【かぼちゃのカビ】取り除けば食べられる?対処法や見分け方などを紹介!



 

本記事では、かぼちゃのカビに関する情報を紹介しています。

 

かぼちゃのカビ

 

かぼちゃは栄養価が高いので、赤ちゃんの離乳食からお年寄りにまで人気の野菜です。

 

しかし、たくさん買いすぎてしまったり、近所の人から頂いたりするとなかなか食べきることができず、気づいた時にはカビが生えてしまっていた!

 

という経験はありませんか?

 

黒いカビだったり、白いカビだったり、種類もありますが食べても良いものはあるのでしょうか。

 

本記事ではカボチャのカビについて詳しく説明しています。

 

これからの季節旬になるかぼちゃなので、是非参考にしてみてください。

 

カビる原因

◆保管の仕方が悪い

かぼちゃのカビに限らず、カビは20度から30度前後の場所を好む傾向があります。

 

そのため、室温が20度から30度の場所でかぼちゃを長期保存していた場合には、カビが生えてしまいやすいでしょう。

 

また、かぼちゃは湿気にも弱い野菜なので、湿度が高い部屋で保存しているとカビが生えてしまいます。

 

◆傷

カボチャは傷が付くとその部分から急速に腐ってしまうのです。

 

カットして売られているカボチャは傷も付きやすいのでもちろん注意が必要です。

 

また、まるごと売られているカボチャも表面の皮は固いですが、意外と少しの衝撃でも傷がついてしまうので注意しましょう。

 

カビの見分け方

◆白い粉のようなもの

かぼちゃの実の部分に白い粉のようなものが付いていることがあります。

 

しかし、これはデンプンと言う糖分が結晶化された塊なのでカビではありません。

 

ちなみにデンプンは炭水化物の一種なので、食べても健康被害に問題はありませんので安心してください。

 

◆白いふわふわした綿のようなもの

カボチャに粉ではなく白い綿のようなふわふわとしたものが付いている場合は、白カビに当たるのでカビになります。

 

白カビはもちろん食べることができませんので、処分することをオススメします。

 

種の部分に発生することが多いので、デンプンなのかカビなのかはしっかりチェックしてみてください。

 

◆黒っぽいまたは青黒いもの

カボチャに黒や青黒い色のものが付いている場合も、カビになりますので食べることはオススメできません。

 

傷んできた場合でも黒くなることがあるので、見分け方が難しいと言う時には、匂いや感触で判断してみましょう。

 

明らかに食欲を損なう異臭がしたり、カボチャがぶよぶよになって柔らかくなっていれば、黒いものはカビの可能性が高いです。

 

カビの種類

上記で挙げたように、カビにもいくつか種類がありそれぞれ発生条件が違いますし、もちろん見た目も違います。

 

◆白いカビ

白いカビはワタのようなふわふわしたもので、見た目は綿菓子のような可愛らしいものですが、発がん性が含まれた白カビもあるくらいなので注意が必要です。

 

さらに酵素の力が強いため、一度発生してしまうとその後は急速に成分が分解され、味や匂いが変わってしまうことが特徴です。

 

食べると健康被害が出る可能性が高いので、かぼちゃに白カビが生えたら食べることは避けてください。

 

◆黒いカビ

黒カビは湿気が大好きなカビになるので、湿度の高い場所に好んで発生することが特徴です。

 

ホコリのような色をしていて、他のカビに比べると加熱をすれば殺菌できる点から、毒性はそれほどありませんが、食べると体調不良を起こしやすいので気をつけましょう。