【ペンキを落とす方法】洋服や木に付いたペンキの落とし方【水性・油性・乾いたペンキ】


スポンサーリンク

 

本記事では、ペンキ(水性・油性)の落とし方を紹介しています。

 

服に付いた水性ペンキ

水性ペンキが乾く前

◆水性ペンキが付いてすぐ

水性ペンキは、乾く前ならば比較的簡単に落ちます。

 

ペンキが服に付いたときは、焦らずに次の落とし方を試してみましょう。

 

◆流水ですすぐ

ペンキが付いた場所に流水を掛けてつまみ洗いします。

 

もみ洗いを頑固にするとペンキが繊維の中に広がり、汚れが大きくなることもあります。

 

爪先で表面を引っかくようにして、汚れを落とすのがよいでしょう。

 

◆中性洗剤で洗う

流水だけで落ちない汚れは、中性洗剤を付けて洗います。

 

・用意するもの

・中性洗剤(食器用洗剤でも可)

 

・歯ブラシ(使い古しでも可)

 

 

・手順

①歯ブラシを濡らしてから、歯ブラシに中性洗剤を多めに垂らします。

 

 

②①の歯ブラシを服の汚れた部分に当てて、こすり洗いしてください。

 

歯ブラシは、ペンキを掻き出すようなイメージで小刻みに動かすのがいいです。

 

 

③汚れが落ちたら、水洗いで洗剤を流します。

 

◆浸け置き洗い

①洗面器に熱めのお湯を張り、衣類用洗剤を溶かしてからペンキが付いた服を浸します。

 

 

②しばらく置いてから、使い古しのハブラシなどを使って汚れた部分をこすり洗いしてください。

 

 

③その後、洗濯機でいつも通りに洗濯すると洗剤もペンキもきれいに落ちます。

 

◆漂白剤

・使用する漂白剤

たくさんのペンキが付いた服には、漂白剤を使ってみましょう。

 

使用するのは、ワイドハイターなどの衣類用漂白剤です。

 

塩素系でも酸素系でもOKですが、個人的には比較的衣類に優しい酸素系漂白剤がオススメです。

 

漂白剤を使うと一生懸命に汚れをこする必要がなく、洗うのが楽です。

 

・洗い方

①水(またはぬるま湯)を洗面器などに張り、漂白剤を溶かします。

 

漂白剤は浸け置き洗いの分量を入れてください。

 

 

②服を①に浸けしばらく放置すると、ペンキの色が徐々に抜け落ちていくのが分かります。

 

 

③1時間程度で水から出し、洗濯機でいつもの方法で洗濯してください。

 

水性ペンキが乾いた後

◆水性ペンキが乾いたとき

乾いた後の水性ペンキは、ちょっとやそっとでは落とせません。

 

汚れを触れてパリパリと固くなっているときは、家庭での洗濯は諦めたほうがよいかもしれません。

 

ダメもとで試してみたいという方には下記の方法を紹介します。

 

◆爪でこする

デニムやトートバッグなど厚手で丈夫な素材のときは、爪でこすってみましょう。

 

ペンキと繊維の境目に爪先を立てて、軽く力を入れながらこそぎ落としてください。

 

繊維が引っ張られる感覚があるときは、無理やりこすらないようにしましょう。

 

飛び散ったペンキ跡ぐらいならば、うまく落とせることがあります。

 

◆浸け置き洗い

①洗面器などに熱めのお湯を張り、ペンキが付いた服を浸してしばらく置きます。

 

その後 お湯から取り出し、汚れた部分をこすり洗いします。

 

爪先やマイナスドライバーなどを使って、ペンキをこそぎ落としてください。

 

くれぐれも服の繊維を傷めないよう、優しく落としてくださいね。

 

◆クリーニング

・乾いたペンキはクリーニングへ

固まってしまったペンキ汚れはクリーニングに出すのが賢明です。

 

こすったり、浸け置き洗いなどで簡単に落ちるようなペンキであれば、塗料としての役目は果たせませんよね。

 

無駄に頑張るよりも、クリーニングでプロの方にお任せしたほうが、繊維が傷まずペンキ汚れもきれいに落とせるでしょう。

 

・クリーニングに出すときの注意点

クリーニングに出すときは、

 

・水性ペンキが付いていること

 

・ペンキの付いている部分

 

・付いてからどのくらい時間が経ったか

 

などを、お店の方に伝えましょう。

 

その情報をもとに、クリーニング店ではいろいろな方法でペンキ落としを行ってくれます。

 


スポンサーリンク

 

服に付いた油性ペンキ

油性ペンキが付いたら

油性ペンキは、乾いていないうちに落とすのが基本です。

 

乾くのが早い油性ペンキは、落ちるかどうかはとにかく時間との勝負です!

 

ペンキが付いてしまったことに気付いたときは、すぐに服を脱いで次の方法を試してみましょう。

 

中性洗剤

中性洗剤(食器洗い洗剤など)で、油性ペンキを浮かせて落とす方法です。

 

 

①きれいなスポンジを用意して水を含ませてから軽く絞り、中性洗剤を数滴垂らします。

 

 

②スポンジを何度か揉んで洗剤を泡立たせてから、ペンキの付いた場所に押し当てます。

 

 

③トントンと叩きながら、汚れを落としていきます。

 

クレンジングオイル

 

メイク落とし用のクレンジングオイルでも、油を浮かせて落とすことができます。

 

メイク用コットンなどにクレンジングオイルをたっぷりと含ませてから、汚れた場所をトントンと叩きます。

 

コットンにペンキ汚れが移ってきたら、新しいコットンにクレンジングオイルを含ませ直して、叩くことを何度か繰り返してください。

 

アルコールジェル

消毒用のアルコールジェルを使って、油性ペンキを落とすことができます。

 

アルコールジェルをコットンやティッシュなどに含ませてから、トントンと叩いて汚れを落としましょう。

 

アルコールジェルは携帯できるので、外出先でのペンキ落としなど、応急処置として使うのに便利です。

 

 

除光液

 

マニキュアを落とすときに使う除光液でも、油性ペンキを落とすことができます。

 

①ペンキの付いた服の下に、使い古しのタオルなどを敷いてください。

 

 

②綿棒やコットンなどに除光液をたっぷりと含ませてから、汚れた部分をトントンと叩きます。

 

ペンキ汚れは下に敷いたタオルに移っていきます。

 

ベンジン

◆ベンジンとは

ガッツリと付いたペンキ汚れには、ベンジンを使うのが効果的です。

 

ベンジンは石油系の油であり、染み抜き剤や清掃溶剤としてよく使われています。

 

ホームセンターやドラッグストア、オフィス用品店などで購入できます。

 

 

◆注意点
注意
臭いがキツく引火性も高いので、取扱いには厳重に注意が必要です。

 

使用するときは換気を行い、暖房やガスコンロなどの火気は厳禁です。

 

肌が弱い方はゴム手袋を着用してから行いましょう。

 

◆落とし方

①ペンキの付いた服の下に、使い古しのタオルを敷きます。

 

 

②別のタオルにベンジンを染み込ませてから、汚れた部分をトントンと叩きます。

 

 

③ペンキ汚れが下のタオルに染み出たらタオルの場所を動かし、きれいな場所が汚れの下に来るようにします。

 

「叩いては下のタオルを動かす」ということを何度か繰り返すうちに汚れが落ちます。

 

ペイント薄め液

◆ペイント薄め液とは

ペイント薄め液は油性ペンキを薄めるために使う溶剤であり、ハケなどに付着したペンキ汚れを落とすときにも使われています。

 

ホームセンターなどの塗料コーナーで販売されています。

 

 

◆注意点

使用するときは、ゴム手袋やマスクなどで防備しましょう。

 

かなり臭いがキツいので、ベランダのような半屋外で行うのがいいでしょう。

 

また、服に付いた臭いは洗濯をしてもなかなか落ちません。

 

ペンキが落ちたとしてもガソリンのような臭いが残りやすいので、普段使いの服に使うのはオススメしません。

 

◆落とし方

①服の下に使い古しのタオルを敷き、別のタオルにペイント薄め液を少量含ませます。

 

 

②ペイント薄め液含ませたタオルで、汚れた部分をトントンと叩いて汚れを落とします。

 

 

③仕上げに洗面器などで水洗いをしてから、洗濯機に入れて洗ってください。

 

水洗いせずに洗濯機に入れると、洗濯槽の中にまで臭いが移るリスクがあります。

 


スポンサーリンク

 

木に付いたペンキ

 

溶かして落とす

市販のペンキ落とし剤やペイント薄め液を使って、ペンキを溶かして落とす方法です。

 

確かにペンキは落ちますが、木の中に溶剤が染み込んでしまうので、あまりオススメできません。

 

溶剤が染み込むと臭いが残る上に、引火性が高まってしまう心配もあるためです。

 

室内の家具や内装などの木に使うのは絶対にNGです。

 

 

削って落とす

◆削るのがお薦め

木に付いたペンキは削って落としてしまうのが一番です。

 

白木であれば多少削っても分かりにくいです。

 

塗装された木であっても、ペンキを削り落とした後にペイントペンなどで埋めてしまえば気になりません。

 

◆やり方

木を削るときはサンドペーパーか爪やすりを使えばOKです。

 

ペンキが付いた部分だけを小さく削るのがポイントです。

 

ペンキの上にサンドペーパーなどを当てて小刻みにこすると、ペンキ部分が剥がれ落ちてなくなります。

 

 

水性ペンキと油性ペンキ

水性ペンキ

水性ペンキは水をベースに作られています。

 

乾くまでは水に溶けますが、乾いた後は水に濡れても剥がれません。

 

臭いや人体への害が少なく素人でも扱いやすいので、DIYなどでよく使われています。

 

家具や内装など室内インテリアの塗装を行うときは、水性ペンキを使うことがほとんどです。

 

値段も安く、ホームセンターなどで購入できます。

 

油性ペンキ

油性ペンキは主にシンナーをベースに作られています。

 

雨などの水気に強く耐久性も高いため、外装の塗装によく使われています。

 

シンナー独特の臭いがキツいので室内で使われることは少なく、外壁や塀などの塗装に使うのが一般的です。

 

取扱いがやや難しいので、DIYに手慣れている方や専門業者に使用されるのがほとんどです。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク