【ステンレス鍋の手入れ】汚れ・焦げ・黒ずみの落とし方を紹介

スポンサーリンク

ステンレス鍋のお手入れ

 

 

洗い方

■使用するもの

スポンジ食器用洗剤を使います。

傷がつきそうな金属製たわしは使わないようにしましょう。

 

■洗う

食器用洗剤をつけたスポンジで洗います。

使用後すぐに洗うことが大事です。

 

水分や塩分をつけたままにしておくのは避けましょう。

 

■注意すること

▼傷をつける道具は使わない

金属製のヘラやたわしの使用は避けましょう。

 

▼調理器具を入れたままにしない

金属製のお玉などをステンレス鍋に入れっぱなしにするのはやめましょう。

金属同士が反応して、変色などの原因になります。

 

▼空焚きをしない

変色してしまうので、空焚きはしないでください。

 

汚れの落とし方

 

スポンサーリンク

 

クレンザー

クリームクレンザーでくるくるとこすりましょう。

大体の汚れはこれで落ちます。

 

重曹

汚れの部分に重曹を振りかけ、水を含ませたスポンジでこすり落とします。

 

メラミンスポンジ

メラミンスポンジも汚れがよく落ちます。

水を少しつけたメラミンスポンジで汚れをこすりましょう。

 

焦げの落とし方

 

 

お湯

①水を入れたステンレス鍋を火にかけます。

 

②沸騰したら火を弱め、10分程度沸かしておきます。

 

③お湯を捨てて、クリームクレンザーで焦げをこすり落とします。

 

重曹

■ペースト状の重曹で落とす

①水を加えてペースト状にした重曹を焦げ付きに塗ります。

 

②スポンジでこすり落とします。

 

■煮沸する

①重曹をステンレス鍋に入れて10分ほど沸かします。

 

②お湯が冷めるまで放置します。

 

③お湯を捨て、スポンジで焦げをこすり落とします。

 

お酢

①ステンレス鍋に水とお酢を1カップずつ入れます。

 

②沸騰するまで火にかけ、10分ほど煮沸します。

 

③すぐにお湯を捨て、スポンジでこすります。

 

柑橘類の皮(ミカン、レモンなど)

■こする

柑橘類の皮をスポンジ代わりにして、焦げをこすります。

 

■煮る

①柑橘類の皮と水をステンレス鍋に入れます。

 

②沸騰するまで煮ます。

 

③沸騰したらお湯を捨て、こすり洗いをします。

 

■天日干し

なかなか落ちない焦げ付きには天日干しを試しましょう。時間はかかりますが、効果があります。

 

①焦げに日光が当たるように置き、1週間程度天日干しします。

 

②焦げがしっかり乾燥しているか確認します。

不十分であれば、さらに数日間干します。

 

③割り箸やスクイザーなど傷にならない物を使って、焦げを剥がします。

 

黒ずみの落とし方

 

スポンサーリンク

 

クレンザー

クレンザーをスポンジにつけて黒ずみをこすります。

ステンレス専用のクレンザーも市販されていますので、お試しください。

 

重曹

■煮沸する

ここでは外側の黒ずみに効果的な方法をご紹介します。

内側については、焦げ付きの落とし方と同じ方法で黒ずみも落とすことができます。

 

①黒ずみの鍋が入るくらいの大きさの鍋を用意します。

 

②大きい鍋の半分くらいまで水を入れ、重曹も加えて沸騰するまで火にかけます。

 

③沸騰したら、黒ずみの部分が浸かるように鍋を入れて数分間煮沸します。

 

④火を止め、一晩くらい放置します。

 

⑤黒ずみが残っていたらスポンジでこすります。

 

■ペースト状の重曹を使う

①水と混ぜてペースト状にした重曹を、焦げ付きにつけます。

 

②スポンジで焦げ部分を、こすり落とします。

 

お酢

①鍋に水とお酢を1カップずつ入れます。

 

②火をかけて沸騰させてから、10分ほど煮沸します。

 

③煮沸が終わったら酢水を捨てて、スポンジでこすります。

 

さいごに

 

 

ステンレス鍋は、食材の放置と金属製調理器具の使用、空焚きに気をつけて入れば扱いが難しいものではありません。

 

もし、汚れ、焦げ、黒ずみが気になっても、落とす方法が色々あります。

ぜひ上記の方法を試してみてください。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク