【ワキガの洗濯】洗剤や重曹、セスキなどで洗濯物を綺麗に!うつる心配はある?


スポンサーリンク

 

ワキガの方の洗濯にお困りではないですか?

 

「洗濯物を通してワキガがうつる?」「黄ばみ・臭いが洗濯しても落ちない…」など、わからないことが多いですよね。

 

本記事では、洗濯によってうつることはあるのか臭いや黄ばみを落とす洗濯方法をご紹介します。

 

ワキガと洗濯

洗濯物でうつることはある?

「ワキガは洗濯でうつらない」という情報があります。

 

しかし、それは体質や洗濯中のことであり、洗濯物に臭いがうつることは十分にあります。

 

例えば、ワキガの方の衣類の上に他の方の衣類を置いたり、同じ洗濯カゴに入れて時間が経ってしまうと、ワキガの強い臭いが密着して他の衣類にうつってしまいます。

 

嫌な匂いがとれないのはなぜ?

ワキガの方の特徴として、「服が黄ばむ」というものがあります。

 

「洗濯しても落ちない」という経験のある方もいるかと思います。

 

「臭いが取れないこと」と「服が黄ばんでいること」は関係しており、黄ばみはワキガ菌、ニオイ菌以外に、皮脂やたんぱく質などの臭い成分が含まれて酸化することで着色しています。

 

衣類についた黄ばみは、リボフスチンなどの色素成分だけでなく、皮脂やたんぱく質などの臭い成分に含まれて、着色しているからです。

 

ですから、黄ばみをよく落とすということは、皮脂やたんぱく質などの臭い分子を洗い流すことでもあるのです。

引用:五味クリニック 衣類についた体臭が洗濯してもおちません

 

この黄ばみを落とすことが臭いも落とすことに繋がるのですが、洗濯しても落ちないのはこれらのニオイ菌などが皮脂などに囲われているからです。

 

皮脂は水と馴染まず、洗濯しても黄ばみが取れないので、臭いも同時に取れないのです。

 

また、脇は肌と擦れやすいため、擦れるたびに汚れが繊維の深くに浸透し、衣類にしみ込んで汚れが取れにくくなります。

 


スポンサーリンク

 

洗濯方法

お湯

洗濯する温度は非常に大切で、40~50℃がイチバン洗浄力が高くなります。

 

40℃を下回ると洗浄力が弱くなってしまい、水温が高すぎると皮脂などのタンパク質を熱凝固してしまいます。

 

そのため、洗濯時やつけ置きする際は、水の代わりに50℃程のお湯を使用するのがよいでしょう。

 

ワキガ専用洗剤

 

今回紹介する洗濯方法の中で一番簡単な洗濯方法です。

 

ワキガのために作られた洗剤ということで、実際に効果を実感している方が多くいらっしゃいます。

 

使い方は非常に単純で、ワキガの匂いが気になるポイントに、しっとり濡れる程度(10cm程離して約3~5回)吹き付けて5分ほど待ち、匂いが変わったら15分以内に洗濯するだけです。

 

他の衣類と同時に洗っても問題ないので、お洗濯前の前処理を行うだけの簡単な作業となります。

 

重曹

様々な場面で消臭剤、消色剤として使われる重曹はアルカリ性です。

 

そのため、ワキガ菌と一緒に存在している酸性の酢酸や、イソ吉草酸というニオイ菌と中和します。

 

ただし、ワキガの原因は全てが酸性ではなく、アルカリ性のニオイ菌も存在します。

 

ですので、重曹で処理したら、その後にミョウバンなどによるの酸性処理を行いましょう。

 

重曹は様々な方法で使用することができますが、ここでは以下の3つでの使い方をご紹介します。

 

◆スプレー

スーツやコートなど、洗濯機を使えない衣類には重曹スプレーがオススメです。

 

◇用意するもの

・重曹

・水

・スプレー容器

 

◇手順

①スプレー容器に水100mlと重曹小さじ一杯を入れ、よく振り混ぜます。

 

 

②①を衣類と10cm程離した所から、ワキガの気になる部分に染み込むまで吹きかけます。

 

目安として3~5回吹きかけます。

 

 

③ミョウバンスプレーや酸素系漂白剤で洗濯し、天日干しするか風通しの良い場所で自然乾燥させます。

 

◆パック

使用するのは、先ほど紹介した重曹スプレーと同じ重曹水に加えて、コットンまたはガーゼなどです。

 

使い方は簡単で、コットンやガーゼを重曹水に浸し気になる部分に10分程当てるだけです。

 

衣類を床に置いておくなら、コットンの上に軽く重しを乗せましょう。

 

ハンガーにかかっている衣類に使うなら、洗濯ばさみで落ちないようにしてください。

 

◆つけ置き

洗面器などの容器に水500mlと大さじ1杯の重曹を入れ、よく混ぜた後、その重曹水に衣類を一晩つけ置きします。

 

その後、ミョウバンか酸素系漂白剤を使い洗濯します。

 

ミョウバンの場合と酸素系漂白剤の場合で方法が違うので、それぞれをご確認ください。

 

ミョウバン

 

ミョウバンは水に溶けると酸性を示すため、アルカリ性のニオイ菌と中和します。

 

また、ミョウバン水は殺菌効果を持ち、雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。

 

重曹と真逆の作用があるため、重曹で処置した後にミョウバンを使った処置をすると効果を発揮します。

 

◆スプレー

◇用意するもの

・ミョウバン

・ペットボトル

・スプレーボトル

 

◇手順

①水道水1.5Lとミョウバン50gをペットボトルに入れ、ミョウバンが溶けるまで置いておきます。

 

スプレーもつけ置きもこのミョウバン水原液を使います。

 

 

②①のミョウバン水原液をスプレーボトルに入れ、10cm程離した所から、ワキガの気になる部分に染み込むまで吹きかけます。

 

目安として3~5回吹きかけましょう。

 

 

③天日干または風通しの良い場所で自然乾燥させます。

【陰干し・天日干しとは?】それぞれの効果とやり方を紹介

 

◆つけ置き

上記のミョウバン水原液を洗面器などに入れ、黄ばみや臭いの気になる衣類を一晩つけておき、その後洗濯を行います。

 

洗濯の際は、他の衣類と一緒に洗っても大丈夫です。

 

セスキソーダ

 

セスキソーダは重曹と同じアルカリ性です。

 

そのため、酸性のニオイ菌と中和したり、皮脂やたんぱく質の汚れを落とす作用が期待できます。

 

使用方法は、以下のどちらかになります。

 

・洗濯機に、洗剤と一緒に大さじ1、2杯入れる

・ぬるま湯(40~50℃)1Lにセスキソーダ小さじ2杯を入れて混ぜ、そこへ衣類を一晩つける

 

漂白剤

◆塩素系漂白剤

洗濯機に入れる前に、洗面器などつけ置きします。

 

塩素系漂白剤は、酸素系漂白剤よりも強力な漂白力と除菌消臭効果があります。

 

しかし、手袋を着用する手間があったり、色落ちしてしまうため白い衣類にしか使えないという問題点があります。

 

また、ワキガの原因菌はアルカリ性と酸性の両方が存在するので、それぞれで一回ずつつけ置きする必要があります。

 

ただし、塩素系漂白剤は、酸性の洗剤と混ざることで有毒ガスが発生してしまいます。

 

ですので、酸性の液体に浸ける前に、しっかりと漂白剤を落とす必要があります。

 

これらのことから、塩素系漂白剤は使わないのがよいでしょう。

 

◆酸素系漂白剤

 

漂白剤でつけ置きをする際に、塩素系よりもよいのが酸素系漂白剤です。

 

酸素系漂白剤は、粉末は弱アルカリ性液体は酸性と分けられています。

 

そのため、家に重曹がある方は酸性の液体漂白剤を使い、ミョウバンがある人はアルカリ性の粉末漂白剤を使うとよいです。

 

◇使用方法

①洗面器などにお湯(40℃~50℃)1L、漂白剤を小さじ2杯入れて混ぜます。

 

 

②①へ衣類を1日つけ、その後に洗濯機で洗濯します。

 

洗濯する際は、他の衣類と一緒に洗って大丈夫です。

 

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆ワキガの方とそうでない方の洗濯物を一緒にしておくことで、臭いの移る可能性がある

 

◆ワキガ専用の洗剤で前処理してから選択するのが一番楽

 

◆黄ばみや臭いを落とすには、酸性とアルカリ性それぞれを活かすこと必要がある

 

◇酸性

・ミョウバン

・(液体)酸素系漂白剤

 

◇アルカリ性

・重曹

・セスキソーダ

・(粉末)酸素系漂白剤

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク