【ファイルの捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では、ファイルのゴミとしての分類捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ファイルの種類と材質

クリアファイル

クリアファイルとは、冊子のように綴じられていない、一枚もののファイルを指します。書類を挟み込めるように、ファイルの二辺だけが閉じており、文書をスムーズに出し入れできるようになっています。クリアファイルは、ポリプロピレンなどで作られています。

 

クリアブック

クリアブックとは、複数枚のクリアポケットと呼ばれるクリアファイルに、表紙と裏表紙を付けて綴じたものです。本のような作りから、クリアブックと呼ばれます。クリアポケットの綴じ方には、固定されているタイプと、入れ替えできるようにリング式になっているタイプの2種類があります。通常、表紙やクリアポケット、リングなど全てが、ポリプロピレンなどのプラスチックで作られています。たまに、リングが金属製のことがあります。

 

クリアホルダー

クリアホルダーとは、レールのように留め具を滑らせて、クリアファイルを綴じる形式のものです。一辺だけが閉じ、本のように見開きになったクリアファイルの中に、書類を挟み込んで使います。会社などでプレゼンテーション資料に使われることが多いため、プレゼン用ファイルとも呼ばれています。通常、全ての素材が、プラスチックで作られています。

 

フラットファイル

フラットファイルとは、パンチ穴を開けた書類を、とじ具に入れて保管するタイプです。二穴タイプのものが多く、とじ具がしっかりと紙を留めてくれるので、書類が破れにくいです。フラットファイルでは、表紙となる部分が、紙製のものとプラスチック製のものがあります。とじ具については、金属製のものと、樹脂などのプラスチック製のものがあります。

 

リングファイル

リングファイルとは、パンチ穴を開けた書類を、リングに通して保管するタイプです。リング数に応じて、紙に開けるパンチ穴の数が変わってきます。一般的な2穴式から、4穴式やそれ以上の穴数のものもあります。リングファイルでは、表紙となる部分が、紙製のものとプラスチック製のものがあります。リングについては、プラスチック製のものと、金属製のものとがあります。

 

パイプ式ファイル

パイプ式ファイルとは、パンチ穴を開けた書類を、パイプ式のとじ具に通して保管するタイプです。背表紙が分厚く、しっかりとした装丁に特徴があり、主に会社での書類保管用に使われています。パイプ式なので、どんどん書類を綴じていっても、差し替えが楽にできます。パイプ式ファイルでは、表紙部分が紙製、とじ具が金属製のものが、多く流通しています。表紙、とじ具ともに、プラスチック製のものもあります。

 

レバー式ファイル

レバー式ファイルとは、レバー状の金具で、書類を押さえ込んで綴じるタイプです。パンチ穴を開けずにファイリングができるため、パンチレスファイルと呼ばれることもあります。書類の一時保管に使ったり、穴を開けたくない書類を綴じるのに適しています。レバー式ファイルの表紙部分は、紙製かプラスチック製となります。レバー式金具は、金属製のものが多いです。

 

ヒモ綴じファイル

紙製の表紙の間に、パンチ穴を開けた書類を挟み、黒ヒモなどで綴じるタイプのファイルがあります。学校などの出席名簿や、守衛の当番日誌などでよく見られるファイルです。表紙部分は紙製か、紙に布を貼ったものが一般的です。黒ヒモなどは繊維製です。

 

コンピュータバインダー

コンピュータバインダーとは、主に、電算業務を行う会社などで使われているファイルです。特徴は、22穴などの多数のパンチ穴に合わせて、直立したとじ具が付いていることです。主に、連続伝票用紙などを、ミシン目で切り離してから保管するときに使われています。コンピュータバインダーは、表紙部分が厚手の紙製、とじ具は金属製であることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

ゴミとしての分類

プラスチック製の表紙やとじ具

表紙部分やとじ具がプラスチック製である場合、ゴミを捨てるときの分別は、自治体によって異なります。燃えないゴミのなかに、小さなプラスチック製品が記載されている場合は、燃えないゴミとなります。記載がないときは、燃えるゴミとして捨てることができます。

 

クリアポケット、クリアファイル

クリアファイルなどは、ポリプロピレンなどで出来ているため、プラスチックの扱いと同じになります。自治体の分別基準に応じて、燃えるゴミか、もしくは燃えないゴミに分別することとなります。

 

紙製の表紙

紙製の表紙部分は、燃えるゴミとして分別します。厚手の紙製表紙も、ゴミ袋に入れて、燃えるゴミとして捨てることができます。ちなみに、紙製表紙では、ファイルを強化するため、オレフィン素材などでコーティングしているものが多いです。オレフィン素材は、塩化ビニールと近い材質ですが、焼却処理をしても有毒な塩化水素が発生しません。そのため、オレフィン素材貼表紙や、オレフィンペーパーなどと記載されている紙製表紙については、そのまま燃えるゴミとして分別することができます。

 

金属製のとじ具やリング

金属製のとじ具やリングなどは、燃えないゴミとして分別します。自治体によっては、燃えないゴミをさらに細かく分けて、金属類などとして分別することがあります。その場合は、とじ具などを、金属類を廃棄するコンテナなどの中に捨てます。

 

繊維製の綴じヒモ

ヒモ綴じファイルで使われる、繊維製の綴じヒモは、燃えるゴミとして捨てます。

 

ゴミとしての処分方法

分解して捨てる

ファイルをゴミとして捨てるときは、分解することが必要なときがあります。それは、ひとつのファイルの中に、紙製と金属製など、分別が違う材質が混ざっている場合です。一般的には、表紙部分ととじ具部分とを分解すれば事足ります。

 

分解する方法

◆手で剥がす

紙製のフラットファイルやレバー式ファイルなどの場合は、とじ具部分を簡単に、手で引き剥がすことができます。プラスチック製の表紙の場合でも、薄手のファイルならば、比較的とじ具を剥がしやすいです。なお、手でとじ具を剥がすときには、爪や指を傷めることがないように、軍手などをはめて作業するのがいいでしょう。

 

◆切り離す

接着が強く、手で引き剥がしにくいときは、ハサミやカッターなどを使って、とじ具を切り離しましょう。ただし、この方法は、紙製の表紙に限ります。プラスチック製の表紙は切りにくいうえ、切った破片が飛び散ったり、切り口でケガをしやすいためお薦めしません。

 

◆とじ具の着脱ができるタイプを使う

とじ具が簡単に、着脱できるタイプのファイルがあります。このタイプでは、着脱方法のとおり、留め具を外したり、スライドするだけで、とじ具をきれいに取り外すことができます。よく見かけるのが、フラットファイルの着脱タイプです。こちらでは、金属や樹脂から成るとじ具を、表紙から簡単に取り外せるようになっています。また、パイプ式ファイルの着脱タイプもあります。通常は固く固定されているパイプ式のとじ具を、力を入れることなく、さっと取り外すことができるので便利です。とじ具が着脱できるタイプは、ファイルを廃棄するときの手間が減るだけでなく、傷んだ表紙を差し替えることができるなど、リユースができる側面もあります。

 

◆リベットはずし機を使う

リベットはずし機とは、コクヨ製のファイル専門の、とじ具を外すための機械です。リングファイルやパイプ式ファイルなど、コクヨ製品のほとんどのファイルについて、とじ具を外すのに使うことができます。ドライバーを使った場合に、1分程度掛かっていた取り外し作業が、リベットはずし機を使うと、わずか10秒足らずで終わります。機械がリベットを外してくれるので、たくさんのファイルを分解するときでも手が疲れず、楽に作業できます。ただし、使えるファイルはコクヨ製のものに限られ、他メーカーのものには使うことができません。また、リベットはずし機の値段は、2万円近くと高価なので、家庭のファイル分解用として、たまに使うには勿体ないです。

 

スポンサーリンク

 

その他の捨て方

資源ゴミ

資源ゴミの古紙などには、ファイルは含まれないのが一般的です。古紙では、通常、新聞紙やチラシ、雑誌や本などを回収しています。回収された古紙は、リサイクルして、再生紙などに生まれ変わります。ただし、ファイルに使っている紙製の表紙などは、特殊なコーティングなどをしているものがあるため、リサイクルには適していません。

 

古紙回収

チリ紙交換などの古紙回収業者では、紙製のファイルなどを引き取ってくれることがあります。この場合は必ず、とじ具やとじ紐、クリアポケットなどを取り外して、紙製の表紙だけを渡すようにしましょう。表紙はぺちゃんこにつぶしてから、紐などで束ねておくと親切です。なお、渡すときにはあらかじめ、回収の対象となるかどうかを、古紙回収業者に確認してください。そして、新聞紙や雑誌などとごちゃ混ぜにせず、ファイルだけを別にして束ねておくほうがいいです。

 

溶解処分

会社などの大切な書類を綴じたファイルは、書類ごと溶解処分するのも手です。とくに自営業者では、決算書類や契約書などの機密文書を、個人でファイリングして保管しています。そして、保管義務が過ぎた文書は、その都度廃棄することとなります。しかし、文書をいちいちファイルから出して廃棄し、さらにファイルを分別して捨てるとなると、かなり面倒な作業となります。一方、溶解処分では、紙製の表紙ファイルやプラスチック製のとじ具などについて、そのまま廃棄できることがあります。文書を綴じたままのファイルを、ダンボール箱などに詰めて業者に渡すだけなので、それほど手間が掛かりません。一方、溶解処分にはそれなりの値段がかかるため、ある程度の量を廃棄する場合でないと勿体ないです。また、クリアファイルやクリアホルダーなどは、溶解処分の対象にならないのが一般的です。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク