【金魚の水槽のお掃除】お手入れ方法を紹介!


スポンサーリンク

水槽からのサイン

 

水槽は、エサの食べ残しや、金魚の排泄物などで日々少しずつ汚れて、水質が悪化しています。

 

定期的な掃除が基本ですが、次のような症状が現れた場合は、掃除要請のサインです。

 

■金魚が鼻あげをする

エサのとき以外にも金魚が水面に集まっているようなことがあれば、それは金魚が苦しがっています。

 

水質が悪化すると水中に酸素が溶け込みにくくなるため、金魚の呼吸が難しくなります。

 

■気泡が消えにくい

水質が悪化して水中に空気が溶けにくくなると、フィルターやエアーレション(エアーポンプ)などから出る気泡が消えにくくなります。

 

金魚の鼻あげが現れる前に、気泡を見て判断するようにしましょう。

 

■水の色の変化

きれいな水は無色透明です。

 

これが水質悪化すると白く濁っていきます。

水が茶色に変色する場合は、ろ過装置のバクテリアが減少して浄化能力が低下していると考えられます。

 

フィルターを替えたり、目詰まりを解消したりしましょう。

 

月に1回は水替えを

スポンサーリンク

 

頻繁に水槽のすべてをきれいにする必要はありませんが、月に1回は水替えを行うようにしましょう。

 

■水替えの方法

まず、水槽のガラス面についたコケをそぎ落とします。

 

次に水槽の水の三分の一を流し捨てます。水を吸う専用のホースがあると便利です。

 

そして、カルキを抜いた新しい水を入れて完了です。

 

一度に半分以上の水を入れ替えると、金魚に大きなストレスを与えることになり危険です。

水替えは多くて半分にしましょう。

 

数か月に1回は掃除

 

掃除には、砂利を洗う器具を洗う水を替えるという3つの作業があります。

 

しかしこの3つの作業は、決して一度に行わないようにしましょう。

別々の月に分けて行うことが重要です。

 

そうすることで、ろ過装置のバクテリアの減少を防ぎ、金魚のストレスも少なくてすみます。

 

■砂利(底床)を洗う

水槽の水を一旦他の容器に移し、器具も移動してから稼働させます。

 

水槽に残った砂利を洗い、終わったら容器に移したものを全て水槽に戻して完了です。

 

■器具を洗う

水槽から器具だけを取り出して洗います。

 

ろ過装置は水で簡単に流すだけにしましょう。

念入りにきれいにし過ぎてしまうと、バクテリアが減ってしまい、浄化機能が弱まります。

 

そのほかの器具はきれいに洗いましょう。

 

■水を替える

月に1回を目安に行うことにより、水に有害な物質が溜まるのを防ぐことができます。

 

新しく入れる水は、カルキを抜くのはもちろんですが、水槽の水と同じくらいの温度にしてから入れると、金魚へのストレスを抑えることができます。

 

そのほかのお手入れ

スポンサーリンク

 

水槽の大きさにもよりますが、掃除をするとなると大がかりな作業になりますよね。

 

大がかりな作業をするとなると腰が重いですが、簡単なお手入れだとこまめにできると思います。

 

■底に沈んだフンを取る

園芸用のスポイトや、新しい灯油ポンプなどを使って、沈んだフンをこまめに吸い取ってあげましょう。

 

スポイトの先を切って大きくすると使いやすくなりますよ。

 

■網ですくう

水中に漂うフンや、水草の枯葉などを見つけたら、網で取り除いてあげましょう。

 

基本的に金魚の水槽には網を使っても大丈夫ですが、金魚によっては網を怖がる子もいるので、様子を見ながら行ってください。

 

住むのも見るのもきれいに

 

水中でヒラヒラと華麗に泳ぐ金魚の姿は可愛げもあり美しいですよね。

 

水槽がきれいでだと金魚も過ごしやすく、その美しい姿を見せてくれます。

定期的なお手入れで水槽をきれいに保って、金魚とともに楽しい時間を過ごしましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク