【陶器の手入れ】カビの取り方や洗い方、欠けたときの対処法

スポンサーリンク

陶器のカビ

 

〇実はカビが生えやすい

陶器の表面はザラザラしている

というのは皆さんご存知だと思います。

 

そして肉眼で確認することは難しいですが

無数の凸凹や隙間があるため、水分を吸収してしまいます。

 

そして溜めこんだ水が原因となってカビが繁殖することがよくあります。

またカビが発生してしまうと取り除きにくいため、増殖しやすいというわけです。

 

〇カビの落とし方

■漂白剤につける

酸素系漂白剤お湯で薄め50~60℃にし、陶器をつけ置きします。

 

漂白剤を用いることで、気になる臭いも落とすことができます。

 

■クレンザーを使用してこする

指先にクレンザーをつけ、気になる部分を優しくこすりましょう。

 

直接クレンザーに触れるのに抵抗がある方は以下のものをご利用ください。

 

  • ゴム手袋を着用する
  • 歯ブラシを使う

 

金属たわしは陶器との相性が良くないので、使用しないでください。

 

■粗塩を使用してこする

クレンザーの代用として粗塩も使用できます。

 

■メラミンスポンジで洗う

水を含ませて、こするだけなので簡単に使用することができます。

 

■重曹を使用して洗う

重曹の粉を振りかけ、スポンジでこすりましょう。

 

狭いところは、歯ブラシを使うとよいです。

 

重曹もクレンザーや粗塩と同じように研磨作用があります。

 

陶器のお手入れ

スポンサーリンク

 

■良く乾かす

毎日のお手入れで最も重要なのが、洗った後乾かすことです。

 

上記で述べたように、陶器は水分が入り込みやすいためカビも生えやすいです。

 

ふきんで水気を拭き取るだけではなく、しばらく自然乾燥させましょう。

 

■使用前に水につけておく

料理や飲み物を入れる前に水に数分間つけておきましょう。

時間がない場合は、すすぐだけでも大丈夫です。

 

こうすることで、陶器に臭いや汚れは入り込んでしまうのを防止することができます。

水が侵入しやすい性質を生かした方法です。

 

■使用後はすぐに洗う

陶器を使用した後は、スポンジと食器用洗剤で出来るだけ早く洗いましょう。

 

食べ物を入れたままにしておいたり、放置していたりすると

臭いが染みついてしまいます。

 

また洗う時は、長時間水につけておくことはやめましょう。

カビの原因になってしまいます。

 

■天日干しする

使用頻度が高い場合は気づいた時に

長期間保管するという場合はその前に

天日干ししましょう。

 

普段飛ばしきれていない水分を出しきれるため、カビ防止になります。

 

スポンサーリンク

 

■欠けてしまったらサンドペーパーでなめらかに!

うっかり落として欠けてしまうことがありますよね。

 

欠けたまま使用すると、手や口を切ってしまうので危ないです。

かといって、捨てるのはもったいないですよね。

 

そんなときは耐水性のサンドペーパーを使用します

 

〇用意するもの

  • ゴム手袋または軍手
  • 耐水性のサンドペーパー(粗め)
  • 耐水性のサンドペーパー(仕上げ用)

 

〇手順

①ゴム手袋または軍手をします。

 

②はじめに粗いサンドペーパーにをつけ、欠けた部分をこすります。

水分が無くなったら、水を何度もつけなおしましょう。

 

③欠けていたところがなめらかになってきたら、一度拭き取り水で流しましょう。

 

④最後に仕上げ用のサンドペーパーでなめらかにして、洗い流したら完成です。

 

まとめ

 

〇陶器は水が入り込みやすいので、カビも発生しやすい

 

〇カビの落とし方は

■漂白剤につける

■クレンザー・粗塩を使用してこする

■メラミンスポンジで洗う

■重曹を使用して洗う

 

〇使用後は良く乾かす

 

〇水につけてから使用すると、臭いや汚れがつきにくい

 

〇たまに天日干しする

 

〇欠けたらサンドペーパーで削る

 

上記の方法を参考にすれば長期間使用することができます。

 

手間がかかるように思えますが、愛着もわいてくるので大事に使用してみてはいかがでしょうか。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク