【リコーダーの手入れの仕方】洗い方や掃除方法、掃除棒の使い方を紹介!


スポンサーリンク

 

 

学校の音楽の授業でよく使うリコーダーですが

実はカビが生えやすい環境となっていることを知っていますか?

 

カビは湿度が高く風通しの悪い場所に特に増えやすいので

演奏後ケースにしまうリコーダーに生えていてもおかしくはありません。

 

今回はリコーダーのお手入れ・掃除方法と洗い方についてご紹介します。

 

日頃のお手入れ方法

 

演奏する前

歯磨きやうがいをする

口の中に汚れがある状態だと、ウィンドウェイ(息の吹き込み口)が詰まったり、カビの原因になったりします。

 

頭部菅を手のひらなどで温めてから吹く

冷えているリコーダーに温かい息を吹き込むと水滴が溜まりやすくなるので、カビが発生しやすくなってしまいます。

 

演奏した後

水滴を飛ばす

窓(息が出るところ)の部分を軽く指を乗せて音が出ないようにした状態

強く息を吹き込み水滴を飛ばします。

 

リコーダーの内部を拭く

掃除棒を使って内部に水分をふき取りましょう。

 

掃除棒の使い方

ガーゼの端を掃除棒の穴に通して、掃除棒の先端がむき出しにならないように巻き、リコーダーの菅の中を通します。

 

ガーゼを撒いた方向にゆっくり回しながら内側の水分を拭きましょう。

 

100均でも手に入る?

100均では本体とセットで掃除棒が販売されています(店舗によっては取り扱いのない場合もあります)。

 

代用品

掃除棒がないという場合には、形状の似ている箸などにガーゼを巻き付けて拭くことができます。

 

ただし、拭いているときにガーゼが取れてしまう可能性もあるので、緊急でなければ掃除棒を使うのが一番でしょう。

YAMAHA リコーダーお手入れセット

 

木製リコーダーのお手入れ

木製リコーダーは乾燥をさせてからしまう

木製リコーダーは特に水に弱いので

水分をしっかりと拭き取り乾燥させた後にしまいましょう。

 

オイルでケア

木製のリコーダーはオイルケアすることによって、良い状態を保ち長く使うことができます。

 

専用のオイルが販売されているので、それを使用するのがオススメです。

リコーダーオイル メンテナンスキット

 

 


スポンサーリンク

 

リコーダーの洗い方

 

学校で使うリコーダーのほとんどは

樹脂製のリコーダーなので丸ごと水洗いしても大丈夫です。

 

しかし木製リコーダーを水洗いしてしまうと、変形やひび割れの原因になってしまいます。

木製リコーダーは洗わないようにしましょう。

 

水洗いの仕方

 

洗面器に食器用中性洗剤とぬるま湯(水)を用意する

リコーダーが浸かる程度の量のぬるま湯に、食器用中性洗剤を数滴落とします。

 

リコーダーが変形するおそれがあるので、煮沸消毒をしてはいけません。

40℃以下のぬるま湯か水を使って洗うようにしましょう。

 

リコーダーをバラバラにして洗う

リコーダーを頭部菅中部菅足部菅の3つに分解して、ぬるま湯に入れて洗います。

ぬるま湯に浸けるのは、長くても15分程度にしましょう。

 

ラビューム(エッジ、頭部菅にある斜めに切り込んである部分)は音を出す重要な場所なので、傷つけないように注意しましょう。

 

汚れが取れない場合は、歯ブラシで軽くこすります。

唄口(口に咥える部分)の汚れが気になる場合は

柔らかい布にアルコールを染み込ませて拭きます。

 

③綺麗な水ですすぐ

表面の汚れがしっかりと取れているか確認しながら、綺麗な水ですすぎます。

リコーダーを逆さにして洗うのもいいですね。

 

水分をしっかりと拭き取り、乾燥させる

日頃のお手入れ方法と同じようにガーゼと掃除棒を使ってリコーダー内部の水分を拭き取ります。

柔らかい布で表面も拭きましょう。

 

日光が当たらない場所で陰干しをします。

ドライヤーを使って乾燥させると、急激な温度変化によって変形するおそれがあります。

 

つなぎ目にグリス(リコーダークリーム、無ければワセリン)を薄く塗る

つなぎ目のグリスが剝がれていたら薄く塗り、リコーダーを元通りに組み立てます。

 


スポンサーリンク

 

さいごに

 

学校だと次の授業の準備もあるので

掃除棒でリコーダーの内部を拭くのが難しいかもしれません。

 

私も掃除棒はあるのに、リコーダーの手入れなんて購入以来全くしたことがありませんでした。

 

リコーダーを家に持ち帰っているときに、掃除棒を使って内部の水分を拭いたり、リコーダー全体を洗ってみたりしてはいかがでしょうか。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク