【タッパーの洗い方】臭いやカレーなどの色素沈着の取り方を紹介

スポンサーリンク

タッパーについた臭いの取り方

 

米のとぎ汁に浸ける

①お米をとぐときの、なるべく初めの濃いとぎ汁をタッパーに入れます

 

30分以上浸けておきやわらかいスポンジでこすってしっかりとすすいで完了です

 

塩と水で臭いを取る洗い方

濃度の高い塩水でかき混ぜると、浸透圧の関係で容器の臭いが取れます。

 

①タッパーの八分目くらいまで水を入れます

 

大さじ3杯の塩を入れて、3分ほどシェイクします

 

③一度で臭いが取れなければ繰り返し行います

 

④臭いが取れたら、普段通り洗剤を使って洗って完了です

 

重曹を使った臭いの取り方

<温めて使う方法>

①タッパーの底が隠れるくらい重曹を入れます

 

②タッパーの八分目くらいまで水を入れます

 

レンジで3分から5分ほど加熱します

※レンジによって加熱時間が異なりますので、様子を見ながら沸騰して2分経ように加熱します。

 

③水でしっかりすすいで完了です

※重曹水が熱くなっていますのでヤケドしないように気を付けましょう。

 

<つけ置きに使う方法>

①一度水でタッパーを濡らしたあと、多めに重曹を入れます

 

②フタをして、内側全体に重曹が付くように振ります

 

③そのまま一日から二日間放置して、臭いが取れたらきれいにすすいで完了です

 

氷を作って臭いを取る

タッパーに水を入れて凍らせます。

氷に臭いが移りますので、氷を捨てて臭いが取れるまでこれを繰り返し行います。

 

野菜クズを入れて臭いを取る

タッパーに野菜クズを入れてフタを閉めて、一晩おいておきます。

 

ドライヤーで温めて臭いを取る

①霧吹きでタッパーの内側を湿らせます

 

②手で触っていられるくらいの温度を保ちながら、離れた位置からドライヤーで温めます

※熱くなりすぎるとタッパーが変形してしまいますので注意して下さい。

 

③タッパーが乾いてまだ臭いが取れていなければ、また湿らせて臭いが取れるまで繰り返す。

 

タッパーの色素沈着の取り方

スポンサーリンク

 

歯みがき粉を使った洗い方

布に歯みがき粉を付けて、色素が沈着している部分をこすります

 

②色素が取れたら歯みがき粉を洗い流します

 

③普段通りに食器用洗剤で洗って完了です

 

レモンを使った洗い方

①色素が沈着している部分に、半分に切ったレモンを直接塗り込むか、絞ったレモン汁をたっぷり付けます

 

②そのまま日光に当てます

 

③色素が取れたらぬるま湯でしっかりと洗い流して完了です

 

漂白剤を使った洗い方

塩素系漂白剤を使うと、タッパーの容器自体が傷む可能性がありますので気を付けましょう。

 

①タッパーに50mlの液体漂白剤と、食器用洗剤を一滴、そして水を入れます

 

レンジで40秒ほど加熱します

※タッパーの中の液体が泡立ち始めるまで、様子を見ながら加熱しましょう。

 

③レンジでの加熱が終わったら、手で触ることができる温度に下がるまで放置します

 

④温度が下がったら、普段と同じように洗います

 

お茶の出がらしを使った洗い方

緑茶や紅茶の出がらしを、色素が沈着している部分にこすりつけます。

 

臭いや色素がタッパーにつかないように

スポンサーリンク

 

タッパーを使い終えたときは、なるべく早く洗うようにしましょう。

すぐに洗うことができない場合でも、すぐに洗い流すようにしましょう。

 

色素が強いものをタッパーに入れる場合は、入れる前にタッパーの内側にオリーブオイルなどのオイルを塗っておきましょう。

タッパー内側の表面を保護する働きがあります。

 

こまめなお手入れで長持ち

 

タッパーによく使われるプラスチックやパッキンなどのゴム類は、使っていても使っていなくても月日が経つにつれ劣化していきます。

 

臭いや色素がついて放っておくと、取れにくくなり劣化の促進にもつながります。

 

日頃からこまめにお手入れをして、きれいに使える状態が続くようにしましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク