【モバイルバッテリーの捨て方】処分方法やゴミとしての廃棄方法を紹介!携帯充電器の回収も!


スポンサーリンク

 

スマートフォンやタブレット端末を持ち歩く際には、モバイルバッテリーが欠かせないですよね。

 

一方で、新しいものに買い替えたときや充電が上手くできなくなったときに、捨て方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

また、発火事故も起きているため、不要なモバイルバッテリーを手元に置いておくのは怖いという方もいますよね。

 

本記事では、モバイルバッテリーの処分方法処分するまで安全に保管する方法を紹介しています。

 

ゴミとして捨てられるのか

 

 

モバイルバッテリーをゴミとして捨てるのはやめましょう。

 

電池が内蔵されているモバイルバッテリーのほとんどには、リチウムイオン電池が使用されています。

 

リチウムイオン電池には揮発性・引火性のある液体が入っているため、衝撃を受けたり、高温になると発火する危険性があります。

 

ニュースで「モバイルバッテリーが発火・爆発した」というのを見聞きした方も多いかと思います。

 

重大な事件を引き起こさないためにも、決して「燃えるゴミや燃えないゴミとして出さない」ことを守りましょう。

 

乾電池式のモバイルバッテリーであれば、燃えないゴミに分類されること多いです。

 

ただし、地域によってゴミの分別ルールは異なるので、地域の「ゴミ関係の担当課」に問い合わせてみるのがよいでしょう。

 


スポンサーリンク

 

処分の仕方

回収ボックスへ

◆リサイクル

充電池式のモバイルバッテリーは、リチウムイオン電池ニッケル水素電池が使用されています。

 

これらの電池はリサイクルが可能なので、モバイルバッテリーはリサイクルの対象になります。

 

リチウムやニッケルはレアメタルであり、希少な資源になります。

 

可能な限りリサイクルに出すのが良いでしょう

モバイルバッテリーをゴミとして捨てるのは難しいケースが多いです。

 

ですので、モバイルバッテリーを回収してくれるところへ持っていくのが一番簡単です。

 

◆回収場所

モバイルバッテリーをリサイクルに出す場合に、どこに持っていけばいいのかよく分からないですよね。

 

実は、回収を行ってくれる場所は、電量販店、スーパー、ホームセンターなどたくさんあります。

 

お近くの回収場所が知りたい場合は、「小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC」にアクセスしましょう。

 

 

で囲んだ部分をクリックします。

 

 

②「リサイクル協力店」検索をクリックします。

 

 

③都道府県市・区・郡 を選択すると、リサイクル回収の協力店が表示されます。

 

④あとはリサイクル回収協力店へ持っていき、回収してもらいましょう。

 

参考

小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC

 

メルカリやヤフオクで売る

「新しいものに買い替えたので不要になった」「もらったけど必要ない」という方は、売るという選択肢もあります。

 

出品する際は、使用したおおよそ回数などを記載しましょう。

 

またモバイルバッテリーを送る場合は、「リチウム電池内臓」を明記する必要のあることが多いです。

 

受付の際に、リチウムイオン電池が入っていることを必ず伝えましょう。

 

衝撃を受けることもよくないので、しっかりとプチプチなどを使って梱包しましょう。

 

発火に注意して安全に保管する方法

 

 

モバイルバッテリーを捨てるまでの間も、発火しないように気を付けて保管しましょう。

 

高温にしない

モバイルバッテリーの周辺の温度が、直射日光や暖房器具の使用などによって高くなると、耐えられる温度を超えて発火するリスクがあります。

 

直射日光の当たらない、高温にならない場所に置いておきましょう。

 

衝撃を与えない

モバイルバッテリーに強い衝撃を与えると発火の危険があります。

 

これは、モバイルバッテリーに使われている、リチウムイオン電池の性質によるものです。

 

リチウムイオン電池は、強い衝撃を受けると中にたまっているエネルギーが反応し発熱します。

 

ですので、衝撃が原因で発火につながる危険があります。

 

発火させないためにも、落として衝撃を与えないように注意しましょう。

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆モバイルバッテリーはゴミとして捨ててはいけない

 

◆乾電池式のモバイルバッテリーは、電池と分けて燃えないゴミとして捨てられる場合がある

 

◆処分方法

・リサイクル協力店を「小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC」で探し、持っていく

・まだ使えるモバイルバッテリーは、メルカリやヤフオクで売ることもできる

 

◆保管時の注意点

・直射日光や暖房による温度上昇に気を付ける

・衝撃を与えないに注意する

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク