【櫛のお手入れ】くしの種類別お掃除方法を紹介!


スポンサーリンク

 

櫛やブラシは毎日身だしなみを整えるのに使いますよね。

 

一見きれいに見えても髪を梳かした時にフケほこりがついて汚れていることがあります。

 

定期的にお手入れをしないとキレイな髪の毛に汚れを付けることになってしまいます。

 

今回は櫛のお掃除・お手入れ方法をご紹介します。

 

櫛の洗い方

スポンサーリンク

 

櫛にも様々な種類があり、材質によって洗い方も異なります。

洗う時は必ず髪の毛などの大まかなゴミを取り除いてから行いましょう。

 

〇プラスチック

コンビニエンスストアなどでも簡単に買える一般的な櫛です。

 

プラスチックは濡らしても良いので汚れてきたら、入浴のついでにシャンプーで洗いましょう。

 

髪の毛をシャンプーで泡立てて、櫛で髪の毛を梳かすと髪を洗いながら櫛の汚れも取ることができます。

 

入浴の時に洗わない場合は、洗面器に水を溜めてシャンプーを溶かします。

櫛の先端を水の中に入れてザブザブとゆすいで泡立てましょう。

 

その後は半日ほど浸け置きしてください。

浸け置きが終わったらシャンプーをしっかり洗い流して乾いたタオルで水気を拭き取ってください。

月に一度は洗いましょう。

 

シャンプーは重曹でも代用できます。

重曹が皮脂を分解してくれます。

使用する時はお湯に少量溶かして使いましょう。

 

〇木製

木製の櫛は水で洗うと湿気が木の中まで染み込んで、カビが生えてしまったり、傷んでしまいます。

 

お手入れは、皮脂や手垢をティッシュガーゼで拭くようにします。

 

細かい隙間は、使わない歯ブラシを根元から先端にかけてなぞる様に優しく擦りましょう。

 

〇獣毛

動物の毛を使ったブラシは水洗いができません。

 

獣毛は水につけてしまうと、毛質が悪くなってしまいます。

こちらは歯ブラシブラシ用クリーナーで毛の根元から汚れを掻きだすようにしてお掃除します。

 

汚れが溜まってしまうと掃除が大変になるので毎日こまめにお掃除したほうが良いです。

 

上記のお掃除をしても汚れを全部取りきることはできません。

どうしても汚れが気になる場合は獣毛が傷むのを覚悟で水洗いをしましょう。

 

水洗いする時は合成界面活性剤を使っていない、低刺激の石鹸を使用しましょう。

アミノ酸系のものが良いです。

 

■手順

①石鹸を泡立て、ブラシクリーナーにつけて毛をとかします。

 

②とかし終わったら洗面器にぬるま湯をいれて、お湯の中でブラシを振ってゆすぎます。

 

③泡が完全に取れたらタオルで拭いて、陰干しをして乾かしましょう。

日光やドライヤーをあてて乾かすとひび割れてしまいます。

 

つげ櫛のお手入れ

スポンサーリンク

 

つげ櫛とはつげと言う木をつかった木製の櫛で、静電気を起こしにくく髪の毛に艶を与えてくれます。

 

ただし、つげ櫛は油を塗ったりと特別なお手入れが必要です。

とても高価な櫛なので丁寧にお手入れしましょう。

 

〇汚れを取る

つげ櫛もほかの木製の櫛と同じく水洗いはできません。

つげ櫛は油を染み込ませて使うため非常に水と相性が悪いです。

 

汚れを取る時は爪楊枝や綿棒で取り除きます。

柔らかいタオルやガーゼで拭いても良いです。

 

なるべくこまめに行うことをお勧めします。

 

〇油を染み込ませる

つげ櫛に椿油オリーブオイルを染み込ませることで、髪の毛に適度な艶を与えることができます。

 

また、油を使うことで綿棒などで取り切れない汚れを浮かせることができます。

これを怠ると櫛がカサついてしまうので月に一度は行いましょう。

 

①櫛が載るくらいのお皿につげ櫛を載せて、椿油かオリーブオイルをかけます。

櫛が少し浸かるくらいまでかけましょう。

 

②油で汚れが浮いてくるので歯ブラシで軽く擦って櫛の隙間にも油が染みるようにします。

汚れが酷い時は2、3時間そのまま置いておきます。

 

③時間が経ったら再び歯ブラシで櫛の隙間をなぞっていきます。

櫛の根元も歯ブラシで溜まった汚れを掻きだします。

 

④汚れが取れたら余分な脂をティッシュなどで拭き取り、一晩休ませてください。

 

休ませることでさらに油が櫛に染み込み光沢が出ます。

 

さいごに

 

櫛を清潔に保つことで髪の毛の静電気や切れ髪などのトラブルを防ぐことができます。

 

毎日使うものだからこそこまめにお手入れをしていきましょう。

 

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク