【わさびの殺菌効果】意外と知らないワサビの凄さを紹介!


スポンサーリンク

皆さんはわさびがお好きですか?

 

わさびを使う代表的なものと言えば、やはりお刺身やお寿司ではないでしょうか。

お刺身やお寿司にわさびを使用すると、ツーンと突き抜けるような辛さが来て美味しいですよね。

 

しかし、わさびはただ味を引き立てる薬味ではありません。

「お刺身やお寿司にはわさび」というコンビになった理由は、昔の人がわさびの持つ殺菌効果に注目したからという説もあります。

もし本当に殺菌効果に注目したからこの組み合わせになったのであれば、昔の人の知恵には驚かされます。

 

それではわさびにはどのような殺菌効果があるのかご紹介します。

 

驚くべきわさびの優れた殺菌効果

スポンサーリンク

アリルイソチオシアネートと呼ばれるわさびの辛み成分には強い殺菌効果があります。

 

生魚などは特に菌の繁殖が早く、食中毒になりやすい食べ物です。

そこにわさびを使うことによって大腸菌やサルモネラ菌などの菌の繁殖を抑えることが出来るのです。

 

このことは、色々な実験で明らかになっています。

わさびの辛み成分であるアリルイソチオシアネートの中に大腸菌271個を投入すると1時間で5個に減少したり、同様に腸炎ビブリオ38個が30分で0になったり、塩水に寄生虫を入れその中にわさびを入れるとわずか15分で寄生虫が活動できない状態になるという実験結果もあります。

 

このことは、わさびには殺菌効果があるという大きな裏付けとなるでしょう。

 

また、わさびにはカビを抑える効果もあります。

このわさびのカビを抑える力を利用して、抗菌・防カビ剤が開発されています。

 

これはアリルイソチオシアネートを加工したもので、コンビニなどのお弁当屋お総菜やパンなどを腐らせにくくし、品質を保てるように活用されています。

スポンサーリンク

更に、わさびの力はこれだけにとどまりません。

なんと、体内の菌まで減らす効果があるのです。

 

皆さんはピロリ菌という名前を聞いたことがあるでしょうか。

ピロリ菌は胃がんを誘発させる物質であるとともに、胃潰瘍などの胃粘膜障害の主な原因とされています。

そのピロリ菌を減らす効果があることが分かったのです。

 

通常、胃潰瘍になった場合病院では薬が投与されますが、これは下痢などの副作用が起こりやすくなります。

そこでピロリ菌の除菌に効果的な食事を摂取することに注目が集まっています。

わさびはまさに、その役目を担ってくれるのです。

 

このように、わさびには非常に大きな殺菌効果が期待できます。

とは言え、わさびはあくまで薬味であり、薬ではありません。

 

今回ご紹介した実験も、人が摂取するには多すぎる量を使用しているものもあります。

殺菌効果があるからと言って、わさびの摂取しすぎには注意しましょう。

 

さいごに

わさびには驚くべき優れた殺菌効果があることはわかっていただけたと思います。

このほかにもわさびには、美容効果血栓予防効果食欲増進効果などがあり、殺菌効果以外にも健康に良い優秀な薬味です。

味を引き立ててくれる以外にも、実は私たちの知らない間にたくさんの効果を発揮してくれていたのです。

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク