【ハサミのサビ取り・ベタベタ落とし】簡単な掃除・手入れ方法【重曹/ハンドクリーム】



 

本記事では、ハサミのサビ取り方法やベタベタの落とし方などを紹介しています。

 

ハサミのベタベタ

ハサミがベタベタするとき

ガムテープを切った後、ハサミのベタベタ、気になりますよね。レトルト食品や調味料の袋を切るキッチンバサミも、ラードなどの油でベタベタしやすいものです。ハサミはベタついたまま使っていると、切れ味が悪くなってしまうだけでなく、切るものにベタベタを付着させてしまうことも。ハサミのベタベタに気付いたら、次のような方法でスッキリと落としましょう。

 

落とすときの注意点

ハサミのベタベタを取るときには、刃先で指などをケガしないように注意しましょう。とくに、裁ちバサミや万能バサミのような、刃がしっかりとしたものは、ちょっと触れただけでも手が切れることがあります。切れ味がいいハサミを掃除する場合は、軍手などをはめてから行うのが安心です。

 

ウェットティッシュ

◆使用するウェットティッシュ

手軽なのが、ウェットティッシュを使う方法です。手や口拭き用、お尻拭き用のウェットティッシュでOKです。ノンアルコールのものよりは、アルコールを使用したもののほうが、ベタベタがよく落ちます。

 

◆落とし方

ウェットティッシュを広げてから、刃の表裏を挟み、ゆっくりと動かしながら拭き取りましょう。薄手のものや、面が小さいウェットティッシュでは、何枚かを重ねてから拭き取るほうが、汚れを落としやすく安全です。

 

 

 

消しゴム

粘着性のベタベタに効くのが、消しゴムで落とす方法です。消しゴムで刃の表面をこすると、粘着したものが消しカスとなって、ポロポロと剥がれ落ちます。ステッカーがへばり付いた場合など、目に見えるぐらいしっかりと付いたベタベタにも効果的です。

 

◆落とし方

刃の長いほうの方向に沿って、消しゴムでこすります。消しゴムでこする方法は、手がブレやすく、ケガをしやすいです。軍手などをはめてから、ゴシゴシこすることをお薦めします。

 

除光液

マニキュア落としに使っている除光液で、ベタベタを落とすことができます。コットンやティッシュなどに、除光液をたっぷりと含ませてから、刃先を滑らせるようにして拭きます。粘着汚れが頑固なときは、除光液を含ませたコットンなどで、刃を挟み、数分置いておきます。その後、きれいなティッシュなどで拭き取ると、驚くほど簡単にベタベタが取れます。

 

消毒用アルコール

消毒用アルコールやエタノールなども、粘着汚れを落とすことができます。使い方は、除光液のときと同じ。コットンなどに消毒用アルコールを含ませ、刃を挟みながらゆっくりと拭き取ります。仕上げに、きれいなティッシュなどで汚れを拭き取ってください。

 

 

テープ

粘着汚れを、粘着させて落とすという方法です。シールなどの比較的に粘着性が弱いものでは、ガムテープやビニールテープなど、もっと粘着性が強いものを使って落とすことができます。しかし、ガムテープなどの粘着が、さらに上乗せされてしまい、より一層ベタベタしてしまう可能性もあります。

 

セスキ炭酸ソーダシート

セスキ炭酸ソーダが含まれたシートは、油分のベタベタ汚れに効果的です。キッチン掃除用などとして売っている、セスキ炭酸ソーダシートを使うと、濃厚な油汚れもスッキリと落とせます。キッチンバサミにお薦めの方法です。

 

 

重曹

◆使用する重曹

重曹を使う落とし方では、重曹水や重曹シート、重曹の粉をそのまま使うなど、いろいろな方法があり、どれでもOKです。もし家庭に重曹の粉があれば、この方法が一番効果的です。

 

 

◆落とし方

刃のベタベタした部分に、直接、重曹の粉を振り掛けます。刃が見えなくなるぐらい、たっぷりと掛けてください。その上に、少しずつ水を垂らして、重曹をペースト状にします。そのまま10分ほど放置してから、洗い流します。汚れが落ちていないときは、もう一度同じように重曹と水を掛けて、放置時間を長めにします。最後に、水で洗い流してから、タオルなどでよく水気を拭き取ってください。

 

中性洗剤

キッチンバサミのベタベタは、中性洗剤で洗ってしまう人が多いでしょう。食器洗い洗剤などの中性洗剤は、油汚れに強く、さっぱりとベタベタを落とせます。その代わり、水洗いした後には、しっかりと水気を拭き取らないと、刃がサビやすくなるので注意です。

 

◆落とし方

食器洗いスポンジに、中性洗剤と水を含ませてから、刃を挟んで洗います。もしくは、刃に直接、中性洗剤を塗ってから、水を含ませたガーゼなどで挟み、ゴシゴシと滑らせながら洗います。仕上げには、水洗いで洗剤を落とし、タオルなどでよく水気を拭き取っておきます。自然乾燥は、隙間に水気が残りやすく、サビができやすくなるので避けましょう。

 

 

ハサミのサビ取り

 

ハンドクリーム

◆使用するハンドクリーム

ほんのちょっとのサビならば、ハンドクリームで落としてみましょう。ハンドクリームは、ニベアなどの、シンプルなものがお薦め。ワセリンなどの油分が濃いものだと、なおいいです。というのも、ハンドクリームを使うのは、潤滑油代わり。刃表面の滑りを良くすることで、汚れをこすり落としやすくするのです。ちなみに、ハンドクリームは、粘着性のベタベタにも効き目があります。

 

 

◆落とし方

刃の表裏にハンドクリームをたっぷりと塗ってから、柔らかい布で挟み込み、ゆっくりと動かしながら拭き取ります。サビのある部分は、少し力を入れて、こすり落とすようにします。仕上げには、乾いた布などで、ハンドクリームをよく拭き取っておきます。

 

ベビーオイル

ハンドクリームと同じく、ベビーオイルを潤滑油代わりに使う方法です。オイルライター用のオイルを使う人もいますが、可燃性などのリスクを考えると、あまりお薦めしません。ベビーオイルはさっぱりとしており、刃に塗っても、ベタベタしにくいです。

 

 

◆落とし方

コットンなどにベビーオイルを含ませてから、サビた部分に乗せるか、挟み込むかして、しばらく置きます。その後、コットンを滑らせるように動かして、サビをこすり落とします。ベタつきが気になる場合は、仕上げに、乾いた布などでよく拭き取っておきましょう。

 

メラミンスポンジ

とにかくサビを落としたい!という人には、メラミンスポンジがお薦めです。刃の表面をこすり取って、みるみるうちにサビを落としてくれます。ですが、ほんのわずかながらも、刃が削れてしまうため、高級なハサミに使うことはお薦めしません。

 

 

◆落とし方

メラミンスポンジに水を含ませて軽く絞ってから、刃に当ててこすります。力を入れずに、表面で軽く動かすだけでも、サビが落ちていきます。

 

アルミホイル

ハサミにアルミホイルを使う、お手入れ方法を知っていますか? 刃がサビて、切れ味が悪くなった・・・とお悩みの人に、ぜひお薦めしたい方法です。残念ながら、サビを落とせるわけではありませんが、切れ味が格段に良くなるので、少々のサビならば気にならなくなります。とにかく、よく切れるようになることは間違いなし! ハサミの切れ味に不満があるときに、いちど試してみてください。切ったときの音が変わるぐらい、ハサミの切れ味が復活します。

 

◆落とし方

アルミホイルを適当な長さに切ってから、5~10枚に重ねます。それを、ハサミでザクザクと切ります。少し力を入れて、勢いを付けるように切るのがコツです。なお、アルミホイルは、クシャクシャに丸めたものを、伸ばしてから使うほうが、効き目があります。そして、ハサミで切りやすい程度に、厚みを出したほうがいいです。10回ほど、ハサミでアルミホイルを切ったら終了です。