【炭の捨て方】家庭での処分・廃棄方法(木炭、未使用、使用済みなど)【BBQ(バーベキュー)】燃えるゴミでOK?



 

本記事では、炭のゴミとしての分別方法捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

炭をゴミとして捨てるとき

ゴミに出せるかは自治体に確認

アウトドアから持ち帰った炭は、ゴミとして処分するか、再利用するかとなります。ゴミとして処分するときには、居住する自治体の分別に従って捨ててください。大量の炭を捨てる場合には、あらかじめ自治体に確認しておくのがマナーです。

 

燃えるゴミ

炭は、思えるゴミとして分別する自治体が多いです。バーベキュー1回分ぐらいの炭ならば、ゴミ袋に入れて、普通ゴミに出せばOKです。

 

捨て方

◆消火してからしばらく放置

炭をゴミに出すときには、必ず、完全に鎮火してからにしてください。たとえば、バーベキューをした後、すぐにビニール袋に入れて、ゴミに出すというのは危険です。消火した後は、しばらく放置するのが基本。使用後、少なくても一晩は放置してから、ゴミに出すようにしましょう。

 

◆濡らした新聞紙に包んで

使用した炭を捨てるときには、発火しないよう、念には念を入れてください。たとえば、濡らした新聞紙などに包んでおくと安全です。また、自治体によっては、細かく割ってから出すなど、捨て方に決まりがあります。詳しくは、お住まいの自治体に問い合わせてみましょう。

 

NGな捨て方

◆海や山に放置するのはNG

海や山でバーベキューをした後、その場に放置して帰るのはNGです。もちろん、わざわざ山に捨てに行くのもダメです。炭は木でできているから、自然に還せば大丈夫!という考えは、大きな間違い。海や山に炭を放置すると、消し切れていなかった火が点き、ボヤや山火事を引き起こすことがあります。それならば、海や川の中に捨てればいいのでは・・・という考えも止めてください。海などに捨てた炭は、ゴミとして水中を漂い、海中の生物や近辺の住民に迷惑を掛けることとなります。

 

◆土に埋めるのはNG

炭を、土に埋めて処分するのはNGです。炭を土に埋めれば土に戻る・・・と考えている人がいますが、炭は土にはなりません。木の状態であれば土に戻すことができますが、炭になった状態では自然分解せず、そのまま土壌に残ることになります。土に埋め続けても、土壌が炭だらけになるだけです。

 

 

アウトドアで使った炭

BBQやキャンプで使ったら

バーベキューやキャンプで活躍する炭、使った後はどのように処分していますか。炭を使い慣れていないと、いざ処分するとき、捨て方に戸惑うかもしれません。火を点けて使う炭は、きちんと処分することがとても大切。正しい捨て方をしないと、炭に残っていた火種が、発火や発煙を起こすリスクがあるので注意しましょう。

 

BBQの炭捨て場に捨てる

キャンプ場やバーベキュー広場には、炭捨て場が設置されていることが多いです。炭捨て場があるときには、ここに炭を捨てましょう。使った後にポイと捨てるだけなので、アウトドア初心者にも簡単な方法です。

 

自宅に持ち帰る

炭の扱いに慣れてくると、自宅に持ち帰って、再利用することが増えてきます。この場合は、炭の火をしっかりと消してから、家に持ち帰ることとなります。持ち帰る場合は、帰りの車の中などで発火しないよう、充分に消火し、運搬方法にも気を付けましょう。

 

 

アウトドアでの炭の消し方

炭の火はしっかりと消す

炭は、ぱっと見は火が消えたようでも、中に火種が残っていることがあります。火を消したつもりで、炭を持ち運んだり、保管すると、突然に発火することがあり危険です。そのため、アウトドアで使った炭は、徹底的に消火しておくことが大切です。

 

水を掛けるのは・・・NG!

よくやりがちなのが、水を掛けて炭火を消すこと。バーベキューに慣れていないと、手っ取り早く、バケツの水を掛けて消火してしまう人がいます。ですが、この消し方はとても危険。たとえば、コンロに直接、大量の水を掛けると、温度の高い水蒸気が発生し、火傷などのリスクがあります。同時に、炭が飛び散るので、洋服が汚れてしまいます。また、水で一気に、コンロの温度が冷えるため、コンロが変形してしまうこともあります。

 

水に浸ける

シンプルな消し方が、炭を水に浸ける方法です。バケツなどに水を入れてから、炭を一本ずつ浸していきます。後は、炭の火が完全に消えるまで、しばらく放置するだけです。なお、炭を触るときは、トングなどを使うと安全です。ただし、この方法では、しっかりと炭を濡らしてしまうので、再利用することは難しくなります。

 

火消し壺

アウトドアに慣れた人ならば、火消し壺を使う人もいます。火消し壺とは、使用後に炭を入れて、消化させるための壺です。炭を濡らさずに消化できるので、炭を使い回したい、ヘビーユーザーに人気があります。壺に入れた炭は、そのまま持ち帰ることができますが、高温になるので持ち運びには注意しましょう。

 

金属缶で密閉

火消し壺の代わりとして、金属製の缶などを利用することができます。使いやすいのが、おかきが入っていた、フタ付きの一斗缶です。なお、この方法では、金属缶を密閉して、酸素を遮断することが大切。炭を入れた後は、フタを閉めてから、しばらく置いてください。熱が冷めた後は、このまま持ち帰ることができ、便利です。

 

燃え尽きるのを待つ

キャンプなど、たっぷりと時間があるときには、炭が燃え尽きるのを待つという方法があります。何もせず、炭が燃え切って、自然に火が消えるのを待つだけです。残った炭は、よく冷ましてから、ビニール袋などに入れて処分してください。

 

使った炭の再利用

使用済みの炭の保管

使用済の炭を再利用するときには、炭の保管方法にご注意ください。

 

①炭を完全に消火させ、冷えるまで放置します。

②フタ付きの収納ケースを用意します。フタは、できるだけピッタリと閉まるものを選んでください。密閉度が増し、保管状態が良くなります。

③収納ケースの中に、新聞紙を数枚敷きます。新聞紙を敷くのは、収納ケースを汚さないためと、余分な湿気を吸わせるためです。

④新聞紙の上に、炭を乗せて並べます。並べ方は、縦置きでも横置きでもOKです。

⑤炭の隙間に、乾燥剤(シリカゲル)を置いてから、フタを閉めてください。

 

 

消し炭(着火用の炭)に

一度使用した炭のことを、消し炭と呼びます。消し炭は、未使用の炭よりも火が点きやすいため、着火用の炭として使うことができます。ただし、消し炭にできるのは、水で濡らしていない炭だけです。いちど濡らした炭は、たとえ乾かしても、着火用に使うには向いていません。

 

家庭菜園や花壇の肥料に

◆炭は土を豊かにする

炭や灰には、微生物の繁殖を活性化させる作用があり、土壌改良材として使われることがあります。炭には、リンやカリウムなどが含まれており、土に栄養を与えてくれるのです。そのため、お花や野菜を祖育てている人は、使用済みの炭を、肥料として利用してみてもいいでしょう。

 

◆燃やした炭を使う

家庭菜園や花壇に撒く炭は、燃えて小さくなっているものがお薦め。燃えガラといった状態のほうが、肥料としての効果は高いです。燃え尽きて灰になっていると、さらに効き目が増します。炭は、細かく砕いてから、少量を土に撒いて使いましょう。

 

脱臭剤に

◆炭には脱臭作用がある

炭には、脱臭作用があります。炭の表面には無数に穴が開いており、嫌な臭いを吸着・分解して、臭いを消してくれるのです。この脱臭作用は、使用済みの炭にも残っています。そして、木っ端みじんになった炭でも大丈夫です。

 

◆そのまま置いて

炭は、その形のまま、トレイやお皿に乗せておくだけでOKです。トイレや靴箱など、臭いが気になる場所に置いておきましょう。

 

◆砕いてから巾着袋に

炭の破片は、巾着袋や封筒などに入れて使うことができます。おしゃれな巾着袋を使えば、ロッカーやクローゼットなどの人目に付く場所でも、違和感なく置くことができます。なお、炭を細かく砕いて使うときには、ハンマーなどの固い道具が必要です。手やハサミなどでは砕きにくく、無理に割ろうとすると、ケガをすることがあるので注意しましょう。

 

炭風呂に

炭をお風呂に入れると、温浴効果が高まります。

 

①タワシなどを使って、炭をゴシゴシとこすって洗います。黒い汁が出てこなくなるまで、よく水洗いしてください。

②洗濯用ネットの中に、洗い終わった炭を入れます。1~2㎏程入れれば充分です。

③沸かしたお風呂に炭を浸けて、30分程置いてから、入浴してください。

 

お米を炊くときに

ほぼ未使用に近い炭ならば、お米を炊くときに使ってみるのもいいでしょう。お米や水の臭いをなくし、ふっくらと美味しいお米に炊きあげることができます。

 

①使用した炭は、タワシなどでこすりながら洗ってください。黒い汁が出なくなるまで、水洗いを繰り返しましょう。

②煮沸消毒を行います。お鍋にたっぷりと水を入れ、沸騰させてから、炭を入れます。沸騰させながら、10分ほど煮てください。

③いつもどおりお米をといでから、炊飯器にセットします。

④お米の上に、煮沸消毒した炭を置きます。フタを閉めて、炊飯器をスタートさせましょう。