【カボチャが腐る】腐っている場合の見分け方や適切な保存方法を紹介!



 

焼いても煮ても、甘くてほっくりした食感がたまらないカボチャ。

 

甘い味は小さい子供でも食べやすくて、お母さんにとっても料理しやすい野菜ですよね。

 

秋冬にかけては、ハロウィンやクリスマスに向けて、カボチャスイーツやカボチャ料理が多数販売されるようになります。

 

カボチャは風通しの良い場所で保管すれば、1~2か月は賞味期限が持つということをご存知でしょうか?

 

そんな長期保存できるはずのカボチャなのに、なぜ腐ってしまうのか?

 

どうなると腐っていると言えるのか?

 

本記事では、カボチャの腐食に関する情報を紹介しています。

 

カボチャの腐敗

カボチャは腐る?

冒頭でもお伝えしましたが、カボチャは比較的保存がきく野菜です。

 

しかし、それはカボチャ丸ごとの状態で保管されていた場合に限ります。

 

カットされたカボチャは当てはまりません。

 

カボチャは細菌やカビが大好きなデンプンや糖分を多く含む上、カット面に空気が触れることで、腐りやすい条件が揃ってしまうからです。

 

腐る原因

カボチャが腐る場合、カットされたカボチャで発見することが多いでしょう。

 

ではカットされたカボチャはなぜ腐るのか?

 

考えられる理由をいくつか挙げました。

 

◆カボチャが持つ栄養素+空気への接触

カボチャは本来糖分や水分、デンプンを多く含む野菜です。

 

通常は、硬く乾燥した皮が蓋の役割を果たしてくれ、外に漏れ出していません。

 

また、カボチャは湿気に弱い野菜なので、空気中の湿気を吸い取りやすいとされています。

 

一度カットしてしまうと、水分や糖分が流れ出て、空気中の湿気がカット面に付着することで腐りやすくなります。

 

◆カットされたカボチャをそのまま冷蔵保管

かぼちゃは種やワタが原因となって腐り始めることが多いです。

 

かぼちゃはビタミンE、ビタミンC、βカロテン、食物繊維などが豊富な緑黄色野菜です。

 

実は、このワタ部分にはβカロテンが果実の5倍も含まれているとも言われています。

 

栄養価が高いからこそ、細菌やカビが好んで住処にしてしまうため、腐りやすくなります。

 

◆保管時の状態が悪い

カットされたかぼちゃを、食材が詰め込まれた風通りが悪い冷蔵庫へ保管すると腐りやすいです。

 

また、同じ冷蔵庫内に熟しすぎた野菜や果物がある場合も、「エチレンガス」という追熟を促すガスが発生するので、注意しなければなりません。

 

表面が白い場合はカビ?

カットカボチャの表面全体が白くなった状態で販売されているのを、店頭で見かけることがたまにあります。

 

これはカビ?と疑った方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、カット面が全体的に白い膜で覆われている場合や、白く粉っぽい場合は、カビではありません。

 

これは、カボチャに含まれる「デンプン」が時間の経過により結晶化して白くなったことによるものです。

 

ただ、時間が経過して乾燥することで、多少は品質が低下していますので、見つけた場合は早めに食べた方が良いでしょう。

 

腐った場合の見分け方

先ほどの項目で、カット面全体が白い場合はカビではない、とお伝えしました。

 

 

しかし、実際にカビたカボチャと見比べなければ、判断できずに心配になってしまうでしょう。

 

腐っている、カビているカボチャの見分け方について、お話していきます。

 

◆見た目

かぼちゃが腐り始めた場合は、ワタや種が水分を吸ったようにドロッとして見えるでしょう。

 

次第に、ワタや種に白いふわふわした綿状のカビが発生します。

 

酷くなるとカビが蔓延することで、実の部分にも白色や青緑色、黒色のカビが発生していきます。

 

デンプンの結晶化と違うのは、カビの場合は所々斑点状になって発生し、白色とは限らない点です。

 

◆手触り

かぼちゃが腐り始めると、表面にベタっとした汁が発生したり、腐敗が進行することで実が柔らかい状態になっていきます。

 

収穫時や販売時に、どこに当たるなどした場合は、衝撃が加わった箇所から柔らかくなって腐敗し始めることもあります。

 

皮や実に傷がついていないか、購入時に確認することも大事でしょう。

 

◆臭い

カビが目に見えて発生している場合、すでにカビ臭さを感じることができるまでになっているでしょう。