【土の捨て方】処分・廃棄方法(ホームセンター、業者など)を紹介!

スポンサーリンク

 

「土」というのは普段の生活ではあまり出ないゴミなので、一般廃棄物として捨てていいのか悩みますよね。

 

また、土にも寿命があり、ガーデニングでは古い土で植物を育てると栄養が足りず枯れてしまうことがあります。

 

防止するには定期的に新しい土に変える必要があり、新しい土に変えた際には古い土の処分が問題となります。

 

本記事では、土の処分方法引き取ってもらう方法再利用方法などを紹介しています。

 

土を捨てることはできる?

ゴミとして出せる?

土を処分したいとき、一番最初に思いつくのがゴミとして出す方法です。

 

しかし、土をゴミとして回収してくれる自治体は非常に珍しいケースになります。

 

回収してくれない理由としては、土の中に石が混ざっていると機械で粉砕する際に故障の原因になってしまうことが挙げられます。

 

ただし、回収してくれる自治体も稀にあります。

 

例えば、横浜市では小さい袋に入れ、量が多い場合は数回に分け、燃えないゴミとして出すことができます

 

ゴミに出すことはできないけれど、決められた曜日に指定の場所に持ち込むと回収してくれる自治体もあります。

 

このように土の処分方法は自治体によって異なるので、お住まいの地域のホームページを確認してみましょう。

 

適当に捨てても大丈夫?

土の処分に困って近所の公園や山、河川敷に捨ててしまう方もいます。

 

これらの土地は自治体が管理していることが多く、勝手に土を捨ててしまうと不法投棄となってしまいます。

 

古い土に繁殖力の高い種子が残っていたりする場合に、その土を植え込みなどに捨ててしまうと生態系を壊してしまう原因となる可能性もあるので注意が必要です。

 

公園や河川敷に捨てる前に、まずは自治体に相談してみるのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

捨てること以外にも、処分方法がいくつかあるのでご紹介します。

 

庭に撒く

自宅が一軒家でお庭があれば、撒いてしまう方法もあります。

 

お庭がないご家庭には、以下の方法がオススメです。

 

ホームセンターで引き取ってもらう

一部のホームセンターでは、古い土の回収を行っています

 

《引き取り可能なホームセンター》

◆島忠

島忠では不用品回収サービスを行っており、購入した商品と同等のものを不用品として処分することができます。

 

島忠で新しい土を購入したときに、ついでに古い土を回収してもらうのもよいでしょう。

 

◆ユニディ

ユニディには商品の購入者を対象に、古い土を自由に捨てることができるコンテナが設置してあります。

 

《引き取り不可のホームセンター》

 

・コーナン

・カインズホーム

・ケーヨーデイツー

・ビバホーム

・コメリ

・ホーマック

・サンデー

 

専門業者に回収を依頼する

費用はかかるものの、専門業者に依頼すれば楽に処分することができます。

 

◆ウィステリアガーデン

「ウィステリアガーデン」は、東京都内で土の回収を行っている専門業者です。

 

・根や茎などの異物が混ざっていない土なら1kgあたり40円

・異物が混ざっている土なら1kgあたり80円

(2018/2/27現在)

 

上記の単価に加え、地域別に基本料金(出張費)がかかります。

 

例えば出張費が500円の地域で異物の無い土が10kgの場合、約900円で土を処分することが可能です。

 

ウィステリアガーデン

 

◆土の回収ドットコム

「土の回収ドットコム」では宅配を利用して土の回収を行っています。

 

①HPで土の回収プランを購入する(数日で回収キットが届きます)

 

②不要なダンボールを自分で用意する

 

③天日干しで乾燥させた土を回収キット内のビニール袋に入れ、ダンボールに詰める

 

④回収キットにある宅配伝票を貼り、指定の運送会社で発送する

 

上記の方法で完了です。

 

費用は15kgで2700円と少々高めですが、宅配なので全国各地から利用できるのがメリットです。

 

土の回収ドットコム

 

再利用

古い土を再利用するには、栄養不足を補ったり雑菌を消毒する必要があります。

 

手間はかかりますが、土の処分に悩む必要もなくなりますね。

 

◆用意するもの

・再利用したい古い土

・ビニールシートまたは新聞紙

・ふるい

・土壌改良剤(腐葉土や培養土など)

 

 

◆手順

 

①新聞紙やビニールシートの上に古い土を広げ、よく乾燥させます。

 

 

②茎や葉、ゴミがあれば取り除きます。

 

ふるいにかけることにより、細かいゴミも取り除くことができます。

 

 

③土を消毒します。

 

夏場であればジョウロで水をかけ、黒いビニール袋に入れ直射日光に1週間当てます。

 

冬場であればジョウロで熱湯をかけ、そのまま屋外に2~3週間置きます。

 

 

④土壌改良剤(腐葉土や培養土など)とを3~5割ほど混ぜます。

 

これで土が再利用できます。

 

悩みがちな土の処分方法ですが、決められた方法で処分または再利用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆ゴミとして回収する自治体は少ないが、回収してくれる自治体もある

 

◆勝手に山や公園に捨てるのは、不法投棄になる可能性がある

 

◆自宅の庭に撒いてしまう方法もある

 

◆ホームセンター(島忠、ユニディ)で引き取ってもらう

 

◆専門業者(ウィステリアガーデン、土の回収ドットコムなど)に回収を依頼する

 

◆栄養を補い、再度使用する方法もある

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク