【ハーモニカのお手入れ】簡単なお手入れ方法を紹介!

スポンサーリンク

ハーモニカは楽器本体に直接口をつけて演奏するものです。

そのためハーモニカに唾液がつき、雑菌が付着してしまいます。

 

なんの手入れもせず、そのままの状態で演奏を繰り返すと

たくさんの雑菌を口の中へ入れているのと同じことになります。

 

結果として、口内炎などの炎症を起こしたりします。

 

どんな楽器でもそうですが、メンテナンスをせずにそのままにしておくと楽器本体にも良くありません。

 

そこで今回は、ハーモニカのお手入れ、掃除方法をご紹介します。

 

ハーモニカを吹く前に

スポンサーリンク

 

ハーモニカを吹く前は、水以外の飲食は控えるようにしましょう。

演奏前に飲食をするとハーモニカ本体に食べかすが残ったりするためです。

そうなると当然楽器本体にも悪影響を及ぼしますし、衛生的にも良くありません。

 

できれば事前に歯磨きをしたり、うがいをしたりするなどして

口の中を清潔にしてから演奏するようにしましょう。

 

吹き終わったら

 

吹き終わったらハーモニカの吹き口を下に向け、2、3回強く振って

ハーモニカについた水気を取り除きましょう。

 

この時に本体を叩いたりする人もいますが

本体に衝撃を加えることは良くありませんのでやめましょう。

 

そして乾いた布で全体を拭きあげます。

 

こうすることでハーモニカ本体が長持ちすると同時に、雑菌予防になり衛生的です。

 

■本体についた汚れを取る場合

布を水で濡らし、堅く絞った後に汚れを拭きます。

 

そのあと、乾いた布でもう一度丁寧に拭き上げましょう。

 

もし、口元などのこびりついた汚れで、水拭きだけでは衛生面が気になる場合は、消毒用アルコールの使用が効果的です。

 

■こびりついた汚れを取る場合

奥のリードに絶対に触れないように注意し、ハーモニカの吹き口を下に向け、綿棒などで取り除きます。

 

この際、吹き口を下に向けることを忘れないでください。

もし上向きにした場合、取り除いたカスなどがリードに入ってしまう恐れがあるためです。

 

ハーモニカの保管方法

スポンサーリンク

 

ハーモニカを吹き終わり、お手入れも終わったら、必ず付属のケースに収納しましょう。

 

基本的にはこれで問題ありませんが、付属のケースに収納するだけでは湿気を完全に防ぐことはできません。

ですので湿気を防ぐために、乾燥剤を入れて置くと尚良いです。

 

注意点

 

ハーモニカは絶対に水で洗わないでください。

 

汚れを取るためには効果的に見えますが、ハーモニカは繊細で湿気が大敵です。

 

特に木製品を水で洗うことはもってのほかです。

絶対にやめましょう。

 

またリードには絶対に触れないでください。

音が狂う恐れがあります。

 

吹き終わった後、本体を叩ではいけない理由も、このリードに衝撃を与えてはいけないからです。

 

上記の点に十分注意して、衛生的に長く使えるよう、しっかりとお手入れをするように心がけましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク