【ホーロー鍋の手入れ】汚れ・焦げ付き・サビの落とし方を紹介


スポンサーリンク

ホーロー鍋のお手入れ

 

基本的なお手入れ

■使用するもの

  • 柔らかめのスポンジ
  • 食器用洗剤

 

■洗い方

①表面のコーディングが傷つかないようにスポンジと洗剤で優しく洗います。

ホーロー鍋は汚れがつきにくく落としやすいので、力を入れる必要はありません。

 

②表面の水分をしっかり乾かしてから収納しましょう。

 

■保管方法

鍋とフタの縁はサビやすいので、鍋とフタの間に布を挟んで収納することをおすすめします。

収納したままだとサビる可能性があるので、定期的に出して鍋の中や蓋に風を通しましょう。

 

使用上の注意点

■傷つけるものを使用しない

クレンザー、漂白剤、金属たわしや研磨材付きスポンジなど、傷が付くものは使用しないでください。

 

■剥がれや欠けを放置しない

剥がれや欠けを放っておくと、そこからサビてきます。

使用することはできますが、剥がれが大きくならないように気をつけましょう。

 

〇剥がれた時の使い方

焦げ付きやすい素材や使い方を避け、煮物やスープなど水分の多い調理に使いましょう。

また使用する場合は、クッキングシートで剥がれた箇所を隠して使います。

 

■強い衝撃を与えない

ホーロー鍋は表面をガラスでコーティングしてあります。

そのため、衝撃に弱いです。

 

■急激な温度変化に注意する

急激な温度変化に弱い素材です。

使用後に急冷することはやめましょう。

 

■空焚き禁止

空焚きは絶対にしないでください。もし間違えて空焚きをしてしまっても、水をかけたりして急冷することはやめましょう。放置して冷まします。

 

汚れの落とし方

 


スポンサーリンク

 

つけ置き

①汚れが隠れる程度に水をはり、沸騰するまで中火で火にかけます。

 

②沸騰したら、火を止めて1時間位放置します。

 

③火からおろして柔らかいスポンジで優しくこすります。

 

キッチンペーパーと重曹

①キッチンペーパーを湿らせます。

 

②重曹を湿らせたキッチンペーパーにつけて、汚れを優しくこすります。

 

③水ですすぎます。

 

焦げ付きの落とし方

 

天日干し

①1〜2日直射日光の当たる場所に置いておきます。

焦げに日光が当たるようにしてください。

曇りなど天気の悪い時には数日間放置しましょう。

 

②焦げがひび割れてきたら、古布や柔らかいスポンジでこすります。

 

③水ですすぎます。

 

重曹

①焦げ付き部分に重曹を振りかけます。

 

②水をはり、中火で温めます。

ここで熱湯を入れてしまうと、重曹が泡立ち鍋から溢れてしまいます。

 

③沸騰したら火を止め、1時間ほど置きます。

 

④お湯が冷めたら、柔らかいスポンジでこすります。

 

①焦げが隠れるように鍋に水をはります。

 

②酢を大さじ1〜2杯入れます。

水の量に合わせ加減してください。

 

③中火にかけ、沸騰するまで温めます。

 

④沸騰したら火を弱め、焦げが柔らかくなるまで煮ます。

 

⑤焦げが柔らかくなったら火を止め、木べらや耐熱のゴムべらなどを使って焦げをこすり落とします。

 

玉ねぎの皮

①玉ねぎの一番外側の茶色い皮を2個分くらい用意します。

 

②玉ねぎの皮を鍋に入れ、水も加えて中火にかけます。

 

③沸騰したら火を止め、お湯を捨てます。

 

④食器用洗剤と柔らかいスポンジで洗います。

 

サビの落とし方

 


スポンサーリンク

 

鍋の縁や鍋蓋の縁、欠けてしまったところは特にサビが出やすいです。

 

スポンジ

スポンジでサビをこすります。

周りが傷にならないようサビだけをこするように気をつけます。

 

サビが落ちたら、通常通り洗いましょう。

 

市販のサビ取り剤

市販のサビ取り剤を使用します。

ただし、消しゴムタイプなど種類によっては傷をつけてしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

カビを落とした後は洗ってから、油分を含ませておきましょう。

油の皮膜をはることで、サビを防ぐことができます。

 

さいごに

 

長持ちするホーロー鍋ですが、扱い方を間違えると剥がれや欠け、サビ、ひび割れなどの原因となります。

 

普段は、注意事項に気をつけていれば簡単なお手入れで十分です。

 

汚れや焦げが気になり始めたら、重曹や日干しなどで対策しましょう。

 

またサビ対策として、水分をつけたままにしないことや傷をつけないように扱うことが大切です。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク