【白い靴の洗濯】白スニーカーの洗い方や黄ばみの落とし方



 

シンプルで清潔感があるけど、汚れの目立つ白スニーカー。

使っている間に、買った当初の姿はどこへやら…

 

パキッと真っ白に戻したいですよね!

今回はそんな白スニーカーの洗濯方法をご紹介します。

 

基本的な洗い方

スポンサーリンク

 

【注意】

スニーカーの素材が

  • コーデュロイ
  • エナメル

どの場合に水洗いはできません。

それぞれ専用のクリーナーで汚れを落としましょう。

 

■用意するもの

  • 靴用ブラシ
  • ぬるま湯
  • 中性洗剤
  • 洗剤液を作る容器
  • 古歯ブラシ

 

■手順

①まずは、さっとブラシで全体の汚れを払います。

落ちきらない場合は軽く塗らした古タオルなどで拭きましょう。

 

【靴の泥の落とし方】スニーカーの泥汚れを落とす方法

 

②紐がついている場合、外します。

 

【靴ひものお洗濯】靴紐の汚れの落とす洗い方を紹介

 

③ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、古歯ブラシにつけて磨きます。

外した紐は容器に入れてつけ置きしましょう。

 

④キレイな水でしっかりすすぎます。

 

⑤風通しのいい日陰で乾かし、紐を通して完成です。

 

【濡れた靴の乾かし方】スニーカーや革靴を洗濯機で脱水!

 

それでも落ちない汚れには

  • 重曹水につけ置き
  • 固形石鹸でゴシゴシ擦る

という裏技もあります。

 

中性洗剤は比較的洗浄力が弱いので、アルカリ性の洗剤を使った方が汚れはよく落ちます。

しかし、アルカリ性の洗剤は黄ばみの原因となることがあります。

 

キレイに洗った後に乾いたら黄ばみが…

スポンサーリンク

 

洗剤や重曹に含まれているアルカリ性物質

これが白スニーカーの生地に残っていると紫外線に反応して変色します。

 

「綺麗に洗ったはずなのに黄ばんでしまった…」とお悩みのアナタ!

原因は洗剤のすすぎ残しにあったのです。

 

「もっとちゃんとすすいでいれば…」とがっかりする必要はありません。

アルカリ性物質を酸性物質で中和させることによって、白さを取り戻すことができます!