【すり鉢の洗い方】すり鉢とすりこぎの洗い方を紹介!


スポンサーリンク

すり鉢とすりこぎの洗い方

 

 

すり鉢の洗い方

溝の部分に汚れが溜まりやすいので、洗い方に気をつけましょう。

 

■使用後は水につける

汚れが乾いてしまうと取りにくくなるので、使用後はすぐ水につけておくようにしましょう。

また、お湯の方が汚れをふやかしやすくなります。

 

■こすり落とす

溝に入り込む道具を使って、掻き出すようにして汚れをこすり落とします。

目に沿ってこすります。

 

適している道具は色々ありますので、使いやすいものを見つけてみましょう。

金属製のものは溝に傷をつけてしまうことがあるので避けた方がいいです。

 

  • たわし
  • 歯ブラシ
  • キッチン用ミニブラシ
  • 爪楊枝
  • ささら(竹製や木製の小さな箒)

 

■洗い流す

汚れをこすり落としたら、流水で洗い流します。

溝に汚れが残っていないか確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

すりこぎの洗い方

使用前の一手間と、汚れを落とすこと、しっかり乾かすことが大切です。

特に木製のものは、しっかり乾燥させないとカビが発生します。

 

①使用前

使用前に水につけておくと、汚れや匂い、洗剤がすりこぎに染み込まないようになります。

 

②お湯につける

使用後はすぐにお湯につけましょう。

汚れが奥や木目、傷に染み込むのを防ぎます。

 

③洗剤をつけたスポンジで洗う

木目や傷に汚れが入り込んでいないか注意しましょう。

 

④お湯ですすぐ

 

⑤しっかりと乾燥する

 

すり鉢とすりこぎのお手入れ

 


スポンサーリンク

 

湿気(水分)に注意する

すり鉢もすりこぎもしっかり乾燥させてから収納しましょう。

すり鉢の溝部分や木製のすりこぎは水分が残りやすいので気をつけてください。

 

カビを落とす

もしカビが生えてしまったら、カビを除去して乾燥させておきます。

 

すり鉢

漂白剤につけておきましょう。

一定時間つけ置きしたら、カビが取れているか確認します。

 

もし残っていたら、たわしなどでこすり落とします。

 

すりこぎ

木製のものであれば、カビ菌が奥の方まで入り込んでしまっている可能性もあります。

処分するのが惜しい時は、サンドペーパーで削り落としてみましょう。

 

臭いを落とす

臭いが残ってしまって気になる場合は、漂白剤を使います。

つけ置きしたら、念入りにすすぎをしましょう。

 

注意点として、すりこぎは水を十分に含ませてから漂白剤につけ置きします。

塩素系の臭いが気になる方は、酸素系漂白剤の使用をおすすめします。

 

天日干しする

紫外線に当てることで、乾燥だけでなく殺菌効果消臭効果も期待できます。

カビ対策としても有効ですし、雑菌が気になる時も天日干しをしましょう。

 

熱湯消毒

赤ちゃんの離乳食用として使っている方は熱湯消毒をしましょう。

沸騰したお湯に30秒浸け取出し水気を拭き取ったら、できるだけ長い時間天日干ししましょう。

 

長時間熱湯につけておくと水分が内部に染み込んで、カビの原因になってしまいます。

 

 

さいごに

 

 

すり鉢とすりこぎの洗い方は、細かい部分まで汚れを落とすこと、しっかり乾燥させることがポイントです。

 

また天日干しをすることで、乾燥以外にも清潔な状態を保つことができます。

 

使用の有無にかかわらす、定期的に紫外線に当てるよう心がけましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク