【ポリプロピレン(PP)の捨て方】ゴミとしての分別や処分・廃棄方法【燃えるゴミ、プラスチックゴミ】



 

ポリプロピレン(PP)は加熱により成形・加工が可能になるので、様々な製品の素材として使用されています。

 

「ゴミ箱に捨ててもいいの?」「ゴミとしての出し方がわからない…」などお困りではないですか?

 

本記事では、ポリプロピレンのゴミとしての分類ごみとしての捨て方を紹介しています。

 

燃えるゴミとして捨てる

燃えるゴミになるか確認

◆自治体の分別を確認

「PP」と材質表示されているものは、一般的には、燃えるゴミ・燃やすゴミとして分別できます。燃えるゴミの例として、プラスチック類が含まれている自治体が該当します。お住まいの自治体が発行する広報やホームページ、町内会の回覧板などで、分別基準を確認してください。なお、分別基準については、自治体によって異なります。自分が居住地する地域の分別に従って、捨てましょう。

 

◆サイズを確認

燃えるゴミとして捨てることができるプラスチック類は、原則、ゴミ袋に入るサイズであることが多いです。自治体によっては、70㎝以下であるなど、対象となるサイズを細かく指定しています。ポリバケツなど、大きなものを捨てるときには、燃えるゴミの対象となるのかを、あらかじめ確認しておきましょう。

 

◆「プラ」マークがあるかを確認

「プラ」マークが表示されているものは、もちろん燃えるゴミには含めません。資源ゴミとして出して、資源を有効活用しましょう。ですが、「プラ」マークが付いているからと言って、絶対に、燃えるゴミに出してはいけないわけではありません。「プラ」マークのものであっても、油汚れなどが激しいものや、口が狭くて洗いにくいものは、燃えるゴミとして出してもOKです。また、ちょっとしたお菓子の袋などは、分別するのが面倒なので、燃えるゴミに混ぜている人も多いです。

 

燃えるゴミとなるプロピレンの例

「プラ」マークがないポリプロピレン製の製品は、プラスチック類として、燃えるゴミとなります。ちなみに、「プラ」マークがないプラスチック類とは、容器や包装ではない、商品そのものです。たとえば、洗面器やバケツ、子どものおもちゃ、ボールペンなどの文房具、プランターや植木鉢、食器やハンガーなどがあります。ちなみに、CDケースは、一見、ケースが包装のようにも思えますが、CDと一体化しているとみなし、容器包装には含まれません。ですので、CDケースやビデオケースなども、燃えるゴミとして分別されます。

 

捨て方

◆汚れたままゴミ袋に入れて

生ゴミなどと一緒に、ゴミ袋に入れて捨ててください。焼却して処分するので、汚れなどを洗わなくても大丈夫です。たとえば、腐った食材が入ったタッパーや、カビが生えた洗面器などを、汚れたままゴミ袋に突っ込んでもOKです。また、カミソリや折れたハンガーなど、ゴミ袋を破ったり、手をケガする恐れがあるものは、新聞紙などに包んでから捨てると安全です。

 

◆ゴミ袋に入れなくていい場合も

自治体によっては、ゴミ袋に入らないサイズのポリプロピレンを、ゴミ袋に入れずに捨てることができます。有料の指定ゴミ袋を使用している自治体では、よく見られる捨て方です。この場合は、ポリプロピレンのゴミに、自治体指定のゴミ袋を貼り付けてから、集積場に出してください。たとえば、ポリプロピレン製の収納ケースやプランターを捨てるときに、当てはまるケースです。

 

 

燃えないゴミとして捨てる

燃えないゴミとなる場合

ポリプロピレン製のゴミを、燃えないゴミ・燃やさないゴミとして分別することがあります。燃えないゴミに、プラスチック類が含まれている場合が当てはまります。このような分別は今では少なくなりましたが、まだ自治体によっては残っているところがあります。

 

捨て方

自治体の指示に従って、ゴミ集積場などに出しましょう。埋め立てゴミとして扱うため、さっと洗ってから出すのがマナーです。また、紐などで束ねたり、指定ゴミ袋を貼り付ける必要がある自治体もあります。詳しくは、お住まいの自治体にてご確認ください。

 

容器包装リサイクル(資源ゴミ)として捨てる

容器包装リサイクルとは

◆対象となるポリプロピレン

ポリプロピレン製ゴミのほとんどは、容器包装リサイクルの対象となります。この場合は、「プラ」マークが表示されているため、ポリプロピレン製と知らずに分別していることが多いです。たとえば、シャンプーや調味料のボトル、総菜や食品パック、お菓子の袋や商品のラッピングなどが当てはまります。

 

◆「プラ」マークが付いたものだけ

容器包装リサイクルでは、プラスチックを回収し、リサイクルして活用することを目的としています。対象となるゴミには、必ず「プラ」マークが表示されているので、このマークが付いたものだけを集めて出してください。反対に、容器や包装のように思えても、「プラ」マークが付いていないものは、対象外。燃えるゴミなどとして捨てることとなります。

 

捨て方

◆洗ってからゴミ袋へ

シャンプーボトルなど、中身が残っているものは、流水でよくすすぎます。ティッシュなどで、残ったものを拭き取ってもいいです。さっと汚れを落とせばOK。ベタつきがなくなるまで洗ったり、わざわざ洗剤で洗う必要はありません。軽く洗ったら、乾かして水気を取ってから、ゴミ袋に入れておきます。

 

◆月数回の資源回収に出す

容器包装リサイクルの対象となるゴミは、資源回収や資源ゴミとして、月に1~2回、回収されることが多いです。名称や回収回数は、自治体によって異なります。どちらにしろ、普通ゴミよりも回収回数は少ないので、ゴミ袋に入れてストックしておくことになります。回収日には、透明なゴミ袋に入れ、口を縛ってから出してください。

 

◆スーパーなどの回収ラックに出す

容器包装リサイクルの対象となるゴミは、近くのスーパーマーケットなどで回収していることがあります。この場合は、スーパーの出入り口や駐車場に、大きなラックが用意されています。たとえば、総菜や弁当パック、透明パック、ペットボトルなど、分別ごとにラックが分けられており、該当するラックに捨てることができます。スーパーの開店時間であれば、常時、ラックが出されていることが多く、こまめに捨てたいときにはとても助かります。

 

 

粗大ゴミとして捨てる

粗大ゴミになるか確認

◆サイズや材質で確認する

ポリプレピレン製ゴミには稀ですが、粗大ゴミとなる場合があります。粗大ゴミになるかどうかは、材質とサイズから、自治体が判断することがほとんどです。たとえ、サイズがとても大きくても、大きすぎたり、プラ以外の材質が多く含まれる場合は、粗大ゴミになりません。捨てたいポリプロピレンが、粗大ゴミなのかどうかは、あらかじめ自治体に確認しましょう。

 

◆自治体の粗大ゴミ一覧表で確認

自治体の環境局などが発行するゴミ分別表には、粗大ゴミの一覧表が掲載されています。まずは、一覧表に、該当する項目があるかを確認しましょう。なお、項目欄に記載されている料金は、粗大ゴミを捨てるときに掛かる代金です。粗大ゴミは、戸別収集となっており、家の前までゴミを取りに来てもらえます。その代わり、粗大ゴミひとつにつき、回収料金が掛かる仕組みとなっています。

 

粗大ゴミの出し方

①自治体に回収の申込みをします。電話や市役所の窓口、インターネットなどで申込みができます。捨てたいゴミの名称や大きさなどを、担当者に伝えてください。その後の順序について、担当者から指示があります。

 

②コンビニや郵便局、スーパーなどで、粗大ゴミ回収のための引換券を購入してください。引換券は、ゴミ処理券、ゴミ引換券などと呼ばれ、色々なお店で販売されています。

 

③引換券を、粗大ゴミの目立つところに貼り付けます。

 

④自治体の指定する日時に、指定された場所に出してください。場所は、自宅の敷地前であることがほとんどです。なお、立ち会いは不要です。

 

ポリプロピレン

 

ポリプロピレンとは、プラスチック素材のひとつです。適度な固さがあり、熱や摩擦に強く、加工しやすいという特徴があります。そして、出来上がりが非常に軽いため、シャンプーボトルなどの容器の素材として、重宝がられています。

 

生活のいろんなものに活用

化粧品やヘアケア製品などのプラボトルは、ポリプロピレン製のものが多いです。タッパーなど食品用のストック容器や、プラ製の収納ケース、DVDケースなども、ほぼポリプロピレン製です。ほかにも、洗面器や食器などの生活用品や、衣服などの繊維類、自動車の部品など、ありとあらゆるものに活用されています。

 

「PP」マークがポリプロピレン

ポリプロピレンで出来ているのかどうかは、材質を表すマークを見て確認しましょう。「PP」と表記されていれば、ポリプロピレン製です。「PP」マークは、それほど昔に買ったものでなければ、ボトルやケースなどに直接、印字されています。もしくは、その商品が入っていたケースや包装などにも印字されています。

 

「PP」マークと「プラ」マーク

たとえポリプロピレン製であっても、「プラ」マークが表記されているときには、容器包装リサイクルの対象となります。そして、「プラ」マークが付いているものを捨てるときには、リサイクルできる廃棄物として、資源ゴミに出すこととなります。この場合は、材質が何であるかを問わず、とにかく資源ゴミです。ですので、ポリプロピレン製なのかどうかを、わざわざ調べる必要はありません。

 

まとめ

 

◆プラスチックゴミ

商品のパッケージや緩衝材、食料品の空になった容器、プラマークのあるものはプラスチックゴミとして捨てられる

 

◆燃えるゴミ・燃えないゴミ

ポリプロピレン製品(パッケージなど以外)は燃えるゴミや燃えないゴミに分類されることがある

 

地域によって燃えるゴミ・燃えないゴミの分類は異なる

 

◆粗大ゴミ

粗大ごみサイズに該当する場合は、役所にゴミの回収を申請し、手数料を払って回収してもらう

 

◆産業廃棄物

環境や生物への健康被害が懸念されるもの(農薬の入っていた容器など)は、申請して産業廃棄物として処理してもらう