【キムチが腐る】見分け方や適切な保存方法を紹介!腐るとどうなる?



 

お酒のおつまみや、鍋などにも大人気のキムチは、辛さが癖になって美味しいですよね。

 

そんなキムチですが、保存方法によっては腐ってしまうこともあります。

 

腐らないイメージが強いので、驚く人もいますよね。

 

本記事では、キムチの腐敗に関する情報を紹介しています。

 

キムチの腐敗

キムチは腐る?

キムチは発酵食品であることから、腐らないというイメージが強いと思います。

 

発酵することによって、保存性が優れているのになぜ?と疑問ではないでしょうか。

 

実は日本のキムチは発酵食品ではありません。

 

韓国のキムチは発酵食品なのですが、日本のスーパーに売られているキムチは漬物と表記されていることが多いです。

 

日本人の舌に合うようにアレンジされており、作り方も異なります。

 

なので、日本のキムチは腐ってしまうのです。

 

種類によって腐るまでの期間は様々ですが、表記されている消費期限や賞味期限を参考にしましょう。

 

腐る原因

◆雑菌

キムチも腐るとカビが生えてきます。

 

その原因となるのが雑菌です。

 

キムチを取る際に、一度口につけた箸などでキムチを触っていませんか?

 

これは雑菌を広げる行為になるので、腐る原因となります。

 

食べきる分だけのキムチなら問題ありませんが、キムチが残るようなら箸は新しいものを用意しましょう。

 

◆常温保存

キムチは常温で長期間保存すると腐ることもあります。

 

未開封のものは大丈夫なことも多いですが、一度開封済みのキムチは注意しましょう。

 

封を開けたら、冷蔵庫で保存することをオススメします。

 

◆保存容器

先程も紹介しましたが、キムチは雑菌が原因で腐ります。

 

その為、保存容器にも注意が必要です。

 

密閉されていない状態の保存容器は、雑菌が侵入しやすいので腐る原因になります。

 

密封できる容器を準備して保存しましょう。

 

キムチ特有の臭いも冷蔵庫に広がらないのでオススメです。

 

腐った場合の見分け方

◆カビ

キムチは腐ってくるとカビが生えます。

 

保存状態にもよりますが、青カビや黒カビ、緑のカビが生えることが多いです。

 

食べるとお腹を壊したり、痛くなったりすることもあります。

 

カビを見つけたら迷わず処分しましょう。

 

◆白くなっている

キムチに白い膜が張っていたり、白い点々がついている場合は大丈夫です。

 

これは腐っている訳ではありませんが、発酵が進んでいる証拠だといえます。

 

食べても問題ありませんが、早めに食べきることをオススメします。

 

◆異臭

キムチは元々キツイ臭いがしますが、腐るとどうなるのでしょうか。