【スパイクのお手入れ】汚れを落とす洗い方を紹介!

スポンサーリンク

スパイクの洗い方の原則

 

泥、汗、雨などたくさんの汚れがつくスパイク。

水で思いっきりバシャバシャと洗いたいところですが、水洗いはできるだけ避けてください。

型崩れや傷みの原因ともなります。

 

※靴紐と中敷きは水洗いしても大丈夫です

 

長持ちさせるためにも基本の洗い方をおさえて、丁寧に洗いましょう。

 

人工皮革は水に強く型崩れもしにくいので水洗いもできます。

その際には、レザー用のシューズシャンプーを使って手洗いしましょう。

 

天然皮革のスパイクを水洗いをしたい場合には、水に浸さずに水を使って汚れを落とす感覚で洗いましょう。

汚れのひどい部分にシューズシャンプーを使って少しずつ丁寧に洗うのが好ましいです。

 

洗い方の手順

スポンサーリンク

 

■準備するもの

  • 汚れ落としのクリーナー
  • シューズクリーム
  • ワイヤーブラシ(歯ブラシでも可)
  • 布きれ数枚
  • 新聞紙
  • シューズブラシ

 

■手順

①靴紐と中敷きを外します。

靴紐と中敷きの汚れをクリーナーで落とすか、汚れがひどい場合には水洗いをしましょう。

 

【靴ひものお洗濯】靴紐の汚れの落とす洗い方を紹介

 

②表面についている泥を、水を染み込ませ布で拭き取ります。

縫い目にも汚れが入り込んでいるので、縦横と向きを変えながら拭いていくと良いでしょう。

 

靴の裏側は、ブラシを使って丁寧に泥や砂を取り除きます。

裏側の汚れが落ちにくい場合には、表面にかからないよう注意して、水をかけながらでも大丈夫です。

 

③風通しの良い場所で日陰干しをします。

表面についている水分がしっかり飛ぶまで乾かします。

 

この時、靴の中に新聞紙を丸めて入れておくと、内側の余計な水分を吸い取ってくれます。

ただし、型崩れの原因にもなりますので、詰めすぎには注意しましょう。

 

【濡れた靴の乾かし方】スニーカーや革靴を洗濯機で脱水!

 

④クリーナーを乾いた布につけ、汚れを落としながら広げるように全体を拭いていきます。

クリーナーと汚れが残らないようにしっかりと拭き取ります。

 

ツヤ出しと長持ちをさせるためにクリームで栄養を与えます。

柔らかい布で薄く広げるようにクリームを塗り込みます。

塗りすぎは汚れがつきやすくなるので注意しましょう。

 

塗り終わったらしっかり乾かします。

 

⑥クリームが乾いたら、布やシューズブラシで磨き、ツヤを出します。

 

 

さいごに

スポンサーリンク

 

スパイクの手入れは、ポイントを押さていればそう大変な作業ではありません。

さらに購入時のフィット感を保てる上、長持ちもするので余計な買い替えをしなくてすみ経済的です。

 

水洗いをしない」というところをまず押さえておき

 

泥や砂を落とす水分を飛ばすクリーナーで汚れを拭き取るクリームで保護するしっかりと乾かす

 

この一連の流れを覚えておきましょう。

 

さらに簡単に済ませたい時には、シューズコンディショナーというクリーナーとクリームが一緒になっている便利なグッズもあります。

 

汚れがさほどひどくない時には、裏面の泥を落とした後にコンディショナーを使って手入れをするというのも良いでしょう。

 

靴の中も、100均やドラッグストアなどでよく売っている抗菌ウェットティッシュを使って、汚れを拭き取っておくと消臭にもなります。

 

小まめな手入れで清潔を保ち、きれいなスパイクで気分も上げてスポーツしましょう!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク