【シリコンの捨て方】ゴミとしての分別方法、廃棄処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、シリコンの捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

シリコン製の物を捨てるときは、『燃えるゴミ』や『燃えないゴミ』で回収している自治体が多いです。

 

また、捨てる物の大きさによっては『粗大ゴミ』として回収している地域もあります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

 

燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てる場合、自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

粗大ゴミとして捨てる場合につきましては、まずは『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券を購入し不要なものに貼りつけておけば、ゴミステーションでも回収してくれます。

 

粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

ゴミ処理券は、コンビニやスーパーなどの自治体から指定されたゴミ処理券取扱店で購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

例えば50㎝~120㎝ほどのシリコン製ゴミ箱を捨てる際に掛かる費用は、だいたい400円~1200円が相場です。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

不要品に傷や汚れが付いていたり、臭いがとれないものにおいては、ゴミとして処分することをおすすめします。

 

しかし、シリコン製の物は耐熱性や耐水性があり、折り畳めるなどと収納しやすい製品も多いため需要があります。

 

そのため、以下の方法で処分することをおすすめします。

 

リサイクルショップでの買取

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。購

 

入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことも多いです。

 

『リサイクルマート』さんは全国チェーン店ですので、地方に住んでいる方でも買取することができます。

 

また出張買取も行っているので、店舗に持ち運ぶことができない場合は、ホームページでお近くのリサイクルマートさんに出張買取以来の連絡をすれば、無料で査定してくれます。

 

ゴミ箱などの大きな物でも安心して処分することができますね。

 

また、今日地域に密着したリサイクルショップも多々みられますので、そちらに依頼することもできます。

 

フリマサイトでの販売

今日たくさんのフリマサイトが普及しております。

 

例えば、『メルカリ』さんや『ラクマ』さんでは、自分で値段を決めて出品することができます。

 

自分で発送することができる物品、例えばシリコンスチーマーやキッチングッズなどはオークションよりもフリマサイトでの販売がおすすめです。

 

その中でも販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなどを吟味しご自身に合ったものを選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録した後、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な物を出品出来ます。

 

メルカリさんは女性の利用者が多く、キッチングッズなどは非常に人気で需要のある物です。

 

不要なシリコン製品をきれいに洗っておくと、出品者も購入者も気持ち良く取引ができ、自分の納得のいくお値段と条件で販売をすることができます。

 

地元の情報掲載誌での呼びかけ

無料でシリコン製品を処分したい方は、地元の情報掲載誌で貰い手を探してみましょう。

 

掲載料もかからず情報を載せることができるものが多いです。

 

情報掲載誌の掲載元に連絡をして呼びかけて貰いましょう。

 

また、『ジモティー』さんのホームページを利用して同じように無料で情報を載せることもできます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、連絡をいただいても貰い手が見つかっている場合がありますと一言添えると丁寧な対応をすることができます。

 

また、大きい物品は、持ち運びができる方限定!などと注意書きをすると搬送する必要が無くなりますので記載することをおすすめいたします。

 

不用品回収業者に依頼

 

不用品回収業者に依頼すると、ご自宅まで来てくれ運搬する必要がないこと、値段が付かなくても確実に引取をしてくれることがメリットとして挙げられます。

 

手間を掛けず無料でシリコン製品を処分したい方は、不用品回収業者に依頼されることをおすすめいたします。

 

しかし、不用品回収業者に依頼する際は、不用品が数多い場合や持ち運びが難しい場合におすすめいたします。

 

不用品回収業者は、タウン誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されていることが多いので確認してみましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク