【Tシャツの洗濯・手洗い】しわやよれよれを防止する洗い方


スポンサーリンク

 

 

意外とお手入れが難しい のがTシャツです。

 

洗濯しているうちに色が薄れてしまったり、シワシワになってしまったり、ヨレヨレになってしまうことって良くありますよね。

 

今回はそんなTシャツを長持ちさせるための正しい洗濯方法をご紹介します。

 

まずはタグをチェック

 

洗濯をする前に、まずはタグについている洗濯表示マークをチェックしましょう。

 

中には、手洗いを推奨しているものもあります。

そんな服を他の服と一緒に洗濯機で回してしまうと、早く痛む原因となってしまいます。

 

また、綿やポリエステル以外の素材、レースやビーズなどの装飾品がついた物はなるべく手洗いするようにしましょう。

 

洗濯機で洗う場合

 

洗濯機で洗う場合にはいくつかのコツがあります。

 

プリント T シャツは裏返す

刺繍やプリントが施された物は裏返して洗濯しましょう。

プリント面の摩擦が軽減されて、色が薄れることを防ぎます。

 

一枚ずつ洗濯用ネットに入れる

ネットに入れる事によって服の伸びを防止できます。

 

1つのネットにたくさん入れるのではなく

服の大きさにあったネットに一枚ずつ洗濯物をいれて洗いましょう。

 

おしゃれ着用の洗剤を使う

普通の洗剤に比べて、ダメージを防ぎながら洗いあげることができるため、型崩れ(ヨレ、縮み)や色あせも防止してくれます。

 

エマール おしゃれ着用 洗濯洗剤

 

洗濯機の手洗いコースで洗う

普通の洗濯コースよりも、手洗い(ドライ)コースを使う方が時間はかかります。

しかし、洗濯物にかかる摩擦が少なく優しく洗いあげることができます。

 

脱水時間を短めに設定する

脱水時間を短くする事で、シワになりにくく型崩れも防止できます。

 

以上の5点に気をつけて洗濯機を回しましょう。

 


スポンサーリンク

手洗いする場合

 

T シャツを手洗いをする際のポイントは押し洗いすることです。

 

①洗面器や洗濯桶にぬるま湯を張る

 

おしゃれ着用の洗剤を入れ溶かし、その中に洗濯物をつける

 

③ぬるま湯に洗濯物をつけた状態で上から押すように洗う

手のひらで優しく、あまり力をいれずに押してあげるのがコツです。

 

④何度か繰り返したら、今度は綺麗な水で押し洗いを繰り返し、すすぎの作業を行う

脱水は軽く絞ってから、丁寧に綺麗なタオルで挟んで水分を吸い取りましょう。

 

洗濯機を使用する場合は、脱水時間を短めにするのがおすすめです。

 

洗濯物の干し方

 

干す際にもちょっとしたコツで傷みにくくする方法があります。

 

洗濯が終わったらすぐに干す

放っておくとしわの原因になります。

干す前には必ずたたいて丁寧にシワを伸ばしてください。

 

たたんでから干す

シャツを干す際の最も重要なポイントT シャツの襟をハンガーに通して干さないことです。

襟をハンガーに通す干し方では、重みで襟元が伸びてしまいます。

 

なのでシャツを縦半分に折り畳んでからハンガーにかける方法が型崩れしにくくおすすめです。

襟がよれよれになるのも防止できます。

 

もしくはたたんで直接竿に干しましょう。

 

平干しできるスペースがある場合は平干しが最も最適です。

 

また、できるだけ色落ちする事を防ぐためには、日光が当たる場所で干すのを避けて陰干しにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

さいごに

 

以上が型崩れや色あせ、しわ、よれよれを防ぐ上手な洗濯の方法です。

 

普段のお洗濯より少し手前はかかりますが

丁寧に心を込めて洗ってあげる事によってTシャツのもちがぐ~んとアップします。

是非試してみてください。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク