【土の捨て方】処分・廃棄方法、回収(ホームセンター、業者など)を紹介!



 

 

本記事では、土の処分方法や回収に関する情報を紹介しています。

 

ゴミの日に出す場合

土を捨てるとき

◆燃えるゴミになる?

園芸用の土を、燃えるゴミとして回収する自治体は、ごく少数です。ほとんどの地域では、土をゴミとして収集しない決まりとなっています。まずは、居住している自治体の環境局などに問い合わせてみましょう。

 

◆少量ならばOKの地域も

では、土を絶対に捨ててはいけないかというと・・・、自治体によっては、少量の土ならば目を瞑ってくれることもあります。草木や植木鉢などを、燃えるゴミとして分別している自治体では、致し方ないという事情もあるようです。というのも、草木や植木鉢などに、少量の土が残ってしまう以上、土を絶対的に禁止するのも難しいのでしょう。根っこに絡まったり、植木鉢の底に残る程度の土ならば、黙認されているのが現状です。

 

燃えないゴミとして捨てる

自治体によっては、園芸用の土を、燃えないゴミとして収集しています。横浜市などが該当しますが、この分別はかなりレアケースです。

 

産廃業者に依頼する

土を収集しない自治体では、土を処分してくれる産廃業者を紹介してくれることが多いです。役所を通すので、産廃業者に直接問い合わせるよりも、手続きがスムーズで安心です。産廃業者に依頼する場合には、持ち込みが必要となったり、引き取り料金が掛かることがほとんどです。

 

植木鉢やプランターを捨てるとき

◆プラ製は燃えるゴミ

プラスチック製の植木鉢やプランターなどは、燃えるゴミとして捨てることができます。植木鉢などから、土をザッと取り出してから、普通ゴミの袋に入れて捨ててください。植木鉢に付いた土などを、きれいに洗う必要はありません。

 

◆陶器製は燃えないゴミ

陶器製など、焼き物の植木鉢は、燃えないゴミとして分別されることが多いです。燃えないゴミの場合では、陶磁器類などに分類されて、埋め立てゴミとして処分されることになります。なお、植木鉢が割れたり欠けたりしているときには、紙袋などに包んでから「危険」と記載しておくと、親切です。

 

生えていた草花を捨てるとき

◆燃えるゴミでOK

植木鉢などに生えていた草花は、燃えるゴミとして捨てることができます。植木鉢から引っこ抜いた後、根っこ部分までを含めて、普通ゴミの袋に入れて捨ててください。根っこに付いている土は、シャンシャンと軽くふるい落とせばOK。きれいに取り除く必要はありません。

 

◆捨て方に注意

自治体によっては、園芸などの草木を、別の袋に入れて捨てるように指示があります。これは、燃えるゴミが有料化されている地域に多いです。草木などのゴミはかさばるため、有料のゴミ袋に入れると、高くつきます。ですので、有料ゴミ袋と別にして、無料で回収しているのです。この場合では、草木などの土を簡単に払ってから、2~3束ずつ透明の袋などに入れ、普通ゴミの回収日に出します。

 

土がゴミに出せない理由

◆土は自然界にあるもの

どうして土をゴミとして捨てることができないのか・・・、疑問に感じませんか。そもそも土は自然界にあるものであり、廃棄物ではないという考え方が根本にあるようです。ゴミ収集が始まった時代には、まだ、園芸用に土を買ったり捨てたりするという概念が薄かったのかもしれません。

 

◆石や砂利が故障の原因に

土には、石や砂利が混ざっています。この石や砂利などにより、ゴミ収集車や焼却炉が壊れやすくなるという考えもあるようです。また、石などは焼却し尽くせるものではないため、燃えるゴミとしては扱いにくいです。

 

 

土を処分する方法

庭に撒く

一軒家ならば、お庭や軒下などに、さっと撒いてしまいましょう。コンクリやタイル敷きの場所は避けて、土の露出した場所に撒いてください。雨風にさらされるうちに、地面の一部となって同化してしまいます。

 

誰かにあげる

園芸土は、ガーデニング仲間などに譲ってみましょう。家庭菜園をしているようなお家も狙い目です。園芸に凝っていると、毎年のように土を買うことがあり、けっこうな出費となります。古くなった土と言えども、再生処理をすれば利用できるため、喜んでもらってくれる人は少なからずいます。なお、譲る場合は、根や球根などを簡単に取り除いてから、土嚢袋などに詰め込んで渡しましょう。

 

メルカリなどで売る

メルカリなどに出品して、土を売ってみる方法もあります。買い手がつくかどうかは運次第ですが、もし売れたときには、お小遣いが稼げるのでラッキーです。

 

園芸ショップなどのお店で引き取ってもらう

◆園芸ショップでの引き取り

園芸ショップでは、園芸用の土を購入したときなどに、不要となった土を引き取ってくれることがあります。たとえば、土が入った状態の植木鉢を持参して、寄せ植えなどをオーダーすると、古い土を取り出してから、ハーブやお花を寄せ植えしてくれます。そして、取り出した土を、持ち帰るように言われることは滅多にありません。また、お店によく通い、オーナーと顔馴染みになると、土や草花を購入した際に、無料で古い土を引き取ってもらえることもあります。あくまでも、お店の人の親切心によりけりです。

 

◆ニコガーデン、河南菜農園

一般の人向けに、土を引き取っているところとして、ニコガーデンや河南菜農園というお店があります。有料となりますが、お店の常連にならなくても、引き取りを依頼することができます。

 

ニコガーデン

 

ホームセンターで引き取り

◆引き取るホームセンターは減少・・・

土の引き取りを行うホームセンターは、年々減ってきています。以前は引き取りを行っていたお店でも、対応が仕切れなくなり、引き取りを止めていることが多いようです。土の引き取りや処分には、人手や経費がかかるため、ホームセンターが手を引くのも仕方ないことかもしれません。

 

◆同じお店でも、支店によって対応は異なる

ホームセンターの大手チェーンなどでは、ある店舗で引き取りを行っていたとしても、他の店舗では行っていないということがあります。土を回収するかどうかは、地域性や店舗の判断などによって変わるようです。また、引き取りを行っていても、今は止めていたり、反対に、お客様からの要望で、引き取りサービスを始めていたり・・・、などと色々なケースが考えられます。