【生姜のカビ対策】カビても大丈夫?食べられる?対処法や保存方法などを紹介!


スポンサーリンク

 

料理の薬味として大活躍な生姜ですが、味付けに少し使う程度だったり、少し添える程度だったりと、一度に使う量が少ないことが多いですよね。

 

その為一度に全部使いきれずに余ってしまうことも多いのではないでしょうか。

 

残りを保存しておいたらカビが生えてしまった…

 

ということもあると思います。

 

今回は生姜に生えてしまったカビについて詳しく説明していきます。

 

生姜のカビ

カビる原因

◆湿気や水分

生姜にカビが生えてしまう一番の原因は、湿気や水分が付いたまま保存することです。

 

カビは湿気や水分が大好きなので、そのような場所があるとすぐに居場所を作ってしまいます。

 

保存場所や保存する前に湿気や水分を避けておきましょう。

 

◆暑い場所

生姜は暑い場所がとても苦手です。

 

その為、夏場は特に保存温度に気を付けておかないと、カビが生えてしまう原因になります。

 

最適な温度は15℃前後になりますので、この温度よりも暑い場所で保存することは避けましょう。

 

カビの見分け方

◆白くふわふわしたもの

生姜に白くふわふわとした柔らかそうな見た目のものが付着していれば、それはカビになります。

 

薄く付いている場合もあり、ぱっと見では分かりにくいこともありますので、保存期間が長くなってしまった場合などは、細かくチェックすることをオススメします。

 

◆茶色く変色している

生姜が茶色っぽく変色している場合、カビと間違えてしまうことも多いですが、これは傷んでいる証拠なのでカビではありません。

 

しかし、傷んできているので早めに使うようにして下さい。

 

傷んでいる部分は美味しく食べることができないので、削り落として使うと良いです。

 

◆黒く変色している

黒く変色したものが付いていれば、これはカビの可能性が高いです。

 

白カビをそのまま放置していると、黒カビに変わることもありますので注意が必要です。

 

カビの種類

◆白いカビ

白カビはふわふわとした見た目で、薄く付いているものから、びっしり一目でわかるように付いていることもあります。

 

黒カビに比べると毒性は強くありませんが、食べてしまうとお腹を壊す可能性もあるので注意が必要です。

 

◆黒いカビ

黒いカビは、白カビに比べて毒性も強いです。

 

食べると健康被害が及ぶ可能性があり危険です。

 

発がん性があるカビとも言われているので気を付ける必要があります。

 

生姜には黒カビよりも、白カビの発生率のほうが高いので見かけることは少ないと思いますが、危険なカビであることは覚えておきましょう。

 

カビても食べられる?

カビが生えている生姜は、カビの部分を取り除けば食べることは可能ですが、なるべく避けた方が良いと言われています。

 

カビが生えている生姜には、見た目では判断できない小さなカビも生えてきている可能性があるからです。

 

しかし、白カビはそれほど毒性が強くないので、カビの生えている部分とその周りを削り落として食べている人もいます。

 

異臭がしたり、中身がぐちゃっとしていたり、全体にカビが広がっている場合は食べずに捨てて下さい。

 


スポンサーリンク

 

カビの対処方法

中身を確認する

生姜の外側にカビが生えていた場合、まずは切って中身を確認してみましょう。

 

中身がしっかりとしていて、丈夫な状態、悪臭がしない状態であればカビの生えている部分とその周りを削り落として使うことができます。

 

処分する

全体的にカビが生えていたり、悪臭がするなどの場合は使わずに捨てて下さい。

 

調理したとしても風味や食感は落ちていて美味しく食べることはできませんし、何よりも健康被害が心配になります。

 

勿体ないですが、次から気を付けることにして捨ててしまいましょう。

 


スポンサーリンク

 

カビを防止する保存方法

切った生姜

生姜を切って保存する場合には、タッパーを使うと約1か月は保存することが可能です。

 

タッパーに焼酎を生姜がひたひたになるくらい入れて密封しておくだけなので、簡単にできます。

 

焼酎の方が長く保存できる効果がありますが、なければ水でも代用できるので試してみて下さい。

 

すりおろした生姜

生姜をすりおろして保存する場合には、冷凍保存が適しています。

 

1回に使う分だけ小分けにして保存できますし、使う際に量を測る手間が省けるので時短にもなります。

 

サランラップにすりおろした生姜を薄く伸ばして挟み、そのまま冷凍庫へ入れておきましょう。

 

冷凍保存の場合も約1か月は保存できるので、調味料や薬味に少しずつ使う場合は、この方法がオススメです。

 

そのままの生姜

買ったままの状態で長期保存しておきたい場合には、天日干しがオススメです。

 

この方法は、上2つに比べると時間と手間がかかりますが、一番長持ちさせることができる保存方法です。

 

まずは生姜の皮を剥き、ざるに並べて数日間天日干しにします。

 

水分が完全に飛んだらタッパーなどに入れて保存します。

 

天日干しした生姜は常温保存で大丈夫ですし、数か月持たせることができるので、生姜を頻繁に使わない家庭にオススメの保存方法です。

 

乾燥剤を一緒に入れておくとカビの発生をさらに防いでくれます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク