【人参が腐る】腐っている場合の見分け方や適切な保存方法を紹介!



 

人参は炒め物やカレーやシチューなど、様々な料理に欠かせない存在の野菜です。

 

使うことが多いので、何本かまとめ買いをして保存しておく人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、人参も腐ってしまうことがあるため、保存方法には気をつけなければいけません。

 

今回は人参が腐る原因や正しい保存方法などを詳しく説明します。

 

是非参考にしてみてください。

 

人参の腐敗

人参は腐る?

人参をまとめ買いしたり、箱で大量に頂いたりと、たくさん人参を保存しておくと、一度に使いきれずに後からこれは腐っているの?

 

と不安になることもありますよね。

 

人参も保存方法によっては腐ってしまいます。

 

まずは腐るとどうなるのかを説明していきましょう。

 

人参が腐るとまずはぬめりが出てきてしまいます。

 

調理前の人参は固く、サラサラしていますが、腐ってくるとぬめりが出てきて感触も気持ち悪くなります。

 

中には溶けることもあるので、切って確認してみると良いでしょう。

 

また、見た目だけでなく異臭がすることもあります。ツンとする酸っぱい匂いがすれば、腐っている証拠ですので、注意が必要です。

 

このように、人参も腐ることがあるので、腐らせないように気をつけなければいけません。

 

更に詳しく原因などを見ていきましょう。

 

腐る原因

◆葉を付けたまま保存

スーパーではあまり見かけることがないので、スーパーで人参を購入する際には大丈夫なのですが、自家栽培や自家栽培をしている人から人参を貰うと、葉っぱがまだついている事があります。

 

人参の葉の部分は栄養を吸収していく働きがあるので、葉を切り落とさずにそのまま一緒に保存してしまうと、どんどん葉に栄養が吸収されてしまい、腐る原因になってきます。

 

◆湿度

人参は湿気にとても弱い野菜です。スーパーなどで人参を購入すると袋に入っていることが多いですが、これをそのまま保存してしまうと袋から水滴が出来始めます。

 

その水滴が人参に付いてしまうと、湿気も集まりやすくなり腐るまでの期間も短くなってしまいます。

 

そのまま保存は楽なのでついついしてしまいがちですが、腐ることを考えると一手間加えた方が後が楽なので袋から取り出して保存しましょう。

 

◆切り口を剥き出しに保存

人参を1本丸々使いきれなかった場合、残りを保存すると思いますがきちんと切り口の部分にラップを巻いていますか?

 

人参は切り口があるとそこから水分が抜けやすかったり、傷がつきやすかったりするので、すぐに腐ってしまいます。