【シリコンの捨て方】ゴミとしての分別方法、廃棄処分方法を紹介!



 

本記事では、シリコンの捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

シリコン製の物を捨てるときは、『燃えるゴミ』や『燃えないゴミ』で回収している自治体が多いです。

 

また、捨てる物の大きさによっては『粗大ゴミ』として回収している地域もあります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

 

捨て方・廃棄方法

 

燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てる場合、自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

粗大ゴミとして捨てる場合につきましては、まずは『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券を購入し不要なものに貼りつけておけば、ゴミステーションでも回収してくれます。

 

粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

ゴミ処理券は、コンビニやスーパーなどの自治体から指定されたゴミ処理券取扱店で購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

例えば50㎝~120㎝ほどのシリコン製ゴミ箱を捨てる際に掛かる費用は、だいたい400円~1200円が相場です。

 

 

捨てる以外の処分方法

 

不要品に傷や汚れが付いていたり、臭いがとれないものにおいては、ゴミとして処分することをおすすめします。

 

しかし、シリコン製の物は耐熱性や耐水性があり、折り畳めるなどと収納しやすい製品も多いため需要があります。

 

そのため、以下の方法で処分することをおすすめします。

 

リサイクルショップでの買取

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。購

 

入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことも多いです。

 

『リサイクルマート』さんは全国チェーン店ですので、地方に住んでいる方でも買取することができます。