【ベロア生地の洗濯方法】洗濯機で洗っても失敗しないコツ!


スポンサーリンク

ベロア生地の特徴

 

 

ベロア生地は、織物の生地を起毛させて毛羽立ちを強くしたものです。

 

柔らかな手触りや、ふっくらとした風合い、光の当たり方によって色合いが変わる独特の光沢が特徴です。

 

原料には毛や絹、レーヨン、アセテート、コットンなどが使われることが多いです。

 

洗濯をするときには、ベロアの特徴である毛羽に気を付けることが大切です。

また、洗濯後や着用後のお手入れも行うことで、質感や風合いを長持ちさせることができます。

 

秋冬のファッションに欠かせないベロアの質感は、とても重要です。

お洗濯で失敗しないように、ポイントを押さえて洗いましょう。

 

失敗しない洗濯方法

 

 

洗濯機で洗う方法

■洗濯時の摩擦を軽減

ベロア生地の衣類を洗濯機で洗う場合には、衣類の摩擦に気を付けましょう。

 

ファスナーやボタンが付いているものは全て閉じておきます。

 

洗濯での摩擦を受けてベロア素材の風合いを変化させないためには、裏返すこと、目の細かい洗濯ネットに入れることがポイントです

 

■洗濯モード

手洗いモード」か「ドライモード」といった、水流が弱く、衣類に優しい洗濯モードを選択しましょう。

 

■中性洗剤

洗剤は生地に優しい、おしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。

 

■短時間で脱水

脱水をしすぎてしまうと、毛羽が寝てしまったり、シワになったりします。

 

洗濯後の脱水時間は1~3分以内にして、脱水後はすぐに干すようにしましょう。

 

ベロア生地をタンブラー乾燥にかけると、毛羽や風合いが損なわれてしまうので控えましょう。

 

手洗い方法

洗濯機を使用するのは不安という方には、手洗いをオススメします。

 

仕上げに柔軟剤を使うと、風合い良く仕上がります。

 

①ぬるま湯(40℃程度)を、洗濯する衣類の入る大きさの容器に入れます。

 

②おしゃれ着用の中性洗剤を規定の量入れて溶かします。

 

③洗濯物を洗濯水に入れ、ゆっくり何度も浮き沈みさせ、優しく押すようにして洗います。

 

④何回か水を替えて、しっかりとすすぎます。

 

⑤洗濯ネットに入れ洗濯機で脱水を行うか、バスタオルに挟んでタオルドライをします。

 

干し方

脱水が終わったら、すぐに取り出して風通しの良い日陰に干します。

 

ジャケットなどは、型崩れを防ぐために、厚めのハンガーにかけます。

 

ズボンやスカートは、着用中の形状になるように、筒状にして干します。

 

毛羽が倒れてしまうのを防ぐために、ハンガーなどで吊るす場合は他の衣類に当たらないよう気を付けましょう。

 


スポンサーリンク

 

お手入れ方法

 

 

洗濯後

洗濯の摩擦などによってベロアの毛羽が倒れてしまったり、毛並みが悪くなってしまったりした場合は、スチームアイロンをかけて風合いを戻すことができます。

 

表から1cmほど浮かせてスチームを当てるか、裏側からアイロンを当てましょう。

 

雨などで濡れた場合

雨などの水分がベロア生地につくと、その部分だけ起毛していた繊維が寝てしまい、シミのようになってしまいます。

 

水で濡れた場合は、すぐに乾いた布で軽く叩くようにして水分を吸い取るようにしましょう。

 

他の衣類に繊維が着いた場合

ベロア生地を着用中に、摩擦で毛羽が抜けてしまうことがあります。

 

それが他の衣類についた場合は、衣類用のほこり取りブラシを使って取り除きましょう。

 


スポンサーリンク

 

さいごに

 

 

ベロア生地の風合いや質感を活かすためには、適切な洗濯方法とこまめなお手入れが必要不可欠です。

 

洗濯表示や、取扱い表示をしっかりと確認してからお手入れをしていきましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク