【ハサミの手入れ】ベタベタの落とし方やサビの取り方を紹介


スポンサーリンク

ベタベタを取る方法

 

日焼け止めクリーム/ハンドクリーム

ハサミの刃の裏と表に、サビが見えなくなるくらいクリームを塗ります

 

②クリームを塗った状態のままハサミを何度か開閉します

 

③粘着剤が取れたらクリームを拭き取ります

 

消しゴム

粘着剤がついている部分を消しゴムでこすります

 

②ある程度ベタベタがなくなってきたらティッシュなどで拭き取ります

 

※消しゴムは砂けしのような硬いものではなく、やわらかいものを使いましょう。

消しゴムが粘着を絡め取ってくれます。

 

ウェットティッシュ

ベタベタがついている部分をウェットティッシュで拭き取るだけで

ウェットティッシュに含まれるアルコール分がベタベタを分解して取り除くことができます。

 

※アルコール不使用のウェットティッシュは効果がありません

 

スポンサーリンク

 

除光液/消毒アルコール

コットンがヒタヒタになるくらい除光液やアルコールを含ませます

 

②何回か刃を軽く拭きます

 

③粘着剤がカスのようになって取れてきたら、ティッシュなどで拭き取ります

 

粘着テープ

ハサミの刃についている粘着剤よりも強力な粘着テープを、ペタペタ貼ったり剥がしたりして取ります

 

 

サビを取る方法

 

木工用ボンド

サビが見えなくなるくらい木工用ボンドをたっぷり塗りつけます

 

②ハサミが動いたり触ったりしないようにして、ボンドが透明になって完全に乾くまで待ちます

 

③ボンドが乾いたらゆっくりとていねいに剥がしていきます

 

潤滑スプレー

ハサミの刃のサビがついている部分に潤滑スプレーを吹きつけて、キッチンペーパーやボロ布で拭き取ります。

 

潤滑スプレーの薄い膜ができて、サビの防止効果もあります。

食品などの口に入るものに使うようなハサミには使用しないようにしましょう。

 

レモンと塩

①サビがついたハサミの刃に、まんべんなく塩を振りかけます

 

②塩を振った部分の上からレモンの絞り汁をかけます

 

2時間から3時間おいたのち、ブラシや絞ったレモンの皮でこすってサビを落とします

 

スポンサーリンク

 

重曹

①重層に少量の水を加えて重曹ペーストを作ります

 

②サビがついている部分に重曹ペーストを塗り、しばらく置いておきます

 

③しばらく経ったらブラシでサビをこすり落とします

 

④サビが落ちたら水で重曹ペーストを洗い流し、水分を拭き取って乾かします

 

ジャガイモと食器用洗剤

ジャガイモを半分に切ります

 

②ジャガイモの切り口に食器用洗剤をつけ、サビがついている部分に塗りつけます

 

③そのまま数時間置いておき、しっかりとすすいで水分を拭き取って乾かします

 

クエン酸

①容器にお湯を入れ、クエン酸を入れて溶かします

 

②サビがついているハサミをクエン酸水に浸けます

 

③一晩おいて、水でしっかりとすすいで乾かします

 

諦めて捨てる前に

 

お料理や工作、事務作業、園芸など、家庭だけでなく仕事でも出番が多くあるハサミは、日常生活に欠かせないものとなっています。

 

安く手に入るものもあるため、ベタベタサビがついてしまったら新しいのを買った方が早いと、使い捨てのようにされることもあるかもしれません。

 

しかし少しのことなら身の周りにあるもので対処できます。

捨てたり買い替えたりする前に、ちょっと試してみましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク