【モバイルバッテリーの破棄】膨張した場合の処分方法やゴミとしての捨て方【充電器】



 

本記事では、モバイルバッテリーの様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとして捨てるとき

資源ゴミとして捨てる

モバイルバッテリーを、資源ゴミとして回収する地域があります。この場合は、乾電池や水銀含有製品として、資源ゴミの日に捨てることができます。乾電池や充電器、蛍光灯などの種類ごとに、回収箱が設置されているので、該当する箱に分類して捨てましょう。

 

自治体に確認してから

資源ゴミとして捨てることができるかどうかは、自治体によって異なります。自分の居住する地域については、自治体から配られる冊子やホームページ、町内会の掲示などを確認しましょう。

 

燃えるゴミとしては捨てない!

モバイルバッテリーを、燃えるゴミとして捨てるのは厳禁です。モバイルバッテリーは、ゴミとしての分類や、処分方法が分かりにくいです。だからといって、生ゴミなどと一緒にして、普通ゴミとして出してしまうのは、絶対にダメです!!小さなバッテリーなので、生ゴミの中にそっと潜ませたくなる気持ちは分かりますが、誤った捨て方は、人命に関わります。また、埋め立てゴミや、燃えないゴミとして捨てるのも、正しい捨て方ではありません。

 

燃えるゴミとして捨てるリスク

過去には、普通ゴミとして捨てられたモバイルバッテリーが、ゴミ回収車の中で発火してしまうトラブルがありました。また、ゴミ焼却炉の中で、モバイルバッテリーが爆発したために、焼却炉が壊れてしまったという報告もあります。モバイルバッテリーがもし、回収時や焼却時に、発火や爆発を起こしてしまうと、思いもよらない大きな事故に繋がるリスクがあります。そのため、私たちひとりひとりが、正しい分類を心がけることが大切です。

 

 

小型充電式電池リサイクルとして出すとき

JBRCでのリサイクル

モバイルバッテリーなどの小型充電式電池について、リサイクル活動を行っている団体があります。一般社団法人JBRCでは、会員企業に依頼をして、リチウムイオンなどを用いた小型充電式電池を回収する活動を行っています。

 

モバイルバッテリーを回収してもらうには、全国にいる会員企業のどこかへ、持ち込みをすることとなります。会員企業は、JBRCのホームページ内で、地域ごとに検索することができます。家電量販店や町の電気屋、ドラッグストアやホームセンターなど、多業種のお店が会員となり、リサイクル活動を行っています。

 

お近くの回収場所が知りたい場合は、「小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC」にアクセスしましょう。

 

 

で囲んだ部分をクリックします。

 

 

②「リサイクル協力店」検索をクリックします。

 

 

③都道府県市・区・郡 を選択すると、リサイクル回収の協力店が表示されます。

 

④あとはリサイクル回収協力店へ持っていき、回収してもらいましょう。

 

参考

小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC

 

家電量販店

家電量販店では、小型充電式電池のリサイクル用に、回収ボックスを設置していることが多いです。回収ボックスは、出入り口や家電売り場などの片隅に置かれています。ボックスの場所が分からないときは、お店のスタッフに尋ねてみましょう。

 

処分・活用方法

 

携帯ショップで引き取り

 

スマホのモバイルバッテリーは、販売店で引き取ってもらうことができます。たとえば、ドコモショップやauショップなど、スマホを購入したお店へ持って行くと、お店で処分してもらうことができます。スマホの買い換え時などのタイミングで、不要となったモバイルバッテリーを持参するのがスムーズです。