーリンク

 

直接殺虫剤を吹きかけて駆除

トビムシは、一匹いればほぼ確実に近くに何匹もいるといわれています。

 

たまに見かけるくらいでしたら、ティッシュなどでつまみ取って駆除すると簡単ですが、大量に発生している場合はスプレータイプの殺虫剤を直接吹きかけましょう。

トビムシ専用のものでなくても、だいたいの虫に効果がある殺虫剤でしたら効果があります。

 

部屋全体の殺虫をする

燻煙式の殺虫剤を使って、部屋全体の殺虫をする方法もあります。

殺虫剤がついてはいけないものには、カバーをして行いましょう。

 

場所別の駆除方法

スポンサーリンク

 

お風呂場での駆除方法

トビムシはぬめりがある場所を好みます。

常に水が溜まっている排水溝や、浴槽と壁の隙間などに発生することが多いです。

 

ぬめりを取る掃除をすることが、トビムシの駆除につながります。

汚れている場所などを、お風呂用の洗剤を使ってスポンジできれいにしましょう。

 

また、手やスポンジで掃除しにくい所には、泡タイプのカビ取り剤を使うと良いでしょう。

ぬめりを取り除いたら、またぬめりができないように対策をしましょう。

 

お風呂上がりに浴室全体に冷たいシャワーをかけて流すことで、ぬめりの原因である養分や水分、温度を抑えることができます。

 

水槽での駆除方法

水槽の中のテラリウムコケにも、トビムシは発生します。

 

トビムシが発生してしまったら、水槽の中を全てきれいに洗浄しましょう。

洗っても完全に駆除できない場合もありますので、心配な場合は、全て新しく揃え直しましょう。

 

 

鉢植えでの駆除方法

鉢植えにトビムシが発生した場合には、一番確実な方法は植え替えることです。

 

それが難しい場合には、湿っている土を一度乾燥状態にさせましょう。

土にトビムシがいるのを見たら、殺虫剤を吹きかけても良いでしょう。

 

駆除と対策

 

トビムシを見つけたら駆除することもよいですが、できれば家の中で増えたり、外から入り込ませたりしないように対策することも大切です。

 

完全に駆除するまでには時間がかかりますが、根気強く駆除対策を続けていればトビムシはいなくなります。

発生源を絶つことができたら、次は再発しないようにする必要があります。

 

トビムシの発生源や侵入経路を突き止めるのはなかなか難しいです。

水回りをきれいに保ち、トビムシが好む場所を作らないことが重要です。

 

生息しにくい環境作りを

 

いつの間にか家に入り込んでいたり、大量発生してしまったりするトビムシ。

 

トビムシがいるということは、居心地が良い場所があるということです。

害はないといえども、虫がいると良い気はしませんし、駆除するのも気が進むことではありません。

 

好みの場所があれば駆除をしてもまた発生してしまいます。

発生する前に家の中を見直して、トビムシが生息しにくい環境になる対策をしてみましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク