【保冷剤の捨て方】正しい捨て方と活用方法を紹介!


スポンサーリンク

保冷剤の正しい処分方法

ケーキなどの洋菓子を購入したときに、一時的な保存用として付いている保冷剤。

 

いつの間にか家の冷凍庫にたくさん溜まっていませんか?

 

不要で邪魔になるから、破れてしまったから

処分したいと思ったとき、保冷剤の中身のゲルのようなものの分別に悩みますよね。

 

保冷剤はそのまま「可燃ごみ」として処分できる地域がほとんどですが、地域によって分別方法が異なります。

ごくまれに「不燃ごみ」として扱う地域もありますので、正確な分別方法はお住いの地域の自治体で確認すると確実です。

 

保冷剤の中身の正体は?

スポンサーリンク

保冷剤の中身は、高吸収性ポリマーが1%水が99%、それに防腐剤が加えられたものでできています。

高吸収性ポリマーは「ポリアクリル酸ナトリウム」という有害物質です。

 

有害物質といっても安全性が高く、増粘剤などといって食品添加物としても使用されています。

 

扱う際の注意点

保冷剤の中身をもし手で触ってしまっても、しっかり手を洗えば問題ありません。

 

しかし、誤飲した場合にはすぐに吐き出して病院で診てもらいましょう。

 

水が99%含まれているからといって、決してお家の排水溝やトイレなどには流さないで下さい。

高吸収性ポリマーは、自身の何倍もの量の水分を吸収するため、下水が詰まる原因となってしまいます。

 

しかし、ひとつだけ水で流せる方法があります。

解凍した保冷剤の中身に、塩を混ぜるとサラサラの液体になるので、この状態ですと排水溝などに流しても問題ありません。

 

保冷剤を捨てる前に

スポンサーリンク

不要になった保冷剤を処分することは簡単ですが、その前に違う方法で活用してみませんか?

高吸水性ポリマーの特徴を活かして、さまざまな場面で使うことができます。

 

■芳香剤

解凍した保冷剤の中身を、ビンなどの容器に入れます。

そこにお好きな香料を数滴たらします。

 

色を付ける場合は、絵の具などを入れて混ぜると良いでしょう。

フタに穴を空けるか、容器にガーゼなどをかぶせてヒモで結ぶなどして完成です。

 

■キャンドルスタンド

器に解凍した保冷剤の中身を入れ、そこにロウソクを立てて使います。

 

垂れたロウを吸収してくれるので、器にロウがくっつくことがなく、片付けも簡単にすみますね。

 

■園芸用オアシス

スポンジのオアシスほどお花を固定する力はありませんが

これなら水分も含んでいますし、見えていてもキラキラとして見栄えが良いですよね。

 

時間が経つと水分が減ってしまいますので、様子を見ながら水を足してあげるとよいです。

 

■水やりの代わりに

植木鉢などの土の表面にまいておくと、保水剤になります。

 

水分が徐々に土に溶け出していきますので、長期間水をあげることができない場合に便利です。

 

■水回りのお掃除に

洗面台やお風呂の鏡にできるウロコ汚れ。

これは水垢が原因です。

シンク周りにもできてしまいますよね。

 

そんなときは、解凍した保冷剤の中身を乾いた布に付けて磨いてみてください。

磨いた後は別の布でしっかりと乾拭きをします。

 

この時、中身が排水溝に流れないように気を付けてくださいね。

適度な水分があり、汚れを絡め取る働きをしてくれるので、スッキリきれいになりますよ。

 

さいごに

保冷剤はお買い物や、レジャーなどにも活躍しますが、保冷以外の用途でも活躍の場は多くあります。

冷凍庫から出して処分する前に、ぜひ違う方法で便利に使ってみましょう。

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク