【ビーチサンダル擦れ対策】「痛い!」を解決する方法を紹介

スポンサーリンク

ビーチサンダル擦れとは

 

ビーチサンダルは、底の部分とトングといわれる鼻緒からなる簡単な作りのものです。

 

しかしこのビーチサンダルはどれも同じような構造に見えても、きちんと選ばないといけません。

 

足に合わないものをはいたり、正しい履き方をしたりしていないと

足の親指と人差し指の間や、足の甲などのトングが擦れる部分が痛くなります。

 

これを靴擦れならぬ、ビーチサンダル擦れといいます。

 

痛くなる前に

スポンサーリンク

 

慣れないものや足に合わないものをはいていると足が痛くなり

ひどくなるとトングが擦れる部分の皮がむけて傷みも増してしまいます。

 

その前に、痛くならないよう対策をしておきましょう。

 

■クリームを塗る

ビーチサンダルをはく前に、トングが足にあたる部分ボディクリームを塗っておきましょう。

 

こうすることによって、トングと足との摩擦が少なくなり、皮がむけるのを防ぐことができます。

 

 

■対策グッズを使う

サンダルのトングが足にあたって痛くなるのを防ぐグッズも販売されています。

 

シリコンなどで作られたトングにつけるカバーを購入して使ってみると良いかもしれません。

 

■自作で対策する

トングカバーのようなものを自分で作ることもできます。

 

トング部分に、ベロア生地を巻きつけてみましょう。

ベロア生地には程よい厚みがあり、自分の好きなカラーを使うこともできます。

 

このように、トング部分にクッションのようになるものを付けるだけで、痛くなりにくくなります。

 

■歩き方を変える

ビーチサンダルをはいたときには、歩幅を小さくして、かかとから優しく着地するように歩きましょう。

 

歩き方を変えるだけでも痛みが変わってきますよ。

 

衝撃がダイレクトに伝わる

 

ビーチサンダルはもともと長い時間はいたり、歩いたりするように作られてはいません。

底が薄いため、アスファルトなどの硬くて平たんな場所を歩くと、衝撃がダイレクトに足に伝わってきます。

 

大人にも衝撃があるので、子どもには衝撃が強すぎるようです。

また、靴に比べるととても滑りやすくなっていますので

お子さんがビーチサンダルをはいているときにはしっかり注意して見守っておきましょう。

 

 

土踏まずのサポート

 

ほとんどのビーチサンダルは土踏まずをサポートするものがありません。

 

そのため、これをはいて長時間過ごしていると、かかとや土踏まずに痛みが起きてくるようになります。

 

無意識のうちに

スポンサーリンク

 

歩き方によって痛みがかわってくるということでしたが

ビーチサンダルをはいたときには、無意識にそれに合わせた行動をとるようになります。

 

ビーチサンダルが脱げないように指先で無意識のうちにトングをつかんでいます。

 

また、歩幅や姿勢も変わっていつもと違う部分に力が入るようになります。

 

ビーチサンダルの選び方

 

■サイズ

足の親指からかかとまでの一番長い部分の全長に、1.5cmから2.5cmを足した大きさが、丁度良いサイズになります。

 

試着のさいには、かかとを合わせるより、親指がちゃんとソールに入っていることを確認しましょう。

 

サイズが大きいものを選んでしまうと、足が前のほうに滑ってしまい

自然と力が入って疲れやすく脱げやすく、ビーチサンダル擦れの原因となってしまいます。

 

■底部分

ある程度重みがあるものにしましょう。

 

■トング(鼻緒)

トングが底の真ん中から出ているものは避けましょう。

 

無理はしない

 

ビーチサンダルは着脱が簡単で、水にぬれても平気です。

 

蒸れずに涼しくて、夏には欠かせないものとなっていますが、普段使いにずっとはいているとトラブルも起こってきます。

 

レジャーなどではくと便利ではありますが

足が痛くなったり、怪我をしたりしては楽しい時間も台無しですよね。

 

どう対策しても痛い場合は、マリンシューズなどに変えるのも一つの対策です。

 

適材適所に使用して、楽しい夏の時間を過ごしましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク