【ヨガマットの捨て方】ゴミとしての分別方法や処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ヨガマットの様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

ヨガマットは『粗大ゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

ただし、『燃えるゴミ』として分類している地域もあります。

 

お住まいの自治体のホームページで確認をしてから捨てるようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

粗大ゴミ

ヨガマットの様な幅が30㎝以上の物は、粗大ゴミとして処分するよう指定してい自治体が多いです。

 

粗大ゴミとしての処分方法は、処分料が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券をヨガマットに貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

そして粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

ゴミ処理券は郵便局や金融機関、コンビニやスーパーなど、指定されたゴミ処理券取扱店で購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましては、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

ヨガマットを粗大ゴミとして処分する料金は、1つにつき300円~ほどおおよその相場で掛かります。

 

燃えるゴミ

ヨガマットを燃えるゴミとして捨てる場合、自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミとして出しましょう。

 

折り畳み式のヨガマットでゴミ袋に入るサイズの物か、ハサミで小さく切ってから捨てましょう。

 

クリーンセンターに持ち込み

ヨガマットはクリーンセンターに持ち込み処分することもできます。

 

クリーンセンターでは、処分品の重さで料金が決まっており10㎏数百円が相場で掛かります。

 

クリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っている所があります。

 

貸出を希望される方はクリーンセンターに電話で問い合わせをするか、ホームページで貸出しているかどうかを確認しましょう。

 

また貸出可能な場合は、レンタル費用がかからなくてもガソリン代を自己負担としている場合が多いです。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

リサイクルショップで買取依頼

不要できれいなヨガマットはリサイクルショップで買取してもらいましょう。

 

ヨガは幅広い世代に人気があるエクササイズで流行しており、ヨガ関係のアイテムは非常に需要があります。

 

ご自身で持ち込めない際は、出張買取を利用してリサイクルショップなどで買取して貰うことができます。

 

購入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことが多いです。

 

◆オフハウス

大手の『オフハウス』は、ヨガマットなどのエクササイズやスポーツ用品の買取実績が豊富です。

 

また全国チェーン店ですので、地方に住んでいる方でも利用することができます。

 

店舗によっては出張買取をしていない場合がありますので、ホームページでサービスをしているかどうか確認しましょう。

 

◆CHERRIESMARKET

東京にお店を構える『CHERRIESMARKET』では、店頭買取はもちろん、関東圏内であれば無料で出張買取をしてくれます。

 

さらに、宅配買取は全国対応をしているので日本全国の方が対象です。

 

東京圏内ではヨガ教室が豊富なので、ヨガマットは人気な商品です。

 

宅配買取をお考えの方は、まずはホームページから無料査定を依頼しましょう。

 

その後、買取可能であれば姿見をご自身で郵送する流れとなります。

 

また、地域に根差した他のリサイクルショップでも出張買取をしておりますので、タウン誌やインターネットで店舗を調べてみましょう。

 

フリマサイトでの販売

今日たくさんのフリマサイトが普及しております。

 

例えば、『メルカリ』や『ラクマ』では、自分で値段を決めて出品することができ素人でも簡単に操作ができます。

 

その中でも販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなどご自身に合ったものを選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録したあと、出品するヨガマットを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な物を出品出来ます。

 

メルカリは女性の利用者が多く、ヨガグッズは非常に人気で需要のある物です。

 

より多くの方に情報を発信するため、ハッシュタグを利用し『#ヨガ』『#ヨガウェア』『#ストレッチ』などと関連するワードを並べると多くの検索にヒットしますのでぜひお試しください。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すると、ヨガマットを回収してくれます。

 

業者によっては無料で引取をしてくれる場合やご自宅まで回収しに来てくれるので、複数の業者を比較してみましょう。

 

不用品回収業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されていることが多いのでご覧になってみてください。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク