【モバイルバッテリーの破棄】膨張した場合の処分方法やゴミとしての捨て方【充電器】



 

本記事では、モバイルバッテリーの様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとして捨てるとき

資源ゴミとして捨てる

モバイルバッテリーを、資源ゴミとして回収する地域があります。この場合は、乾電池や水銀含有製品として、資源ゴミの日に捨てることができます。乾電池や充電器、蛍光灯などの種類ごとに、回収箱が設置されているので、該当する箱に分類して捨てましょう。

 

自治体に確認してから

資源ゴミとして捨てることができるかどうかは、自治体によって異なります。自分の居住する地域については、自治体から配られる冊子やホームページ、町内会の掲示などを確認しましょう。

 

燃えるゴミとしては捨てない!

モバイルバッテリーを、燃えるゴミとして捨てるのは厳禁です。モバイルバッテリーは、ゴミとしての分類や、処分方法が分かりにくいです。だからといって、生ゴミなどと一緒にして、普通ゴミとして出してしまうのは、絶対にダメです!!小さなバッテリーなので、生ゴミの中にそっと潜ませたくなる気持ちは分かりますが、誤った捨て方は、人命に関わります。また、埋め立てゴミや、燃えないゴミとして捨てるのも、正しい捨て方ではありません。

 

燃えるゴミとして捨てるリスク

過去には、普通ゴミとして捨てられたモバイルバッテリーが、ゴミ回収車の中で発火してしまうトラブルがありました。また、ゴミ焼却炉の中で、モバイルバッテリーが爆発したために、焼却炉が壊れてしまったという報告もあります。モバイルバッテリーがもし、回収時や焼却時に、発火や爆発を起こしてしまうと、思いもよらない大きな事故に繋がるリスクがあります。そのため、私たちひとりひとりが、正しい分類を心がけることが大切です。

 

 

小型充電式電池リサイクルとして出すとき

JBRCでのリサイクル

モバイルバッテリーなどの小型充電式電池について、リサイクル活動を行っている団体があります。一般社団法人JBRCでは、会員企業に依頼をして、リチウムイオンなどを用いた小型充電式電池を回収する活動を行っています。

 

モバイルバッテリーを回収してもらうには、全国にいる会員企業のどこかへ、持ち込みをすることとなります。会員企業は、JBRCのホームページ内で、地域ごとに検索することができます。家電量販店や町の電気屋、ドラッグストアやホームセンターなど、多業種のお店が会員となり、リサイクル活動を行っています。

 

お近くの回収場所が知りたい場合は、「小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC」にアクセスしましょう。

 

 

で囲んだ部分をクリックします。

 

 

②「リサイクル協力店」検索をクリックします。

 

 

③都道府県市・区・郡 を選択すると、リサイクル回収の協力店が表示されます。

 

④あとはリサイクル回収協力店へ持っていき、回収してもらいましょう。

 

参考

小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC

 

家電量販店

家電量販店では、小型充電式電池のリサイクル用に、回収ボックスを設置していることが多いです。回収ボックスは、出入り口や家電売り場などの片隅に置かれています。ボックスの場所が分からないときは、お店のスタッフに尋ねてみましょう。

 

処分・活用方法

 

携帯ショップで引き取り

 

スマホのモバイルバッテリーは、販売店で引き取ってもらうことができます。たとえば、ドコモショップやauショップなど、スマホを購入したお店へ持って行くと、お店で処分してもらうことができます。スマホの買い換え時などのタイミングで、不要となったモバイルバッテリーを持参するのがスムーズです。

 

自治体で回収

自治体によっては、モバイルバッテリーなどの充電式電池を回収していることがあります。この場合は、公民館や児童館、図書館などの自治体施設に、充電式電池の回収ボックスが設置されており、この中に捨てます。

 

リサイクルショップで買取り

未使用のモバイルバッテリーは、リサイクルショップで買い取ってもらうことができます。新品状態のまま、要らなくなったモバイルバッテリーがあるときには、ブックオフなどの、中古品買取りショップを探してみましょう。

 

メルカリ、ヤフオクで売買

日頃からネット取引を行っている人ならば、メルカリやヤフオクを使って、売買してみるのもいいでしょう。モバイルバッテリーのような機器類は、中古であっても、買い手が付きやすいです。

 

災害用としてストック

自宅に2台3台とモバイルバッテリーが余っているとき・・・、すぐに処分してしまうのは勿体ないです。このようなときは、ひとつを予備バッテリーとして、災害用非常袋に入れておきましょう。災害時などに、スマホを充電できるバッテリーがあることは、なんとも心強いものです。ただし、ピンチ時に活かすには、定期的に充電を行っておくことを忘れないようにしましょう。

 

海外旅行用としてストック

予備のモバイルバッテリーは、海外旅行用としてストックしておくのもお薦めです。モバイルバッテリーが便利なシーンのひとつとして、海外旅行があります。というのも、日本では全国津々浦々、電気がつながらない場所はほぼなく、コンビニで簡単にバッテリーが手に入ります。しかし、海外に行けば、電気はあっても、コンセントや電圧が合わずに、スマホなどへの充電ができないことがあります。もちろん、モバイルバッテリーが簡単に手に入らない国もあり、日本から携帯して行くのが安心です。

 

誰かにあげる

◆たくさん溜まってしまったとき

出張時など、出先で緊急に充電が切れてしまい、モバイルバッテリーを購入する・・・ということを繰り返してしまう人はいませんか。モバイルバッテリーがたくさん溜まってしまったときには、誰かにあげるなどして、大判振る舞いで処分してしまうのが賢明です。

 

◆友人や職場へ

とにかくモバイルバッテリーが溜まってしまって、目の前から無くしてしまいたいとき。誰かにあげると喜ばれます。友人にあげたり、職場などに寄付してしまえば、すぐに処分ができます。壊れていないバッテリーは、捨ててしまうよりも、誰かに再利用してもらうほうが、気持ちがいいものです。ただし、会社への寄付は、備品などの資産管理に引っかかるので、面倒な手続きが必要となることがあります。

 

◆両親や祖父母へ

誰かにあげたいけれど、自分の周りはほとんど、モバイルバッテリーを持っているから・・・という人へ。大事な人を忘れていませんか? それは、両親や祖父母です。意外にも、親世代や祖父母世代は、まだスマホなどへの知識が浅く、モバイル機器を揃えていないことが多いです。ましてや、モバイルバッテリーなんて、使い方も買い方も分からない!という人もいるはずです。たとえ、使い古しのモバイルバッテリーといえども、使い方からみっちりとレクチャーしてから渡せば、喜んでもらえること間違いなしです。

 

 

捨てるタイミング

 

充電ができなくなったとき

 

モバイルバッテリーを長く使っていると、徐々に、充電できる時間が短くなり、電気の持ちが悪くなったように感じてきます。さらに、充電するのに時間がかかったり、充電が全くできなくなってしまうこともあります。

 

買い換えるとき

スマホやタブレットなどのモバイル機器を、新しく買い換えるときには、内蔵しているモバイルバッテリーが不要となります。内蔵型の場合では、スマホなどの本体と一緒に、モバイルバッテリーを処分することが多いです。また、スマホなどの機種が変わることで、今まで使っていたモバイルバッテリーが合わなくなることが、まれにあります。

 

ずっと使っていないとき

引越しや大掃除のときに、ずっと使っていないモバイルバッテリーが見つかることがあります。ガラケーやノートパソコンなどに対応した、昔のモバイルバッテリーは、今となってはほぼ使い道はありません。また、スマホ用のモバイルバッテリーであっても、長く放置されていて古くなったものは、劣化が進んでいる可能性があり、使うのは危険です。

 

膨張してきたとき

モバイルバッテリーが膨張してきたら、買い換えのタイミングです。膨張は、モバイルバッテリーに使われているリチウムイオンの特性であり、中にガスが溜まってきた印です。ガスが溜まってきたからといって、すぐに危険が伴う訳ではありませんが、電池の劣化が進んでいる証拠とは言えます。

 

古くなったモバイルバッテリー

リスク

古くなったモバイルバッテリーには、発煙や発火が起きるリスクがあります。年季の入ったモバイルバッテリーを使っていたときに、徐々に熱を帯びて、異常な高温となったという体験はないでしょうか。劣化したモバイルバッテリーは、熱が溜まりやすく、ちょっとしたキッカケで発火や発煙に繋がる恐れがあります。

 

発火などのキッカケ

発火などが生じる、ちょっとしたキッカケとしては、落下などによる衝撃があります。モバイルバッテリーは、鞄に入れて持ち運ぶことが多く、鞄を乱暴に地面に置いたり、壁にぶつけたりすることで、衝撃が起きやすいです。

 

寿命

モバイルバッテリーは、永遠に充電できるものではありません。充電できる回数には限りがあり、寿命があります。充電回数の目安としては、だいたい500回程度。500回という充電回数は、モバイルバッテリーの扱い方や、充電のやり方などによって異なってはきます。ですが、500回か600回かを超えて使い、充電しにくくなってきたな~と感じてきたら、そろそろ寿命だということです。ただし、日本製のモバイルバッテリーは耐久性があり、千回以上も充電できるものがあります。

 

まとめ

 

◆モバイルバッテリーはゴミとして捨ててはいけない

 

◆乾電池式のモバイルバッテリーは、電池と分けて燃えないゴミとして捨てられる場合がある

 

◆処分方法

・リサイクル協力店を「小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC」で探し、持っていく

・まだ使えるモバイルバッテリーは、メルカリやヤフオクで売ることもできる

 

◆保管時の注意点

・直射日光や暖房による温度上昇に気を付ける

・衝撃を与えないに注意する