【卵焼き器にくっつくのを解消】くっつかない方法やフライパンが焦げる原因【だし巻き卵対応】



 

本記事では、卵が卵焼き器にくっつくのを解消する方法や焦げついてします原因などを紹介しています。

 

卵焼き器にくっつく原因

温度が低い

◆卵焼き器を熱していないと・・・

よくある原因のひとつが、卵焼き器が充分に熱されていないことです。コンロに置いてすぐに、卵を流し入れてしまうと、ほぼ確実に卵がくっつきます。卵焼き器は最初に充分に熱し、少し強めかと思うぐらいの火力で調理するのが、卵焼きをくっつきにくくするコツです。

 

◆対策

卵焼き器やフライパンは、卵を入れる前にじっくりと温めてください。コンロを中火からやや強火に設定して、30秒から1分ほど熱します。熱くなりすぎていたり、焦げることが心配なときは、濡れ布巾に一瞬置いて、卵焼き器を冷ますとちょうど良くなります。

 

 

焦げつき

◆焦げカスが残っていると・・・

卵焼き器に、前に調理したときの焦げカスが残っていると、卵焼きがくっつきやすくなります。表面が黒いフライパンなどでは、焦げなどの汚れが見えにくいため、洗い残りが生じていることがあります。焦げカスが残っているかどうかは、ライトの真下で照らして見たり、手で触るなどして、確かめましょう。

 

◆対策

卵焼き器やフライパンに残った焦げなどの汚れは、気付いたときに素早く落としましょう。通常の洗い方で落ちなかった、卵焼き器の焦げ付きは、重曹やクエン酸などを使って洗うのがお薦めです。フライパンでは素材に応じて、クレンザーやタワシなどを使って落としましょう。

 

卵の水分

◆溶き卵の水分が多いと・・・

溶き卵に含まれる水分が多いと、卵焼き器にくっつきやすくなります。たとえば、だし巻き卵を作るときには、だしや酒、醤油などを入れるため、溶き卵の中の水分が多くなります。そして、醤油やみりんなどを入れると、卵が焦げやすくなるという難点もあります。

 

◆対策

卵をくっつかせないことは大事ですが、それ以上に味付けは大事です。くっつき防止のために、だしや醤油などをわざわざ減らす必要はありません。ただし、だしなどを多めに入れた溶き卵は、ひとときも目を離さないぐらいの気持ちで、調理に専念しましょう。また、粉末のだしを使うと、だしの水分を減らすことができます。

 

 

卵焼き器にくっつくのを防ぐには

 

油をひく

 

◆油をひく理由

卵焼きを作るときは、ふんだんに油をひくのが、うまく作るコツです。油が、溶き卵とフライパンなどの間に膜を張るので、卵がくっつきにくくなります。油は、まんべんなく全体にひくのがポイントです。

 

◆卵焼き器でのひき方

卵焼き器の場合は、油を垂らしてから、キッチンペーパーなどで薄く全体に伸ばします。四隅や縁にも、忘れずに油を塗りましょう。また、溶き卵を入れて一巻きした後も、油を塗り直します。このときは、最初に使ったキッチンペーパーの残り油を、さっと塗るぐらいで充分です。卵焼き器で作るときには、卵を一巻きするごとに、こまめに油を補給するようにしましょう。

 

◆フライパンでのひき方

フライパンでは、底に小さな円を描くように、やや多めの油を垂らします。そして、フライパンを持ち、左右前後に底面を動かして、油を隅まで流します。うまく流せないときは、キッチンペーパーなどで全面に伸ばしてください。

 

適温に調整する

◆適温に調整する理由

卵焼き器のくっつき防止には、卵を適温で焼くことが大切です。卵焼き器は、温度が低いとくっつきやすくなり、温度が高いと焦げやすくなります。

 

◆適温にするには

卵焼き器は、最初によく温めておきましょう。中火で一分程度熱しておき、熱くなりすぎていたら、濡れ布巾の上に置いて冷まします。適温の目安は、溶き卵は菜箸の先で落としたときに、ジュワーと長い音が出るぐらいです。

 

◆ガスコンロは温度調整しやすい

卵焼き器を使うときには、ガスコンロのほうが扱いやすいです。ガスコンロでは、火力の調節がしやすいため、卵焼き器を適温に保つのに便利です。つまみでの調整だけでなく、卵焼き器を持ち上げて、火から離して温度を冷ますなどして、微調整することも可能です。

 

卵の取り扱い

◆卵は常温に

卵を常温にしておくと、卵焼き器にくっつきにくくなります。卵焼き器を適温に設定しても、卵の温度が低いと、全体を熱するのに時間がかかり、卵がくっつきやすくなります。卵は調理する少し前に、冷蔵庫から出して常温に置いておきましょう。

 

◆適度に混ぜる

卵は、黄身と白身を混ぜて、溶き卵にしてから焼きましょう。卵焼き器の上で卵を割って、かき混ぜながら焼くのは、くっつきやすくなるのでNGです。ただし、卵の混ぜすぎには注意。あまり長く混ぜていると、卵のとろみがなくなって、卵焼きを作りにくくなります。

 

◆何度かに分けて流し入れる

溶き卵は、少しずつ流し込むのが、うまく作るポイントです。何度も流し入れるのが面倒だからといって、溶き卵を多めに入れるのはNG。溶き卵が温まるのに時間がかかり、卵焼き器にくっつきやすくなります。卵焼き器で作るときには、少なくとも3回から4回には分けて、溶き卵を流し入れるようにしましょう。

 

卵焼き器の取り扱い

◆洗剤で洗わない

卵焼き器のお手入れを誤ると、卵がくっつきやすくなることがあります。たとえば、卵焼き器では、洗剤を付けて洗うのは、あまり好ましくありません。ぬるま湯で流すか、スポンジで軽く洗うのに留めてください。

 

◆銅製の卵焼き器

料理好きの人には、銅製の卵焼き器が人気です。お店の一皿のように、ふんわりと柔らかい卵焼きが作れるのが特徴です。使うごとに馴染むので、ひとつの卵焼き器を、長く愛用できるのも魅力です。ただし、銅製の卵焼き器といえども、調理方法やお手入れ方法を間違えると、卵がくっつきやすくなります。最初に使うときには、よく油を馴染ませておき、使用後は、さっと水洗いして、キッチンペーパーで拭き取りましょう。

 

◆加工の卵焼き器

卵焼き器やフライパンは、テフロン加工のものを使うと、卵がくっつきにくいです。テフロン加工したものでは、油をひかなくても調理ができるほど、滑りがいいのが特徴です。そのため、油を入れ忘れたり、温度が低すぎたとしても、卵をくっつけずに調理することができます。ただし、テフロン加工であっても、使ううちに剥がれや傷みが生じて、卵がくっつきやすくなることはあります。

 

アルミホイルを敷く

テフロン加工が剥げて、くっつきやすくなった卵焼き器などでは、アルミホイルを敷いて調理するといいです。アルミホイルは、シリコン加工などが為された、調理用のホイルを使ってください。たとえば、クックパー・フライパン用ホイルでは、調理面がつるつるとしており、卵焼きが作りやすいです。強くて破れにくいので、菜箸でかき混ぜるときなどにも安心です。

 

マヨネーズを入れる

油をひくのにプラスして、溶き卵に油分を足すと、卵がくっつきにくくなります。といっても、普通にサラダ油を足すと、味付けの配分が崩れてしまいます。そこで、油分をプラスしたいときにお薦めなのが、マヨネーズです。マヨネーズの油分が、卵をくっつきにくくするとともに、卵焼きにコクとまろみを加えてくれます。